フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 昨日は | トップページ | 老媼茶話巻之三 會津諏訪の朱の盤 »

2017/10/09

老媼茶話巻之三 舌長姥

 

     舌長姥(したながうば)

 

[やぶちゃん注:文章に不備があるので最初に言っておくと、冒頭に出る「越後より武藏登りける旅人」というのは、仲間か、ただ途中で道連れになった者かは判らぬが(展開から見て後者で採った方が自然である)、二人連れであるので注意されたい。]

 

 越後より武藏登りける旅人、蘆野原(あしのはら)海道に懸り、諏訪千本(すはせんぼん)の松原に日暮(ひぐれ)て、道に迷ひ、はるかに火の影を見て、漸(やうやう)、たどり着(つき)たるに、壱つのあばらや、軒、かたぶき、壁、崩(くずれ)たるに、七十斗(ばかり)の姥(うば)、いろりのはたに、苧(そ)を、うみ居(ゐ)たり。

 戸をたゝき、

「是は、越後より江戸へ趣く者なるが、不知案内(ふちあんない)にて道を失ひ候。夜明まで、宿を、かし給へ。」

といふ。

 姥、立(たち)て、戸をひらき、

「爰(ここ)は、人(ひと)宿(やど)する處にはなけれども、道に迷ひ玉ふといへば、宿かし候半(さふらはん)。」

とて、内へ入

 時、秋にして、落葉、れうれうとして淋敷(さびしき)に、落葉を焚(たき)て茶を煎(いれ)、旅人を、もてなす。

 壱人の男、旅草臥(たびくたぶれ)にや、正體もなく眠(ねぶ)

 壱人は、寢もやらず、はしらにもたれ居たるに、かの姥、折節、目を大きにひらき、口をあき、五尺斗(ばかり)の舌を出(いだ)し、首を、のべ、かの、ねぶれるたび人のあたまを、ねぶる。

 殘りの男、是を見て、氣味惡敷(あしく)、咳ばらひすれば、さりげなきふりにて、苧を、うむ。

 時に、窓より、内をのぞく者ありて曰(いはく)、

「舌長姥、舌長姥、何とて、はかを、やらぬぞ。」

と云。

 姥、

「誰(た)そ。」

といへば、

「諏訪の朱(しゆ)の盤坊(ばんばう)也。手傳ふべきか。」

と云(いひ)て、戸を破り、内へ入

 旅人、是を見るに、面(おもて)の長き事、六尺斗(ばかり)、色、赤くして、朱のごとし。

 旅人、刀を拔(ぬき)て、

「礑(はた)。」

と打(うつ)。

 切れて、坊主は失(うせ)たり。

 姥は、ねむれる男を引(ひつ)さげて、表出ると思へば、今迄、ありし庵(いほり)も跡なく消(きえ)て、荒々(かうかう)たる野原と成(なる)。

 旅人は、せん方なく、大木の根に腰を懸(かけ)、夜を明(あか)し、日、出(いで)て、そこらを見𢌞るに、はるか遠き草村に、先の旅人は、あたまより惣身(さうしん)の肉、皆、ねぶり喰(くは)れ、骸骨ばかり、殘りたり。

 夫(それ)より、旅人は壱人、白川の城下へたどり行(ゆき)、かく語りける、といへり。

 延寶五年卯月下旬出來せし板行本「諸國百物語」といふ五册ものに、あり。

 

[やぶちゃん注:この記載には、三坂の勘違いがある。私は既に三坂が最後に述べている「諸國百物語」(第四代将軍徳川家綱の治世の延宝五(一六七七)年四月に刊行された、全五巻で各巻二十話からなる、正味百話構成の真正の「百物語」怪談集。この後の「百物語」を名打った現存する怪談集には実は正味百話から成るものは皆無であるから、これはまさに怪談百物語本の嚆矢にして唯一のオーソドックスな正味百物語怪談集と言える。但し、著者・編者ともに不詳で、その「序」によれば、信州諏訪の浪人武田信行(たけだのぶゆき)なる人物が、旅の若侍らと興行した百物語を板行したとするが、仮託と考えてよい)の全電子化注を終えている(独立したブログ・カテゴリ「諸國百物語 附やぶちゃん注」)が、それにはこの話は載らないからである(載るのは、次の「會津諏訪の朱の盤」で、「諸國百物語卷之一 十九 會津須波の宮首番と云ふばけ物の事」がそれである)。

「舌長姥」本文に出る通りの、異様に長い舌を持つ人を喰らう鬼婆に酷似した妖怪。泉鏡花の「天守物語」にも、朱の盤とともに重要なバイ・プレーヤーとして登場し(明らかに本篇を元にしてキャラクタリングされたものと思われる)、そこでは前話の猪苗代の亀姫の侍女然として、ここに出る妖怪朱の盤とともに姫路城の天守夫人富姫(=長壁姫)を訪問する亀姫の従者として『古びて黃ばめる練衣(ねりぎぬ)、褪せたる紅(あか)の袴』(ト書き)という衣装で登場し、朱の盤が手土産に持参した男の生首から血が零れ出たのを富姫に進上する際、『こぼれた羹(あつもの)は、埃溜(はきだめ)の汁でござるわの、お鹽梅(あんばい)には寄りませぬ。汚穢(むさ)や、見た目に、汚穢や。どれどれ掃除して參らせうぞ。(紅の袴にて膝行(いざ)り出で、桶を皺手(しわで)に犇(ひし)と壓へ、白髮(しらが)を、ざつと捌(さば)き、染めたる齒を角(けた)に開け、三尺ばかりの長き舌にて生首の顔の血をなめる)汚穢や、(ぺろぺろ)汚穢やの。(ぺろぺろ)汚穢やの、汚穢やの、ああ、甘味(うま)やの、汚穢やの、あゝ、汚穢いぞの、やれ、甘味いぞなう。』と強烈なシーンを描き、それに朱の盤が、『(慌あわただしく遮る)やあ、姥(ばあ)さん、齒を當てまい、御馳走が減りはせぬか。』と咎めると、『何(なん)のいの。(ぐつたりと衣紋(えもんを抜く)取る年の可恐(おそろ)しさ、近頃は齒が惡うて、人間の首や、澤庵の尻尾はの、かくやにせねば咽喉(のど)へは通らぬ。其のまゝの形では、金花糖(きんくわたう)の鯛でさへ、橫嚙(よこかじ)りにはならぬ事よ』と言わせている(引用は岩波の全集を用いた)。

「蘆野原(あしのはら)海道」新潟から猪苗代を経て、郡山から南下し、白河(本文の「白川」)を抜けた先の、現在の栃木県那須郡那須町芦野(ここ(グーグル・マップ・データ))を通って江戸へ向かう、奥州街道の一部かと思われる。

「諏訪千本(すはせんぼん)の松原」不詳。但し、上記の行程が正しいとし、次話「會津諏訪(あいづすは)の朱(しゆ)の盤(ばん)」の舞台である、「會津諏訪の宮」と同じと考えるなら、現在の福島県会津若松市本町にある会津大鎮守六社の一つである諏方(すわ)神社を比定は出来る。これはまさにの女怪亀姫の巣くう亀城(鶴ヶ城)の西北一キロ弱の位置にあり、ロケーションとしてもこの前後と一致するからである。前の「猪苗代の城化物」とはそうした舞台での強い連関がある。鏡花もそれを敏感に感じとって「天守物語」のキャラクターとしてこの「舌長姥」と「朱の盤」を配したのであった。

「苧(そ)を、うみ居(ゐ)たり」「苧(そ)を績(う)む」というのは、麻(あさ)や苧(からむし)の繊維を長く縒(よ)り合わせて糸にすることを指す。

「れうれうとして」「寥 寥として」いかにも、もの淋しい感じで。

「五尺」一メートル五十二センチメートル弱。

「何とて、はかを、やらぬぞ。」「はか」は「捗」で、仕事の進「捗」状況のそれである。従ってこれは「どうしてさっさとヤ(殺)っつちまわないんだい?!」という意味と私は採る。則ち、彼女の生業(なりわい)が専ら人を襲い喰らうことを「仕事」としており、何故か、ここではそれが即座に行われていないことを「朱の盤坊」が不審に思って、かく問うたのである。

「諏訪の朱(しゆ)の盤坊(ばんばう)」次話「會津諏訪の朱の盤」に登場。名称と描写から、巨大な円盤上の真っ赤な顔をした坊主風体(ふうてい)の妖怪であろう。ウィキの「朱の盆によれば、『一般的には朱の盤、首の番などと書かれ、いずれも「しゅのばん」と読み、本来の名称は「しゅのばん」である』とし、「諸国百物語」(延宝五(一六七七)年刊)では「首の番」、「老媼茶話」(寛保二(一七四二)年序)『では「朱の盤」と記されている。恐ろしい顔を見せて人を驚かせる妖怪で、この妖怪に会うと魂を抜かれるとされる』とし、本篇を『はじめとして、「しゅのばん」(朱の盤)あるいは「しゅばん」という名称が一般的である。また、細川幽斎による『源氏物語』への註の中に「朱ノ盤トイフ絵物語アリ」』『との記述があり、原本が散逸してしまい』、『内容は不明ながら』、『古い絵巻物作品に「しゅのばん」という名のものがあったらしいことが確認できる』とある。先に述べた通り、やはり鏡花は「天守物語」で彼も舌長姥とともに登場させているが、そこでは、(ト書き)「龜姫の供頭(ともがしら)、朱の盤坊、大山伏の扮裝(いでたち)、頭に犀(さい)の如き角(つの)一つあり、眼(まなこ)圓(つぶら)かに面(つら)の色朱(しゆ)よりも赤く、手と脚、瓜(うり)に似て靑し。白布(しろぬ)のにて蔽(おほ)うたる一個の小桶(こおけ)を小脇に、柱をめぐりて、内を覗き、女童(めのわらは)の戲るゝを視つゝ破顔して笑』ひ、女童らに『かちかちかちかち。』(台詞)と『齒を嚙鳴(かみな)らす音をさす。女童等、走り近づく時、面(つら)を差寄(さしよ)せ、大口開(あ)く』(ト書き)とその姿を描写している。これも本書の次話に基づくものであるが、流石に鏡花、上手い! 但し、本書の次話に登場するそれは、実はお馴染みのある妖怪の脅し方と酷似している。それはそれ、この後の電子化するそちらでのお楽しみ……

「六尺斗(ばかり)」一メートル八十二センチほど。]

« 昨日は | トップページ | 老媼茶話巻之三 會津諏訪の朱の盤 »