フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 僧 | トップページ | トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 祈り »

2017/10/20

トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) なほも鬪ふ


Warehanaho

   なほも鬪ふ

 

 時としてなんといふくだらぬ瑣末事が、人間一匹をがらりと變へてしまふことだらう。

 ある日わたしは、疑惑に胸を一ぱいにして、大きな道を步いてゐた。

 重くるしい豫感に胸は緊めつけられて、心は愈々沈むばかりだつた。

  わたしは頭をあげた。脊の高いポプラ並木のあひだを、道はどこまでも眞直ぐに走つてゐる。

 その道を越して十步ほど向ふに、雀の一家族が縱列をつくつて、金色にかがやく夏の日を浴びながら、ぴよんぴよん跳ねてゐる。元氣よく、樂しげに、自信に滿ちて。

 なかでも一羽だけ、人を人とも思はぬ不敵な聲で囀りながら、しきりに嗉囊(ゑぶくろ)をふくらませ、すんずん列を離れてゆく。その樣子は、あつぱれち英雄兒だ。

 一方、空高く、一羽の大鷹が舞つてゐる。宿命の手に導かれて、彼が引つさらはうと狙つてゐるのは、この英唯兒なのかも知れない。

 なれを目たとき、明るい笑がこみ上げて來た。私は身を搖すつて笑つた。忽ち、暗い思念はかけり去つて、勇猛心や、生の意欲が、ひしひしと胸にわきあがつた。

 わたしの頭上にも、わたしの大鷹が來て舞はば舞へ。

 われら、なほも鬪ふ。なんのその。

            一八七九年十一月

 

[やぶちゃん注:「嗉囊」の「嗉」は印刷が不全で(へん)の部分にほぼ「日」の字が、(つくり)は殆んどが消えてしまって判読不能であるものの、「素」の左上部の感じが私には、した。「日」偏の「餌」に相当する字は見出せない。されば、取り敢えずこの字を当てておいた。言わずもがなであるが、「嗉囊(そのう)」は 鳥類・軟体動物・昆虫類・貧毛類の消化管の一部で、食道に続く薄壁の膨らんだ部分を指し、食べ物を一時的に蓄えておく器官を指すから、意味としては腑に落ちるからである。別字が想定出来る方は、御教授戴けると助かる。因みに、中山省三郎譯「散文詩」では、ここは単に『胸』であり、一九五八年岩波文庫刊の神西清・池田健太郎訳「散文詩」版では『餌ぶくろ』である。]

« トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 僧 | トップページ | トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 祈り »