フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 羽蟲 | トップページ | トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 瑠璃いろの國 »

2017/10/10

トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) キャベツ汁


Kyabetu

   キャベツ汁

 

 後家の百姓婆さんの所で、二十になる村一番の働き者の伜が死んだ。

 その村の女地主の奧さんが、婆さんの不幸を聞いて、葬式の日に訪ねて行つた。

 婆さんは家にゐた。

 婆さんは丁度小屋の眞中の、卓子の前に棒立ちになつて、左の腕をだらりと下げたまま、右の手でのろのろと、煤けた壺の底から實(み)のないキャべツ汁を掬つては、一匙一匙と口へ運んでゐた。

 婆さんの頰はこけ、顏色は暗かつた。眼は眞赤に泣き腫(はら)してゐる。でも身體だけは、教會へ行つた時の樣に、眞直に伸してゐる。

 「まあ、まあ」と奧さんは心に思つた、「こんな時に、よくも食べられること。本當にこの人達は、みんななんてがさつな心の持主だらう。……」

 そして奧さんは數年前に、生れて九ケ月になる娘を失くしたとき、悲嘆のあまり、せつかくペテルプルグの郊外に見附けて置いた立派な別莊を斷つて、そのひと夏を町に送つた事を思ひ浮べた。

 婆さんは相變らず、キャベツ汁を啜つてゐる。

 奧さんけ堪へかねてたうとう、「タチヤーナ」と言つた、「本當に、呆れますね、お前は一體、生みの息子が可愛くはないの。よくもまあ、物を食べる氣になれるのね。そのキャベツ汁が、よく咽喉に閊へないことね。」

 「ヴァーシャは死にました」と婆さんは小聲に言つた。すると悲しい淚がまた、こけた頰を傳はつた、「つまりは私も死んで、生き埋めになつたと同じことです。でも、この汁を棄ててはなりませぬ。鹽氣が入つてゐますによつて。……」

 奧さんは肩を竦めたきり、默つて出て行つた。彼女にとつて、鹽ほど安いものは無かつたから。

             一八七八年五月

 

[やぶちゃん注:「閊へない」「つかへない」。

「竦めた」「すくめた」。]

« トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 羽蟲 | トップページ | トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 瑠璃いろの國 »