フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會第四十一 水禽類 鶴 | トップページ | トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) あとがき 附 詩篇「誰と諍ふべきか」~全篇電子化完遂! »

2017/10/31

和漢三才圖會第四十一 水禽類 鶬鷄(おほとり)〔ケリ?〕


Tageri

大とり   鶬鴰 麋鴰

      鴰鹿 麥鷄

鶬鷄

      【俗云於保鳥】

ツアン キイ

本綱鶬鷄食于田澤洲渚之間狀如鶴大而青蒼色亦有

灰色者頂無丹兩頰紅長頸高脚羣飛可以候霜

肉【氣味】甘温

△按此亦鶴之種類俗稱大鳥

 

 

大〔(おほ)〕とり 鶬鴰〔(さうくわつ)〕

         麋鴰〔(びくわつ)〕

         鴰鹿〔(くわつろく)〕

         麥鷄〔(ばくけい)〕

鶬鷄

   【俗に「於保鳥〔(おほとり)〕」と云ふ。】

ツアン キイ

「本綱」、鶬鷄、田・澤・洲・渚の間に食ふ。狀、鶴の大〔なる〕ごとくにして、青蒼色。亦、灰色の者、有り。頂、丹、無し。兩の頰、紅く、長き頸、高き脚。羣飛〔して〕以つて霜〔(しもふる)〕を候〔(あ)る〕を〔しる〕べし。

肉【氣味】甘、温。

△按ずるに、此れも亦、鶴の種類〔なり〕。俗に「大鳥〔(おほとり)〕」と稱す。

 

[やぶちゃん注:当初、「本草綱目」の記載も良安の附言も鶴の仲間らしく書いているので、その辺りを生態から探ろうと思ったが、記載が少なく、行き詰った。そこで方法を変え、時珍の並べた異名(本項の項目下に並ぶそれら)を調べてみた。すると、この内の最後の「麥鷄」に目が止まった。これは現在、中国語の鳥類の学術名で Vanellus 漢名だからである(リンク先は中文ウィキ。簡体字「麦」とは「麦鷄属」で、則ち、これは「麥鷄屬」と同じある。例えば、チドリ目チドリ亜目チドリ科タゲリ(田鳧)属 Vanellus ズグロトサカゲリ Vanellus miles 中文版をご覧あれ。「白頸麥雞」と書いてある(「雞」は「鷄」の別字。但し、中国で古来、ニワトリを指す一般的字体は「鷄」ではなくこの「雞」であった)。さすれば、この「鶬鷄」はツル科 Gruidae のツル類なんぞではなく、チドリ目 Charadriiformes チドリ亜目 Charadrii チドリ科 Charadriidae タゲリ属 Vanellus に属するタゲリ類に比定してよかろう。その模式種であるタゲリ Vanellus vanellus を挙げたくなるのであるが、同種は頭頂に黒い冠羽が発達するので、挿絵や記載にそれがないのは、本種ではないと考えるべきで、ここは寧ろ、タゲリ属ケリ Vanellus cinereus を比定候補とすべきかも知れぬ。ウィキの「ケリを引いておく。『モンゴル、中国北東部、日本で繁殖する。冬には東南アジア、中国南部などに渡るものもいる。日本においては留鳥として、かつては主に東北地方に分布していたが』、『現在』『では中部地方、関西地方を中心とした近畿以北』から『中国地方・北部九州など西日本でも繁殖が確認され始め』ているという。

全長は約三十四センチメートルで『雌雄同色。くちばしは短く、黄色で先端が黒い。足は長くて黄色。目は赤橙色で黄色のアイリングがある。また。嘴の付け根には黄色い肉垂がある。雌雄同色』。『翼の小翼羽付近には爪があり、爪の大きさや色から雌雄の見当をつけることができる。成鳥の夏羽は頭部から胸上部が灰青色で、体上面は灰褐色で、体下面は白い。胸上部と体下面の境目には黒い胸帯がある。翼は先の方が黒く、基半部は白色と灰褐色で、飛ぶときこれらのコントラストが目立つ。尾は白色で黒い帯が入る。冬羽は頭部からの灰青色がやや褐色を帯びている。雛は淡褐色の綿羽に覆われている。若鳥は頭部からの胸部にかけて灰色でやや褐色を帯びる。胸帯は薄い。また目は褐色で、アイリング・肉垂とも小さく目立たない』。『水田、畑、河原、干潟、草原などに生息』し、『食性は主に動物食で、昆虫類、ミミズ、カエルなどを捕食する。稀に穀類も食べる』。『繁殖期は』三月から七月で、抱卵は三月『初旬から中旬に始まり、抱卵・ヒナ養育それぞれ約』一『ヶ月ほどかかる。クラッチサイズ』(clutch size:鳥の♀一個体が一回当りで孕む標準的な卵の個数。「一腹卵数」「一巣卵数」などと訳される)は四卵で、時に三卵、稀に一卵から五卵が『確認される。巣は水田内や畦などの地面に藁を敷き作る。よって農作業による影響が著しく大きい。繁殖期中は時にテリトリーを変えるなどして最大』三『回営巣を試みる。非常に警戒心が強く、テリトリーにトビやカラス、人間などの外敵が近付くと、鳴きながら激しく威嚇し、追い払う。その為、夜でも鳴き声が聞こえてくる場合がある』。『非繁殖期には小群で行動する』。『甲高い声で鳴き、「キリッ、キリッ」、「ケリッ」、「ケケッ」というふうに聞こえる。この鳴き声からケリという名がついたといわれる』とある。ただ、ここに記された視覚上の形状と実際のケリの画像を見ても、幾つかの点で本記載や挿絵とは有意に異なる(「鶴の大〔なる〕ごとく」ではなく鶴より小さい。「兩の頰」は「紅く」ない(胸は褐色を帯びるが、ここを頬と見誤ることはあり得ない)。「羣飛」するのは繁殖時であり、「霜」の降る季節の前ではない)ことは言っておかねばなるまい

 

「大とり」項見出しのそれ(漢字見出し「鶬鷄」の和訓)はママ。ここに漢字が用いられるのは本書の中では頗る特異点である。

「羣飛〔して〕以つて霜〔(しもふる)〕を候〔(あ)る〕を〔しる〕べし」意味は解るのだが、二箇所の「ヲ」の送り仮名に疑問があり、訓読に苦労した。「この鳥が沢山の群れを作って飛ぶのを見た時には、霜が降りるのが近いことを知ることが出来る」の意である。]

« 和漢三才圖會第四十一 水禽類 鶴 | トップページ | トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) あとがき 附 詩篇「誰と諍ふべきか」~全篇電子化完遂! »