フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) キリスト | トップページ | 老媼茶話巻之三 幽靈 »

2017/10/14

トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 岩


Iwao

   

 

 あなたは海邊に年を經た灰色の岩を見たことがあるか。麗らかに晴れわたる日の滿ち潮につれて、四方から生き生きと波の寄そせる樣を。寄せては打ち、甘え戲れ、眞珠(あこや)なす水沫を千々に碎いて、苔蒸す岩頭(がしら)を洗ふのを。

 岩はいつまでも、同じ岩の姿である。けれど、その暗灰色の岩膚には、きれいな彩目があらはれる。

 それは遠い昔を物語るのだ。花崗質(みかげ)の熔岩がやつと固まりかけながら、まだ一團の炎と燃えてゐた頃のことを。

 そのやうに私の老いた心にも、つい近頃まで、若い女性らの魂が打寄せては碎けた。その優しい愛撫のために、夙(とう)の昔に褪せ凋れて私の彩目も、搔き立てられて紅らんだ。然し所詮は、消えた炎の跡形にすぎない。

 波げ退(ひ)く。けれど彩目は失せない。きびしい冬風に吹かれても・

             一八七九年五月

 

[やぶちゃん注:第四段落の「夙(とう)の昔に褪せ凋れて私の彩目も」の「て」は「た」の誤植か? 「跡形」は痕跡の意味の「あとかた」。にしても、この第四段落は意味が採りにくく、正直、訳としてはよろしくない。本篇に新改訳があるのは、そうした事情があるものと推察する。新しいものでは、この段落は『それとおなじく、わたしの老いた心にも、このあいだ、若い女性のまごころが八方からおしよせた。その愛撫の波にふれて、わたしの心は紅らみかけた。それは、とうの昔にあせた色どり、すぎし日の炎の跡なのだ!』と訳されており、素直に腑に落ちるのである。

「水沫」「みなわ」(歴史的仮名遣でも「みなは」ではない)。新改訳にもそうルビが振られてある。]

« トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) キリスト | トップページ | 老媼茶話巻之三 幽靈 »