フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 老媼茶話巻之三 亡魂 | トップページ | トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 羽蟲 »

2017/10/10

トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) ほどこし


Hodokosi

   ほどこし

 

 大きな都會に近い往還を、病み呆けた老人が步いて行く。

 一足ごとに蹌(よろめ)き、躓き、絡みつく萎(な)え細つた兩の脚を引摺りながら、まるで他人のやうな步みを、力無く重たげに踏みしめた。ぼろぼろの衣を身の𢌞りに垂らし、むき出しの頭は胸もとに落して、生きる力も盡き果てて見える。

 やがて道傍の石に腰を下した彼は、前に跼み込んで、肘を膝に兩手で顏を蔽うた。くねり曲つた指の間を淚が、乾いて白い土埃の上に落ちた。

 彼は昔を思ふ。……

 彼は思ひ出す、昔はどんなに丈夫で富んでゐたかを。その健康をどんなに浪費したかを。

 その富を敵味方の見境もなく、どんなに振撒いたかを。いま、彼には一塊の麪包もない。

 人々はみな彼を見棄てた。それも、敵よりも友達が先に。……物乞ひをするまでに落ちぶれねばならぬのか。その胸を鹹(しほから)さと恥がさいなむ。

 涙は默々と、白い土埃に落ちる。

 ふと彼は、自分の名を呼ぶ聲を耳にした。彼は力無い頭をもたげ、見知らぬ男を眼前に見出した。

 その顏は穩に眞面目だが、嚴(いか)つい氣色はない。眼にきらめきは見えぬが、淸らかに澄んでゐる。射透すやうな眸には、少しの惡意も見えない。

 「君は財産をすつかり撒いて仕舞つたのだね」と逼らぬ聲が聞えた、「だが、善い事をしたのを、今さら悔む氣はないのだね。」

 「悔みなど致しません」と、老人は吐息まじりに答へた、「かうして、默つて死んでゆきます。」

 「で、若しもこの世の中に、君の前に手を差伸べる乞食が居なかつたとしたら」と見知らぬ男は續けた、「君も自分の慈悲の心を示す相手がなく、從つて慈悲の修業もできなかつた譯だね。」

 老人は答へずに、沈思した。

 「だから君も、今となつては傲(たかぶ)らぬがよいのだ」と見知らぬ男は言葉を繼いだ、「さあ行つて手を伸べ給へ。そして君も、世の慈悲深い人達に、その慈悲の心を行(おこなひ)に現はす機會を與へてやるがいい。」

 老人は見顫ひして眼を上げたこが、その男の姿はもう其處にはなく、はるか道の彼方に、一人の通行人が現れた。

 老人は近づいてゆき、手を伸べた。けれど通行人は、冷やかな一瞥のほかには、何も呉れなかつた。

 その後(うしろ)から來たもう一人の男は、しるしばかりの施しを彼に與へた。

 老人はその銅錢でパンを買つた。すると、物乞ひで得たこの一片は、不思議に甘かつた。

 汚辱が胸を緊めつけるどころか、靜かな悦びが湧いてきた。

             一八七八年五月

 

[やぶちゃん注:「跼み込んで」「かがみこんで」と訓じておく。

「麪包」「パン」。]

« 老媼茶話巻之三 亡魂 | トップページ | トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 羽蟲 »