フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 世の終――夢 | トップページ | トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 阿房 »

2017/10/03

トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) マーシヤ


Masya

    マーシヤ

 

 ずづと以前、私がまだペテルブルグに住んでゐた頃、貸橇を傭ふごとに、その馭者と樣々な話をするのを常とした。

 とりわけ私は、夜の馭者たちを相手に話すのが好きだつた。彼等はみな近在の貧しい百姓なので、糊口のため、また地主に納める年貢のため、瘦馬と黃土色(オークル)に塗つた小橇を資本に都に出て稼ぐのである。

 ある日、私は矢張りその樣な橇を傭つた。二十(はたち)ほどの、見上げるばかり背の高い立派な體格の若者だつた。赤燒した頰、靑々と澄む眼、そして亞麻色の髮は小さな輪を卷きながら、眼深かに被つた繼布(つぎ)だらけの帽子の下にはみ出してゐる、がつしりと賴もしい肩には、ぼろぼろの百姓外套を、無雜作に引掛けてゐる。

 だが、鬚の無いきれいな顏は、何となく淋しげに沈んで見えた。

 離して見ると、聲にも矢張り浮かぬ樣子があつた。

 「どうしたね、大將」と私は尋ねた、「不景氣な顏をしてるぢやないか。何か悲しい事でもあるのかい。」

 若者は直ぐには答へなかつた。

 「ええ、旦那。實はさうなんで」と暫くしてから言つた、「それも、土臺お話になりません。女房に死なれましたんで。」

 「好いた同志だつたんだね、お神さんは。」

 若者は振向かずに、微かに頷いた。

 「可愛い奴でした。もう九月(ここのつき)になりますが、矢張りどうしても忘れられないんで。胸(ここ)んとこが妙にちくちくして。……あれが壽命とでも言ふんでせうか、若くで丈夫な奴でしたが、一日の中にコレラでやられたんで。」

 「よく盡して呉れたかね。」

 「そりやもう、旦那」と、若者は溜息をついた、「仲好くやつてゐました。だのに、死に目にも逢へなかつたんで。丁度此處へ出て稼いでゐると、もう埋葬も濟んだといふ報せで、大急ぎで村へ飛んで歸りました。着いて見ると、もう眞夜中です。家にはいつて、部屋の眞中につつ立つて、そつと小さな聲で呼んで見ました。『マーシャ、おいマーシャ。』けれども、蟋蟀が啼いでるだけで。……思わず床(ゆか)の上に坐り込んで泣いちまひました。地べたを平手で叩いて、『この業つく張りの地の胎(はら)め、あいつを攫ふ位なら、この俺も攫つて行け』つてね、ああ、マーシャ。」

 「マーシャ」と、彼は不意に聲を落して言ひ繼いで、荒繩の手綱(たづな)を握つたまま、橫拂ひに淚を袖で拭き、忌々しげに肩を堅めた。そのまま默り込んでしまつた。

 橇を下りると、私は駄賃の外に十五錢玉を一つ遣つた。彼は兩手を帽子に掛けて、低いお辭儀をした。そして大寒一月の霧に煙つて人通りもない雪の街路を、とぼとぼと馬を步ませて去つた

             一八七八年四月

 

[やぶちゃん注:標題の「マーシヤ」(本文は「マーシャ」で拗音表記)はママ。

「黃土色(オークル)」「オークル」はフランス語“ocre”で、黄土(おうど:酸化鉄の粉末で粘土に混ぜて、くすんだ黄色の顔料・塗料などにする)或いは黄土色を指す。]

« トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 世の終――夢 | トップページ | トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 阿房 »