フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) ふたつの四行詩 | トップページ | 老媼茶話巻之弐 怨積靈鬼 »

2017/10/04

トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 雀


Susuzme

   

 

 私は獵(れう)から戾つて、庭の並木道を步いてゐた。犬は私の前を駈けてゆく。

 ふと、犬は步(あし)を小刻みにして、行手に獲物を嗅ぎつけでもしたやうに忍び足をしはじめた。

 見ると並木道の先の方に、まだくちばしのまはりの黃色い子雀がゐた。頭には和毛(にこげ)が生えてゐる。並木の白樺を風がはげしく搖すぶつてゐるところを見れば、子雀は巣から振り落されたのに違ひない。やつと生えかけた翼を力なく廣げたまま、じつと身じろぎもぜずにゐる。

 犬はそろそろと步み寄つた。すると不意に、ほど近い梢から、胸毛の黑い親雀が、まるで小石のやうに犬のすぐ鼻先へ落ちて來た。總身の羽を逆立て、あさましい姿になつて、懸命の哀れな聲をふり絞つて、二度ばかり、齒を剝きだした犬の口めがけて、襲ひかかつた。

 親雀は子の命を、救はうとしたのだ、身を以て子を庇はうとしたのだ。けれど、その小さなからだは激しい恐怖にうち戰き、啼く聲は次第にかすれ、枯れて、つひに氣を失つて倒れた。その身を犧牲にしてしまつたのだ。

 雀にしてみれば、犬の姿はどんなに大きな怪物に見えたことだらう。それにも拘らず、親雀は高い梢に安閑としては居られなかつたのである。意志よりも強い何ものかの力が、親雀に身を投げださせたのである。

 私の犬は立止つて、じりじりとあと退(ずさ)りをした。彼も、この力に打たれたものと見える。

 私は、當惑してゐる犬を呼び返して、肅然とした思ひでそこを立去つた。

 さう、どうぞ笑はないでください。私は、このけなげな小鳥の前に、その愛の發露の前に、肅然として襟を正したのである。

 私は心のなかでかう思つた――愛は死よりも、死の恐怖よりも強い。それに依つてのみ、愛によつてのみ、生活は支へられ、推し進められるのだ。

             一八七八年四月

« トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) ふたつの四行詩 | トップページ | 老媼茶話巻之弐 怨積靈鬼 »