フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ作「散文詩」神西清訳 そのひと | トップページ | イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ作「散文詩」神西清訳 ロシア語 »

2017/10/02

イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ作「散文詩」神西清訳 とどまれ!

 

  とどまれ!

 

とどまれ! 今わたしの目にうつる姿のままで――永遠に、わたしの記憶にとどまれ!

おんみの唇から、霊感に燃える最後の歌ごえが、今しがたかけり去った。――目はかがやかず、きらめきもせず、どんよりとくもって、――さも幸福の思いに、おし伏せられているかのようだ。みごとに「美」を表現できたという気特に、うっとり酔っているかのようだ。そしておんみは、さながらその消えてゆく「美」のあとを追って、おんみの勝ちほこった両の腕を、ぐったりと力ない両の腕を、さし伸べているかのようだ!

日ざしよりもほのかで清らかな、いったいなんの光が、おんみの五体のくまぐまに、おんみの衣裳のかすかなひだにまで、ひとしきり、みなぎり流れたのだろう?

どのような神が、情けこもるその息吹(いぶ)きもて、おんみの振りみだした巻毛を、さっと後へなびかせたのだろう?

その神の口づけは、おんみの大理石のように蒼ざめた顔に、まだ燃えている!

それこそは、――ひらかれた秘密なのだ。詩の、命の、愛の、秘密なのだ! それこそは、おお、それこそは、不滅そのものなのだ! そのほかに不滅はない、――また、いりもしない。いま、この瞬間、おんみは不滅なのだ。

この瞬間はすぎる。そしておんみは、またしてもひと握りの灰になる、女になる、子どもになる。……だがそれが、おんみになんのことがあろう! いま、この瞬間、おんみはいっさいの移ろうものを超え、いっさいの無常なものをはなれたのだ。――このおんみの瞬間は、いつ終る時もあるまい。……

とどまれ! そしてわたしをも、おんみの不滅にあやからせておくれ。わたしの魂のなかに、おんみの「不滅」の照り返しを、落しておくれ!

 

[やぶちゃん注:太字「おんみ」は底本では傍点「ヽ」。中山省三郎譯「散文詩」では「留れ!」。底本の池田健太郎氏の注によれば、この詩篇は、詩篇の注に出した「思い人」ルイーズ・ポーリーヌ・マリー・ヘンリッテ=ヴィアルドー Louise Pauline Marie Héritte-Viardot『に捧げられた頌歌と解される』とある。]

« イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ作「散文詩」神西清訳 そのひと | トップページ | イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ作「散文詩」神西清訳 ロシア語 »