フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 岩 | トップページ | 佐藤春夫 女誡扇綺譚 三 戰慄 (その1) »

2017/10/14

老媼茶話巻之三 幽靈

 

     幽靈

 

 融通寺(ゆつうじ)町に古館山城安寺と云(いふ)淨土寺有(あり)。爰に女の幽靈の像あり。幽靈は蒲生秀行の乳母なり。其折は此寺に住僧もなく、覺夢といふ閑主坊(かんしゆばう)住めり。此うば、その僧にゆかり有りけん、兼て導師を賴置(たのみおき)り。しかるに乳母、罪なくして人の爲にざんせられて、秀行卿の御母公(おんははぎみ)の御にくみを蒙り、終(つゐ)に、其つみ、申(まうし)ひらく事あたはず、自ら刃(やいば)にふして死(しに)たり。最後に申置(まうしおく)、

「葬(はふ)り、火葬。」

の由、覺夢が方へ申來(まうしきた)り、則(すなはち)、

「今夕、棺を寺へ持來(もちきた)るべし。」

と、なり。

 覺夢、元より、一文不通(いちもんふつう)の愚僧なれば、引導のすべを知らず。

「いかゞせん。」

と案じ居たり。

 葬の義、申來辰の下刻成(な)るに、日中に、佛壇、ひゞき渡り、何となく物すごく、空のけしきもたゞならず、かき曇(くもり)、風吹(かぜふき)、小雨ふり出(いで)て、物さわがしく、覺夢、寺にたまりかね、桂林寺町、九郎右衞門といふ繪師とかねがねむつまじく交(まじは)りける間、急ぎ、かの九郎右衞門方へ來り、右の有增(あらまし)を語る。

 九郎右衞門、其頃、金輪組(かなわぐみ)と云(いふ)男だての内(うち)也。此由聞(きき)、云(いふ)は、

「何樣(なにさま)、今日の氣色(けしき)、空のたゝずまひ、けしからぬ樣子なり。必(かならず)、今夕、葬(はふり)の節は妖怪有るに極(きはみ)たり。引導の義は、口のうちにて經文らしき事をつぶやき、其後(そののち)、念佛を申せば、すむ事也。我も汝とひとつに、棺にはなれず、立添(たちそひ)て、火車(くわしや)來りて抓(つかみ)さらはんとせば、刀を拔(ぬき)て切拂(きりはら)ひ寄せつけまじ。わらと、柴とへ、油を多くそゝぎ、假(たとへ)大雨ふる共(とも)、火のきへざる樣にすべし。急ぎ、寺へ歸り、葬禮の儲(まうけ)をすべし。」

とて、覺夢と打(うち)つれて、九郎左衞門も寺へ來り、待居(まちゐ)たり。

 すでに、日、暮(くれ)、棺を寺へ持來りけるに、俄(にはか)に、雨ふり出(いだ)し、風吹(かぜふき)、稻光(いなびかり)、隙(ひま)なくして、空は墨を摺(すり)たるごとく、眞闇(まつくら)に成(なり)、すさまじさ限りなし。送りの者共も、已に棺へ、黑雲、覆ひ懸り、雷、ひゞき渡り、大雨、頻りにふり、數ある灯燈(ともし)も消(きえ)ければ、棺を寺の前に打捨(うちす)て、壱人もなく、逃(にげ)たり。

 覺夢坊、かいがい敷(しく)、衣の袖をたすきにかけ、棺へ乘懸(のりかか)り、念佛を大音(だいおん)に申(まうす)。

 九郎右衞門は、大はだぬぎに成(なり)、大脇差をさして、是も棺へ立懸り、黑雲の、うづ卷(まき)、𢌞(めぐ)る内を、打拂ひ、打拂ひすれば、黑雲、次第に遠ざかり、雨風、忽(たちまち)、止(やみ)、元の靑天に成りしかば、棺をわら・たきゞの上にすへ、引導にも及ばず、火を懸(かく)。

 猛火、さかんにもへのぼり、火定(くわじやう)も既に成納(じやうなう)し、曉(あかつき)、白骨を拾(ひろ)ひとり、寺の乾(いぬゐ)の角(すみ)、大き成(なる)榎の下へ埋(うづめ)たり。

 其後(そののち)、一日ありて、此女の幽靈。晝夜となく、寺中を、まよひ、ありく。

 覺夢、九郎右衞門に件(くだん)の由を語る。

 九郎右衞門、密(ひそか)に寺へ來り、片影(かたかげ)よりのぞき見て、此幽靈の像を寫(うつし)たり、と云(いへ)り。

 年月を舊(ふり)て、幽靈も出(いで)ず成りにけり。

 此寺、むかしより、妖怪有り。或は寺に夜を更(ふか)し、雪隱へ行(ゆき)けるに、雪隱の内より、一目の入道、不斗(ふと)、出(いで)て、彼(かの)者を突倒(つきたふし)たりければ、件(くだん)の男、死入(しにいり)ける、といへり。

 今も、乾の角、榎の本(もと)にては、禿(かむろ)・古入道の類(たぐひ)は、見るもの、度々(たびたび)なり。

 

[やぶちゃん注:「融通寺(ゆつうじ)町」福島県会津若松市大町に融通寺という寺ならある。ここ(グーグル・マップ・データ)。ところが、ウィキの「本町(会津若松市)」によれば、現在の会津若松市本町(ここ(グーグル・マップ・データ)。現在の融通寺の南西一キロ圏内)内は嘗て融通寺町(ゆつうじまち)があった。『若松城下の城郭外、当時の下町に属する町で、融通寺口郭門から北に続き、西名古屋町に至る幅』四『間の通りであった。浄土宗城安寺があり、これは融通寺が文禄元年に大町に移転した跡にあるとされる。また、昭和時代には呉服商などの商店が多かったとされている』(下線やぶちゃん)とある。

「古館山城安寺」鶴ヶ城下の若松観音霊場の第二十三番として大町の「城安寺」が挙がっているが、確認出来ない。諸データを見る限り、廃寺となっている。従って山号の読みも不詳である。

「蒲生秀行」(がもうひでゆき 天正一一(一五八三)年~慶長一七(一六一二)年)は安土桃山から江戸初期にかけての大名。陸奥会津藩主。蒲生賦秀(氏郷)嫡男。既出既注

「乳母」とあるから、話柄の時制は秀行が生まれた天正一一(一五八三)年以降から、彼が重臣同士の対立による御家騒動(蒲生騒動)によって秀吉の命で慶長三(一五九八)年三月に会津九十二万石から宇都宮十八万石で移封された十五年間か、慶長五(一六〇〇)年の「関ヶ原の戦い」での軍功によって、陸奥に六十万石を与えられて会津に復帰した時から、慶長一七(一六一二)年五月十四日の死去(享年三十)の凡そ十二年の間の孰れかとなる。

「覺夢」不詳。

「閑主坊(かんしゆばう)」特に何をするでもなく、管理者がいないので、管理をしている僧形の名ばかりの坊主の謂いらしいが、私は嘗てこの熟語を見たことがない。

「導師」亡くなった際の葬儀に於いて死者に引導を渡す(僧が死者に迷いを去り、悟りを開くように説き聞かせること)僧。

「ざんせられて」「讒(ざん)せられて」。讒言(ざんげん:他人を陥れようとして、事実を枉(ま)げ、偽って悪(あ)しざまに告げ口をすること)をされて。

「秀行卿の御母公」蒲生氏郷の正室で織田信長の次女であった相応院(そうおういん 永禄元(一五五八)年或いは永禄四年~寛永一八(一六四一)年)。ウィキの「相応院(蒲生氏郷正室)」によれば、『信長の四男である羽柴秀勝とは知恩院塔頭瑞林院に秀勝と同じく墓があることから』、『共に母を養観院とする同腹姉弟とみられる』。永禄十一年、『近江六角氏の旧臣の蒲生賢秀が織田氏に臣従したとき、信長は賢秀の子・鶴千代(後の蒲生氏郷)を人質として取ったが、その器量を早くから見抜いて』、永禄一二(一五六九)年の『大河内城の戦い後に』、『自らの娘を与え』、『娘婿として迎えた』。彼女は秀行との間に『息子の蒲生秀行と娘(前田利政室)をもうけている』。『その後、夫・氏郷は豊臣秀吉に臣従し、陸奥会津』九十二『万石の大名になるが』、文禄四(一五九五)年に四十歳で死去』し、『後継の秀行は家臣団の統制がままならず』、『会津から宇都宮』十二『万石に減封・移封された』。彼女もともに『宇都宮に移ったが、関ヶ原の戦いで秀行が東軍に与して功を挙げたことから』、会津六十万石に戻されている。しかし、慶長一七(一六一二)年に秀行が三十歳で死去、『その跡を継いだ孫の蒲生忠郷』も寛永四(一六二七)年に二十五歳で死去してしまう。しかも『忠郷には嗣子がなく、蒲生氏は断絶しかけたが』、彼女が『信長の娘であることと、秀行の妻が徳川家康の娘(秀忠の妹)振姫であったことから』、『特別に、姫の孫にあたる忠知(忠郷の弟)が会津から伊予松山藩』二十『万石へ減移封の上』、『家督を継ぐことを許された』。しかし『その忠知も』寛永一一(一六三四)年に『嗣子なくして早世し、結局は蒲生氏は無嗣断絶となった』。『晩年は京都嵯峨で過ごし』、八十一歳で死去した。『法名は相応院殿月桂凉心英誉清薫大禅定尼姉』で『墓所は京都左京区の知恩寺』とある。

「にくみ」「憎み」。

「ふして」「伏して」。短刀に咽喉を突き立てて。

「葬(はふ)り、火葬」「の由、覺夢が方へ申來(まうしきた)り」「今夕、棺を寺へ持來(もちきた)るべし」自害に至る状況から考えて、彼女が自由に城を出て、覚夢の元に直接に告げに行くことは考えられないから、孰れも御付きの使者の申し越しによるもの考えられる。この時代、本邦では特に火葬は特異な葬送法ではなかったが、ここでは自死に至る状況の中に投げ込まれた遺言として、明らかに特殊な意図、讒言によって死を迎えねばならぬ彼女の強い遺恨の思いを、火葬の紅蓮の炎に幻視していると見るのが正しい。

「元より、一文不通(いちもんふつう)の愚僧」「引導のすべを知らず」経文が読めぬどころか、恐らくは文盲に近い状態の坊主とは名ばかりの輩(やから)であったものらしい。浄土宗の寺だから、「南無阿彌陀佛」を唱える、書くこと、寺名を漢字で書くぐらいしか出来なかったと考えてよかろう。

「辰の下刻」午前八時二十分頃から九時頃まで。

「桂林寺町」現在の会津若松市七日町・融通寺(ゆつうじ)町のあった本町・西栄町・日新町などの旧町名。この中央を中心とした一帯と思われる(グーグル・マップ・データ)。

「九郎右衞門といふ繪師」不詳。

「金輪組(かなわぐみ)」不詳。「男だて」とあるから、やや侠客的な集団のようである。

「引導の義は、口のうちにて經文らしき事をつぶやき、其後、念佛を申せば、すむ事」「らしき」が非常に面白く利いている。

「火車(くわしや)」悪行を積み重ねた末に死んだ者の亡骸を、葬儀や墓場から奪い去って行くとされる妖怪の名。既出既注

「儲(まうけ)」「設け」。準備。

「灯燈(ともし)」読みは私の趣味で当て読みした推定。

「かいがい敷(しく)」如何にも僧侶然として頼もしい感じのする様子で。その内実はそうではないのであるが、ここは葬儀の参列者が皆、逃げ帰ってしまったので、逆に噓の読経なんぞをせずともよくなったから、どこかでホッとして余裕が出たとも言え、正統幽霊話ながら、覚夢はピエロ役として非常に上手く笑いを採る機能を果していると言える。

「うづ卷(まき)」「渦巻く」の動詞の連用形で採り、下の「𢌞(めぐ)る」(読みは私の趣味で推定)と対とした。

「火を懸(かく)。」底本は『火を懸、』と「かけ」と読み、以下に続けているが、それでは、以下のシーンとの繋がりがだらだらするので、私は採らない。

「さかんにもへのぼり」「盛んに燃え昇り」。「もへ」はママ。

「火定(くわじやう)」火定(かじょう)は仏語で、本来は、不動明王が三昧(さんまい)に入って身から自然に炎を発すること(火生(かしょう)三昧或いは単に火生とも言う)。或いは、即身成仏を願う修行者が、自ら焼身死することによって入定することを指す、特殊な語であるが、ここは単に死者を火葬にすることを指している。

「成納(じやうなう)」あまり聴かない熟語であるが、ある行為や現象が完全になし遂げられることの謂いであろう。火葬に於いて完全に遺体を焼き終えることを指している。

「乾(いぬゐ)」北西。何か意味があるようだが、判らぬ。或いは、「此寺、むかしより、妖怪有り。或は寺に夜を更(ふか)し、雪隱へ行(ゆき)けるに、雪隱の内より、一目の入道、不斗(ふと)、出(いで)」たりしたとあり、今は寺内には出ぬものの(そこがミソ)彼女の遺骨を埋めた「乾の角、榎の本(もと)にては、禿(かむろ)」(童女姿の妖怪(あやかし))や「古入道の類(たぐひ)は、見るもの」(者)「度々(たびたび)」あるというとこから見ると、覚夢から聴いたか、或いは以前から妖怪が寺の建物内に出現することを知っていた九郎右衛門が知恵を利かせて、そうした妖怪をこの場所に封じ込める手段として、この榎の下を選んでわざわざ強い怨念を持った彼女の骨を埋めたのだと逆に読める。但し、それでもこの方位との関係性は判らぬ。識者の御教授を乞う。

「片影(かたかげ)」「片蔭」。物蔭。

「死入(しにいり)ける」気絶した。]

« トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 岩 | トップページ | 佐藤春夫 女誡扇綺譚 三 戰慄 (その1) »