フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 私は憐れむ | トップページ | トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) ふた兒 »

2017/10/23

トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 呪ひ


Jyuso

   呪ひ

 

 バイロンの『マンフレッド』を讀んで、彼のために身をほろぼした女の靈が、不氣味な呪ひをあびせかけるところに來ると、わたしは身ぶるひが出る。

 おぼえておいでかしら――「御身の夜は眠を奪はれ、邪まな御身の心は、わが見えぬ面影を、拂うても拂うても永却(とは)に見よ。また御身の心は、自らを燒く地獄火となれ。……」

 私は思ひ出す。以前ロシヤにゐた頃、ある百姓の父と子の、激しい口論の場に居あせた時のことを。

 息子はたうとうしまひに、ひどい悔辱の言葉を父親に叶きかけた。

 「呪つておやり、ヴアシーリチ。その人非(ひとでなし)を呪つておやり」と婆さんはわめきたてた。

 「よしとも。ペトローヴナ」と爺さんは大きな十字を切り、洞ろな聲で答ヘた、「やがてお前に息子ができて、それが生みの母親の眼の前で、お前の白くなつた鬚に唾を掛ける時があるわい。」

 この呪詛は『マンフレッド』のよりも一そう怖ろしかつた。

 息子は何か言返さうとした。しかし、よろよろとよろめくと、そのまま眞蒼になつて出て行つた。

             一八七八年二月

 

[やぶちゃん注:訳者註。

   *

『呪ひ』 この詩ははじめ『マンフレッド』と題された。

   *

『御身の夜は眠を』云々 恐らくは次の個所によるものであろう。(Manfred  , , Incantation, second strophe)――

 Though thy slumber may be deep,

 Yet thy spirit shall not sleep……

   *

「マンフレッド」(Manfred)はイギリスのロマン主義詩人バイロン(George Gordon Byron  一七八八年~一八二四年)が一八一七年に書いた同名の長大な劇詩の主人公の青年の名。マンフレッドはかつて恋人を死に追いやってしまった罪の記憶を抱えて悩む。神霊と交感する能力を会得している彼は精霊を呼び出し、その記憶の「忘却」を求めるが、精霊は不可能と答える。「会得」は自在であっても「喪失」は思うままにならないことを知った彼は、「喪失」の最上の形態としての「死」に立ち向かうため、アルプスの山中を彷徨い続けた末、遂にその恋人の霊と再会を果たし、許しを乞うと共に自らも息絶えるのであった。なお、後掲する「拾遺」の「無心の聲」をも参照されたい。

「永却」ママ。「永劫」の誤植が強く疑われるが、Q&Aサイトの答えに「永却」という語はあるらしく、「永久を捨てる」即ち「永久を永久と言えなくなるほどの」という意味で、恐らくは「とてつもない時間」という意味の造語ではないか、とあるので、ママとした。]

« トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) 私は憐れむ | トップページ | トゥルゲーネフ「散文詩」全篇 神西清個人訳(第一次改訳) ふた兒 »