フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 老媼茶話巻之弐 惡人(承応の変始末) | トップページ | イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ作「散文詩」神西清訳抄(改訳分十一篇)始動 / いなか »

2017/10/01

和漢三才圖會卷第五十四 濕生類 蛙(あまがえる)


Kaeru

あまかへる  鼃【蛙同】 長股

       青雞    坐魚

       田雞    蛤魚

       【和名阿末加閉流】

ワアヽ

 

本綱蛙似蝦蟇背青綠色尖嘴細腹後脚長故善躍性好

坐故曰坐魚俗謂之青蛙其聲自呼大其聲則曰蛙小其

聲曰蛤古昔常食之如魚肉味【甘寒】如雞蓋以脰鳴者鼃

黽之屬農人占其聲之早晩大小以ト豐𣤤蛙亦能化爲

鴽【鶉之屬】

△按蛙如蝦蟇而小背青綠腹白大者不過寸半將雨則

 鳴故名雨蛙俗傳云蛙變爲守宮其變也抱屋壁不敢

 動不吃雨露三旬許而變色生尾以行去

――――――――――――――――――――――

青蝦蟇  俗名土鴨【和名阿乎加閉流】大而青背其鳴甚壯爾雅

 所謂在水曰黽者是也

金線蛙  似青蝦蟇背作黃路

黑蝦蟇 【和名豆知加閉流】黑色者南人名蛤子食之至美以爲

 佳饌卽今云水雞是也

赤蝦蟇 △按赤蝦蟇不載本艸然川澤有之體瘦淺赤

 色入五疳藥以爲有効但希有難得耳

 

 

あまかへる  鼃〔(あ)〕【蛙〔(あ)〕に同じ。】

       長股〔(ちやうこ)〕

       青雞〔(せいけい)〕

       坐魚〔(ざぎよ)〕

       田雞〔(でんけい)〕

       蛤魚〔(かふぎよ)〕

       【和名、「阿末加閉流〔(あまかへる)〕」。】

ワアヽ

 

「本綱」、蛙は蝦蟇〔(かへる)〕に似て、背、青綠色。尖りたる嘴〔(はし)〕、細き腹、後ろの脚〔(あし)〕長き故に善〔(よ)〕く躍〔(はね)〕る。性、好みて坐す。故に「坐魚」と曰ふ。俗に之れを「青蛙」と謂ふ。其の聲、自〔(みづか)〕ら〔を〕呼ぶ。其の聲を大にして、則ち、「蛙(ワアヽ)」、其の聲、小さくするときは、「蛤(カツ)」と曰ふ。古-昔(むかし)は常に之れを食すこと、魚〔(うを)〕のごとくす。肉味【甘、寒。】雞〔(にはとり)〕のごとし。蓋し、脰(くび)を以つて鳴く者、鼃黽〔(あばう)〕の屬。農人、其の聲の早晩・大小を占ひて以つて豐𣤤ト〔(うら)〕なふ。蛙、亦た、能く化して鴽(かまうき)と爲る【鶉の屬。】。

△按ずるに、蛙、蝦蟇〔(かへる)〕のごとくにして小さく、背、青綠にして、腹、白く、大なる者〔も〕、寸半に過ぎず。將に雨ふらんとすれば、則ち、鳴く。故に「雨蛙(あまかへる)」と名づく。俗、傳へて云ふ、「蛙、變じて、守宮(やもり)と爲る。其の變ずるや、屋壁を抱へて敢へて動かず、雨露を吃〔(きつ)〕せずして三旬許り〔にし〕て色を變じ、尾を生じ、以つて行き去る。

――――――――――――――――――――――

青蝦蟇〔(あをかへる)〕  俗、「土鴨」と名づく【和名、「阿乎加閉流〔あをがへる)〕」。】大にして、青き背。其の鳴〔(めい)〕、甚だ壯たり。「爾雅」に所-謂〔(いへ)〕る、『水に在るを黽〔(ばう)〕と曰ふ』とは是れなり。

金線蛙〔(きんせんあ)〕  青蝦蟇〔(あをかへる)〕に似て、背、黃路〔(わうろ)〕を作〔(な)〕す。

黑蝦蟇〔(くろかへる)〕 【和名、「豆知加閉流(つちかへる)」。】黑色なる者。南人、「蛤子〔(かふし)〕」と名づく。之れを食ふに、至つて美なり。以つて佳饌と爲す。卽ち、今、云ふ、「水雞〔(すいけい)〕」、是れなり。

赤蝦蟇〔(あかかへる)〕 △按ずるに、赤蝦蟇は「本艸」に載せず。然れども、川澤に之れ有り。體、瘦せ、淺赤色。五疳の藥に入れて、以つて、効、有りと爲〔(す)〕。但し、希れに有りて、得難きのみ。

 

[やぶちゃん注:主記載及び後の「青蝦蟇〔(あをかへる)〕」を本邦の種に同定するなら、まず、無尾目カエル亜目アマガエル科アマガエル亜科アマガエル属ニホンアマガエル Hyla japonica である。但し、本種は日本・朝鮮半島・中国東部まで広く分布しているから、「本草綱目」のそれも本種或いはその近縁種として構わない。但し、「古-昔(むかし)は常に之れを食すこと、魚〔(うを)〕のごとくす。肉味【甘、寒。】雞〔(にはとり)〕のごとし」とするのは本種ではないと考えてよい。中国からインドネシアにかけての地域で現在も食用に供される種では、カエル亜目アカガエル科アカガエル亜科アカガエル属トラフガエル Rana tigerina(台湾以南の東南アジアからインドにかけて広く分布し、体長十センチメートルほどになる比較的大型のカエルで、暗褐色の地に黒い斑紋を持つ。分布地ではどこでも、現在も普通に食用に供され、俗に「水鶏」「田鶏」と呼ばれる。これは本項の異名の「水雞」「田雞」と同義であるが、必ずしもこの一種に同定は出来ない。後注参照)や、カエル亜目ヌマガエル科ヌマガエル属ヌマガエル Fejervarya kawamurai などがおり、ここはそれ、特に前者トラフガエルを指すと考えてよいからである。

 

「蛙(ワアヽ)」現代中国音でも「蛙」は「」で「ゥアア」で音写としては近い

「蛤(カツ)」現代中国音では「蛤」は「」「グゥーァ」で、良安の振る「カツ」よりも遙かにカエルの鳴き声の音写に近い。そもそもが「蛤」は呉音「コフ(コウ)」・漢音「カフ(コウ)」慣用音 でも「カ」で「カツ」は普通の音にはない

「脰(くび)」項(うなじ)。

「鼃黽〔(あばう)〕」既出既注。蛙。

「早晩」ここは一日の中の朝と夕の意ではなく、「大小」と対句であるから、「早いことと遅いこと」の意。

「豐𣤤」「𣤤」は音は恐らくは「レン」。東洋文庫訳では豊作と凶作の意で採っている。それに従う。

「鴽(かまうき)と爲る【鶉の屬。】」東洋文庫訳では『ふなしうずら』とルビを振る。これは斑無鶉(鶕)で、鶉(うずら)とは全く縁遠い、現在の鳥綱チドリ目ミフウズラ科ミフウズラ属ミフウズラ(三斑鶉)Turnix suscitator の旧和名である。ウィキの「ミフウズラ」によれば、全長約十四センチメートルと小型で、全くの別種であるキジ目キジ科ウズラ属ウズラ Coturnix japonica『とよく似た体形の鳥である。全身褐色で、胸や脇に黒い横斑がある。また顔から背中にかけて白く細かい斑紋があるが、雌の方が顕著である』。『中国南部から台湾、東南アジア、インドに分布』するが、日本でも『南西諸島に留鳥として分布している』。『草原や田畑に生息するが、地面とよく似た体色のせいかあまり目立たない。比較的乾燥した土地を好むと言われている。餌は昆虫や果実など。繁殖形態は一妻多夫で』、四月から八月頃にかけて、『地上に枯れ葉などで巣をつくり、雄が抱卵や育雛を行う。雌は繁殖期に「ブーゥ、ブーゥ」と鳴くが、その他の時期には』、『あまり』、『鳴き声は聞かれない』。『奄美方言ではウズィラ』、『沖縄方言ではウジラー』『と呼ばれ』ているとあるので、鶉と勘違いしないようにする必要がある。

「寸半」一寸半。四センチメートル五ミリ強。

「守宮(やもり)」爬虫綱有鱗目トカゲ亜目ヤモリ下目ヤモリ科ヤモリ亜科ヤモリ属 Gekkoのヤモリ類。私の家の二十年来の同居人で、一般に知られるそれ、ニホンヤモリ Gekko japonicus は、中国東部・朝鮮半島・日本(秋田県以南の本州・四国・九州・対馬)に分布するのでそれをここに掲げても問題はない。なお、ウィキの「ニホンヤモリ」によれば、本種はシーボルトが新種として報告したため、種小名にjaponicus『(「日本の」の意)が付けられているが、本種はユーラシア大陸からの外来種と考えられており、日本固有種ではない。日本に定着した時期については不明だが、平安時代以降と思われる』とある。私の「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」の「守宮(やもり)」の項も是非、参照されたい。

「敢へて動かず」まず、動こうとはせず。

「吃〔(きつ)〕せずして」この「吃」は「飲む」。

「三旬」一ヶ月。以下、「許り〔にし〕て色を變じ、尾を生じ、以つて行き去る」とあるのであるから、ここは、青蛙が人家の壁に張りついて凝っとして動かなくなり、そういう状態で一ヶ月ほどが経過した頃、色が青から灰色或いは薄緑色に変じ、長い尾が生えて、徐に壁を這って去って行く、というのである。

と言い添えている以上は、

「土鴨」これは明らかに本邦で赤蛙を食用にしていたことを示す別称である。

「壯たり」勇壮である。

「青蝦蟇」罫線がある通り、以下の三種の記載は純粋な良安の評言ではなく、「本草綱目」の「蛙」の「集解」の中にある以下の二つ節を主として箇条書きにしたものである。

   *

弘景曰、凡蜂、蟻、蛙、蟬、其類最多。大而靑脊者、俗名土鴨、其鳴甚壯。一種黑色者、南人名蛤子、食之至美。一種小形善鳴者、名蛙子、卽此也。

   *

頌曰、今處處有之。似蛤蟆而背靑綠色、尖嘴細腹、俗謂之靑蛙。亦有背作黃路者、謂之金線蛙。陶氏所謂土鴨、卽「爾雅」所謂『在水曰黽』者、是也。俗名石鴨。所謂蛤子、卽今水雞是也、閩、蜀、浙東人以爲佳饌。

   *

従って、厳密には中国産カエルの知識がないと同定は出来ないのであるが、癪なので、一応、本邦産の近いものを示しおくことにする。

「黽〔(ばう)〕」東洋文庫訳では『あおがえる』とルビを振ってしまっている。ここに限ってはこのルビは漢籍引用に対する冒瀆であり、やってはいけないことだと私は思う。割注なら許せるが。

「金線蛙〔(きんせんあ)〕」「青蝦蟇〔(あをかへる)〕に似て、背、黃路〔(わうろ)〕を作〔(な)〕す」とあることから、私はこれに似た種を考えるなら。日本の固有種の、アカガエル科アカガエル亜科アカガエル属アカガエル亜属ヤマアカガエル Rana ornativentris の変異個体を挙げる。本州・四国・九州・佐渡島に分布し、体長は四・二~七・八センチメートルで、体色はオレンジから褐色と、個体により大きな変異がある。背面には筋状の隆起があり、鼓膜の上部で一度外側へ曲がり、鼓膜の後部で、また、内側に曲がる。後掲するニホンアカガエルによく似ているが、ニホンアカガエルはこの背側線が真っ直ぐであることで区別が出来る。咽頭部には明瞭な黒い斑点が入る個体が多い。なお、本種の種小名ornativentrisは「飾り立てた腹」の意で、腹面の斑紋に由来すると名と推定される(以上はウィキの「ヤマアカガエル」に拠った)。

「黑蝦蟇〔(くろかへる)〕」『和名、「豆知加閉流(つちかへる)」』。冒頭に記したように、「水雞〔(すいけい)〕」なら、トラフガエル Rana tigerina となる。但し、本邦には、ズバリ、この和名の種がいるので良安が追加して挙げている以上、ここに示さねばならない。カエル亜目アカガエル科アカガエル亜科アカガエル属ツチガエル Rana rugosa である。ウィキの「ツチガエルから引く。『日本では水辺で見られる褐色のカエルで』、『外見のグロテスクさからか』、『地方によってはクソガエルとも呼ばれる』。『北海道西部から九州までと周囲の島に分布し、日本以外では朝鮮半島と中国に分布する』。但し、『南西諸島や対馬などには生息していない』。『北海道では』、『本来』、『分布していない外来種である』。一九八五『年に札幌市南区藤の沢で初めて記録され、その後道内各地(長沼町・滝川市等)で定着が確認された。北海道のツチガエルが在来種か外来種かについては最近まで不明であったが』、一九七〇年代から一九八〇『年代にかけての本州産のコイの導入に紛れ込み』、『侵入したことが判明している』。体長三~五センチメートル『ほどで、メスの方がオスより大きい。背中側は灰褐色』と『黒褐色のまだら模様で、背中の中央に白い背中線があるものもいる。背中には大小の』疣(いぼ)状の『突起がたくさん並び、このため』、『各地で「イボガエル」という方言で呼ばれている。腹側はうすい褐色をしている』。『ヌマガエルによく似ているが、背中のいぼ状突起が大きいこと、腹が白くないこと、匂いをかぐと異臭がすることなどで区別できる』。『水田や湿地、池、山地の渓流から河口域まで、淡水域に幅広く生息する。ただし水辺からあまり離れず、すぐに水に飛び込める位置にいることが多い。松尾芭蕉の句にある古池に飛び込む蛙は、このツチガエルの可能性が高いとも云われている』。『ヌマガエルと同様に地上生活をし、おもに小さな昆虫類を捕食する。繁殖期は』五月から九月『で、オスが鳴いてメスを誘う』、但し、『鳴き声はヌマガエルやニホンアマガエルに比べるとかなり低い小声で、「ギュー・ギュー」と聞こえる。卵は数十個ずつの卵塊で産卵される』。『ふつうのカエルは、秋までに幼生(オタマジャクシ)が変態してカエルの姿になるが、ツチガエルは幼生の一部が越冬する。越冬した幼生は大型になり、尾まで含めた全長が』八センチメートル『に達するものもいる』。二十『世紀後半までは各地の水田でよく見られたが、冬に水を抜いてしまう乾田の増加とともに水田から姿を消している』。良安は自信を持って割注を附しているけれども、食用にして最も美味いという辺りからは、中国の「黑蝦蟇」と本本邦産の「土蛙」を同一種とするのはちょっと憚られる気が私はする。寧ろ、上記の引用から推理すると、中国産の「黑蝦蟇」とはカエル亜目ヌマガエル科ヌマガエル属ヌマガエル Fejervarya kawamurai なのではないかと私は思う。

「佳撰」今では酒の等級表示としてしか認識していない熟語であるが、「選りすぐりの、優れて美味い食物」の意である。

「蛤子〔(かつし)〕」大修館書店「大漢和辭典」によれば、「蛤」はに「はまぐり」、に「大はまぐり」とするも、で「かじか。また、かえる【かへる】」とし、さらにでは「大蛤は、大がま」(蝦蟇)とある。但し、現代中国語では「蛤子」(音写「ゴース」)はアサリ(斧足綱マルスダレガイ科アサリ亜科アサリ属 Ruditapes)のことを指す。

「赤蝦蟇〔(あかかへる)〕」カエル亜目アカガエル科アカガエル亜科アカガエル属ニホンアカガエル Rana japonica ということになる。ウィキの「ニホンアカガエル」によれば、『日本の固有種で、本州から九州及び周辺離島に分布している』。『また、伊豆諸島(八丈島)に人為的に移入されている』。体長は三センチメートルから七・五センチメートル。『体色は赤褐色で、背中の左右の黄色い筋が真っ直ぐ平行に通っている。オタマジャクシの背中には一対の黒斑がある』。『単独で生活』し、『普段は草むらや森林、平地、丘陵地等の地上で暮らす。昆虫やクモ類を食料とする。冬眠をするが、暖かい時は真冬も活動する』。『産卵は他のカエルより早く』、一『月から始まり、時には』十二『月でも産卵する。産卵数は』五百から三千個ほどで、『産卵場所は水田(湿田)や湿地。繁殖期が終わると』、『再び』、『斜面林の落ち葉等に潜り』、五『月頃まで冬眠する』。前に注した『ヤマアカガエルとは、形態的にも生態的にもよく似ている』(但し、全く縁遠い別種である)。『産卵場所では入り交じる例もあるというが、一般的には本種が平地に、ヤマアカガエルが山間部に生息する。ただし、近年の水田周辺の環境変化により、カエル類の生息数が減少している。本種はその生息環境がその区域に強く重なるため、その影響を非常に強く受けるのに対して、山間部のヤマアカガエルは』、『比較的』、『その影響を受けない。そのため、本種が数を減らしており、ヤマアカガエルばかりが見られる傾向がある』。『ヤマアカガエルと同じく、かつては食用にする地方があった』とある。私が高校時代に尊敬していた生物の教師は、「アカガエルは非常に上手い!」といつも叫んでおられたのを思い出す。因みに、どこかで「元国語教師が、生物を語る何ぞ、ちゃんちゃらおかしい」と、内心、ほくそ笑んで軽蔑しながらこれを読んでおられる御仁のために、一言、謂い添えさせてもらうと、私は高校生の時、演劇部と生物部の二足の草鞋を履いていた。生物部ではミクロトームを用いてトノサマガエルの脳下垂体を削り出したり(但し、失敗)、イモリの四肢を切断して再生実験をしたり(殆んど失敗したが、一度だけ前足の初期再生までは至った)していた。国御教師でこういう経験があるのはかなり特異であると思う。さらに言っておくと、中学時代も理科部で、当時は日本で三~四校しか存在しなかった海塩粒子班(空中を浮遊して内陸奥深くまで飛び散る海塩核を特殊フイルムで定点採取して検鏡してデータを集積し、塩害等の研究を行うもの)に所属し、三年生の部長に時には(といっても班員は私を含めて四人しかいなかった)学生科学展の高等学校の部で富山県大会の優秀賞を受賞している。私はそういう意味では、そこらへんにいる、ただの文系の心情理系好きとは一線を画していると自負している

「五疳」漢方の小児疾患である「肝疳・心疳・脾疳・肺疳・腎疳」の「小児五疳」。「日本薬学会」のによれば(ピリオド・コンマを句読点に代えさせて貰った)、『中国思想の五行説』『から、漢方理論的に小児の特異体質に適用した考え方。すなわち、いろいろな内因、外因によって五臓(肝臓、心臓、脾臓、肺臓、腎臓)のバランスが乱れ、精神的症状や肉体的症状を起こし、この』二『つの症状が相互に作用し合う諸症状を総称したものである。これは、現代の虚弱体質・過敏性体質(滲出性体質、自律神経失調症)に近い症状で、「小児直訣」「太平恵民和剤局方」の原点に詳しく解説されている』とある。]

« 老媼茶話巻之弐 惡人(承応の変始末) | トップページ | イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ作「散文詩」神西清訳抄(改訳分十一篇)始動 / いなか »