フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« トゥルゲニエフ作 上田敏譯 「散文詩」(抄) わが敵 | トップページ | トゥルゲニエフ作 上田敏譯 「散文詩」(抄) 滿足 »

2017/11/01

トゥルゲニエフ作 上田敏譯 「散文詩」(抄) 物乞

 

       物 乞

 

 街頭をゆく。……老いさらぼへる物乞に、袖ひかれぬ。………眼(まなこ)、血走り、唇蒼く、痍(きづ)は爛(ただ)れて、なり、むさぐろし。………あはれ、醜くも、貧窮の、此薄倖兒に食(は)み入りしよ。

 赤くふぐだめる掌をあげて、かれはうめきぬ。救を口籠りぬ。

 かくしの數々を探れども………紙入なく、時計なく、手巾(はんけち)だになし。………身に一物もつけざりけり。

 …物乞の捧げたる手は弱げに顫へわなゝく。

 鼻白みたるまゝ、其汚れたる手を執りて、懇ろに握りぬ。………怨む勿れ、わが友、われ今一物なし。

 血走る眼(まなこ)われを見つめぬ。 蒼唇、自らほゝゑみたり。 彼も亦わが冷たき持を握りぬ。

 口籠りて語るやう、心煩はし給ふな、わが友、これこそ忝なけれ、これもなほ賚(たまもの)ぞ、わが友よ。

 この時われも亦賚(たまもの)うけたる心地ぞありし。

 

[やぶちゃん注:これは是非、神西清訳 乞食の私の注をご覧戴きたい。本詩をインスパイアした、朝鮮の詩人윤동주(ユン・ドンジュ 尹東柱 一九一七年~一九四五年:一九四三年(昭和十八年)に治安維持法違反で逮捕され、二年後の日本敗戦の年に九州で獄死した)の「ツルゲーネフの丘」を読んで戴きたいからである(私の古い教え子であるI君が原語から訳してくれたものを掲げてある)。

「兒」には男子の意味がある。

「ふぐだめる」岩波文庫版では『ふくだめる』とする。「ふくだむ」は本来は「けば立って、ぼさぼさになる」或いは「けば立たせる」の謂いであるが、ここは腫れぼったく、浮腫(むく)んだの謂いであろう。

「賚(たまもの)」は「賜物」に同じい。

« トゥルゲニエフ作 上田敏譯 「散文詩」(抄) わが敵 | トップページ | トゥルゲニエフ作 上田敏譯 「散文詩」(抄) 滿足 »