フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 今日はお祝いで店仕舞い | トップページ | 老媼茶話巻之六 血氣の勇 »

2017/11/30

老媼茶話巻之六 五勇ヲ分ツ

 

    分(ワカツ)五勇

 

 夫(それ)、長劍を帶し、榛荊(シンケイ)に分入(いり)、兕豹(ケイヒヤウ)をたゝき、虎熊(コユウ)を打(うち)おそれざる。是、獵者の勇也。

 劍を負(おひ)て深渕(シンエン)に潛(カヅキ)入(いり)、蚊龍(コウリヤウ)を取(とり)ひしぎ、黿鰐(ゲンガク)をうつは、是、漁者の勇也。

 高くあやうき屋上(ヲクじやう)に登り、四方鵠立(コウリヤウ)して顏色へんぜず、もゝふるはず。是、工匠の勇也。

 剽(キツ)ては必ず刺(サシ)、視(ミ)ては必(かならず)、殺す。是、典刑の勇也。

 君父の爲に、其身、粉骨碎身(フンコツサイシン)せらるゝに、志(こころざし)、くつせず、變ぜざる。是、仁義の勇也。

 

[やぶちゃん注:「榛荊(シンケイ)」単漢字では「榛」はブナ目カバノキ科ハシバミ属ハシバミ Corylus heterophylla var. thunbergii を、「荊」はバラ類(バラ目バラ科 Rosaceae)・カラタチ(ムクロジ目ミカン科カラタチ属カラタチ Poncirus trifoliata)等の有意な棘(とげ)のある低木の総称であるが、これはそれらを主とした、いらいらと肌を刺す藪や鋭い棘を持った茨(いばら)類の茂る雑木林などの謂い。「荊榛」(けいしん)とも書く。

「兕豹(ケイヒヤウ)」「兕」は中国の想像上の水牛に似た一角獣であるが、それの角として輸入されたのはサイの角であり、後、この漢字は雌の犀を意味する字となった。しかしここはまあ、獰猛な獣や豹(ひょう)の意で採ればよかろう。問題は読みで、「兕」は呉音が「ジ」、漢音が「シ」であって「ケイ」という音はなく、「豹」も「ヒョウ」の歴史的仮名遣は「ヘウ」であるから、おかしい

「深渕」底本が敢えてこの字を用いているので、原典がこれであろうと推理し、そのまま使った。

「黿鰐(ゲンガク)」「黿」は現現代国で、爬虫綱カメ目潜頸亜目スッポン上科スッポン科スッポン亜科 Trionychinae のスッポンでも大型種で吸着力もハンパないマルスッポン属マルスッポン Pelochelys cantorii を指す。顎の力が強く、嘴も鋭いため、噛まれると、かなりひどい怪我を負うこともある。されば、ここは大すっぽんと鰐(わに)と採ってよかろう。わざわざ本邦の「わに」=鮫の意に読み換える必要は私はないと思う。ここで語られていることは、使用されている漢字からも、多分に大陸的な本草学に基づくものであるからである。

「鵠立(コウリヤウ)」大きな体の白鳥が首をすっくと立てて、四方を泰然自若として見廻すように、大工が高い屋根の上でも平然と立って仕事ができることを比喩していよう。但し、読みが矢張りやや問題で、正規の音は「鵠」が呉音で「コク・ゴク」、漢音で「コク」であること(但し、本邦では慣用音として「コウ」の音もあるにはある)、「立」は呉音・漢音ともに「リユウ」で慣用音も「リツ」であるから、この読みはやはりおかしい。どうも、ある種の確信犯で、わざと前条の「蚊龍(コウリヤウ)」と対(つい)にして、かく読んだのではないかと疑いたくなる仕儀である。

「剽(キツ)て」この字は音は基本「ヘウ(ヒョウ)」であるものの、「脅かす・刺す・斬る」の意であるから、ここは「斬(き)つて」の当て読みをしていると採る後が極悪の罪を犯した者を非難して「凝っと見つめる」だけでなく、実際に「死刑に処する」というニュアンスのそれであるのに対して、同じく「脅す」だけでなく、実際に「刺し」て処罰すると採るべきかも知れぬが、それでは「キツ」の音が説明不能となる。]

« 今日はお祝いで店仕舞い | トップページ | 老媼茶話巻之六 血氣の勇 »