フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 老媼茶話巻之六 山中の鬼女 | トップページ | 老媼茶話巻之六 邪見の報 / 老媼茶話巻之六~了 »

2017/12/11

老媼茶話巻之六 狼

 

     

 

 武州江戸のもの、奧州の名所松嶋を見に、はるばると下りけるに、松嶋行詰(ゆきづま)て、山道に迷ひ、山中へ入りけるに、人目(ひとめ)稀(まれ)なる谷影に、時雨(しぐれ)も月も嘸(さぞ)もるらんと、あさましき賤(しづ)が家(や)あり。

「道をとはん。」

とおもひ、案内を乞ひ立入(たちいり)けるに、内には年寄りたる翁(おうな)と姥(うば)と有(あり)。

 娘と覺敷(おぼしく)て、廿(はたち)餘りの美女、しずのおだ、をへて、姥が側に有り。

 容氣、至(いたつ)て美麗なりしかば、旅人、愛念を生じ、暫(しばらく)休(やす)らいみるに、誠に天性の美人なりしかば、姥に向ひ、

「そこつに候得ども、懸(かか)るいぶせき山中に侘敷(わびしく)住(すみ)玉はんより、御娘を我(わが)妻にあたへ玉へ。然らば、老人夫婦をも武藏へ引取(ひきとり)殘曆(ざんれき)をたのしませ候はん。」

といゝければ、夫婦、申樣(まうすやう)、

「我等は齡(よは)ひ、すでにかたむき、あすをも知らぬ老の身にて候まゝ、この山中にすみ果て候とも、壱人の娘、世にあらせたく候。御望(おのぞみ)ならば、參(まゐら)せ候はん。」

といふ。

 旅人、大きに悦び、老人夫婦に金子(きんす)多くあたへ、松嶋の見物は差置(さしおき)て、急ぎ江、戸へ歸り登りけるが、三年を經て、妻、申樣、

「かりそめに父母にたち離れ、既に三年に及(および)候。其内(そのうち)、便りもなさゞれば、さこそ恨(うらみ)て過(すぐ)し玉ひなん。此度(このたび)、思ひ立(たち)、奧州下り、父母に對面申度(まうしたし)。」

と侘(わび)ければ、男、元より富有(フクユウ)の者なるうへ、松嶋も又、みまほしく、妻の望(のぞみ)にまかせ、供人少々にて、奧州へ下りける。

 程なく、件(くだん)の處に至り、ありこし宿を尋ねけるに、庵の跡は有(あり)ながら、柱、倒れ、壁、落(おち)て、絶(たえ)て、人もなく見へにけり。

 片原(かたはら)を能(よく)みるに、大きなる狼の骸(むくろ)の雨風にくちたるが、弐疋、打重(うちかさな)り、死居(しにゐ)たり。

 死(しし)て久敷(ひさしき)とみへて、肉は殘らず、かれけれど、皮・ほねは尚、全く續き有(あり)。

 女、此死骸を見て、

「我(わが)父母、すでに人の爲に殺され玉へり。口惜しさよ。」

といふて、身ぶるいすると見へしが、忽ち、大きなる狼となり、ほへ怒(いか)て夫に懸向(かけむか)ふ。

 夫、大きに驚き、刀を拔(ぬき)、ふせぎけるが、終(つゐ)に狼に喰殺(くひころ)さる。

 供の男ども、是を見て、跡をも見ずして、逃歸(にげかへ)りけるとかや。

 

[やぶちゃん注:これはかなり知られた狼の異類婚姻譚で、複数、存在する。私の読んだものは二つあり、孰れも東北が舞台であったが、私の記憶では、最後がこのように凄惨でないものもあったやに思う。今直ぐにそれらを提示出来ないが、書棚の中にはあるはずのものであるから、見出し次第、書誌等を示す。

「行詰(ゆきづま)て」進んだ道が完全な行き止まりで。

「もる」「漏る」。

「しずのおだ」ママ。「倭文(しづ)の苧環(をだ)」。苧環(おだまき)で「しづ」(上代は「しつ」と清音)は梶(かじ)の木や麻などで青・赤などの縞を織り出した古代の布を作るために、紡いだ糸を巻いて中空の玉にしたもの。

「をへて」不詳。「を」は格助詞で、「へて」は動詞らしいが、ピンとくるものが浮かばぬ。或いは「をへ」で「終(を)ふ」(ハ行下二段動詞)で、「巻き終えて」の意か。

「そこつ」「麁忽・粗忽」不躾な急な軽はずみな無礼なること。思慮もなき失礼なこと。

「いぶせき」山家(やまが)のこととてひどく不便で窮屈な。

「殘曆(ざんれき)」余命。

「片原(かたはら)」「傍ら」。

「かれけれど」「枯れけれど」。]

« 老媼茶話巻之六 山中の鬼女 | トップページ | 老媼茶話巻之六 邪見の報 / 老媼茶話巻之六~了 »