フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介 手帳7 (3) 共同便所にされた大明永樂年鑄の鐘・十刹海・永安寺・九壇 | トップページ | 進化論講話 丘淺次郎 藪野直史附注 第七章 生存競爭(5) 五 生物相互の複雜な關係 / 第七章 生存競爭~了 »

2017/12/19

老媼茶話巻之七 燒松炙(タイマツアブリ)

 

     燒松炙(タイマツアブリ)

 

 西方(しにかた)に淸運寺といふ小寺あり。住僧秀山といふ出家、女犯肉食(ニヨホンニクじき)をこのみ、あまつさへ、博奕をうち、てらの什物(じふもつ)まてでもうち込(こむ)。

 此故に、おのがすむ寺へ火をつけ、燒(やき)はらひ、本尊阿彌陀も燒(やき)、失ひ、

「急火(きふくわ)にて本尊の什物・衣類、悉く燒(やけ)て、漸(やうやう)、身壹逃出(いで)たり。」

と僞りけれども、御詮義のうへ、罪咎(つみとが)、のこらず顯(あらは)れ、藥師堂にて、燒松(たいまつ)やき、行(おこなは)れける、となり。

 

[やぶちゃん注:「燒松炙(タイマツアブリ)」及びの私の注で引用した中村彰彦氏の「なぜ会津は希代の雄藩になったか 名家老・田中玄宰の挑戦」(二〇一六年PHP研究所刊)によれば、やはり先に示した『会津若松市図書館にある『贈従二位左中将保科正之之事実略』という資料』に、これが挙っており、『木ヲ立テ首械(くびかせ)ヲ以テ罪人ニ繋(つな)ゲ、両手ヲシテ竹(の)輪ヲイダカシメ、麻、葦ヲ束ネ、火ヲ点ジ、左右前後ヨリ之ヲ持チテ焚ク。罪人、踴躍絶叫シテ死ス。之ヲ焼松炙(たいまつあぶり)ト云フ』とあるのが、この残酷刑の正確事実をよく伝えている

「淸運寺」データによれば、現在の鶴ヶ城の西方、福島県河沼郡会津坂下町字北中甲(ここ(グーグル・マップ・データ))に同名の浄土宗の寺院はあるが、ここかどうかは定かでない。

「秀山」不詳。

「うち込(こむ)」賭け物として賭博場へ持ち込んでしまう始末であった。

「藥師堂」刑場藥師堂の人魂子細検証。是非、そちらを参照されたい。]

« 芥川龍之介 手帳7 (3) 共同便所にされた大明永樂年鑄の鐘・十刹海・永安寺・九壇 | トップページ | 進化論講話 丘淺次郎 藪野直史附注 第七章 生存競爭(5) 五 生物相互の複雜な關係 / 第七章 生存競爭~了 »