フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柴田宵曲 俳諧博物誌(24) 狼  三 / 狼~了 | トップページ | 老媼茶話巻之六 狼 »

2017/12/11

老媼茶話巻之六 山中の鬼女

 

     山中の鬼女

 

 信濃より都へのぼりける旅人、木曾路にて道にふみまよい、爰(ここ)かしこと、さまよひ、或山中に壱家(や)を見付(みつけ)、悦(よろこび)て立寄(たちよ)り、宿をかりけるに、五十斗(ばかり)の女、立出(たちいで)て、宿を貸(かし)ける。

 外に人もなく、かの女斗(ばかり)、いろりの側(そば)に、何やらん、なべに取り入れ、火を焚居(たきゐ)たり。なべより、

「ぐつぐつ。」

と煮上りける香(ニホイノ)、頻(シキ)りに、うまくにほひけるを、旅人、申樣(まうすやう)、

「我、山深く道にまよい、野くれ山くれ、道すがら、人家なかりしかば、甚だ、餓(ウヘ)に望みたり。侘(わび)しきものにても、くるしからず。何ぞ、食事をあたへ玉へ。」

 女、聞(きき)て、笑(わらひ)て答(こたへ)ず。

 旅人、重(かさね)て、

「鍋に、かしき玉ふ物は、何にて侍るぞ。それを少し、ほどこし給へかし。」

といふ。

 女、聞て、

「是は、魔ゑんの食物(くひもの)也。我(わが)夫、遠くへ行(ゆき)て押付(おつつけ)、歸り來(きた)るべし。其(その)てんしんを儲置(マウケおく)なり。人の喰(くふ)べき物にて、なし。」

と云(いふ)。

 女のつらつきをみるに、先(さき)みし面影とはこと替り、眼(まなこ)、大きく光り、口、耳もとへ切(きり)のぼり、さも、すざましき鬼女となれり。

 旅人、是を見るに、鍋にて煮るものは、皆、人の首・手足なり。

 旅人、覺へず、表へ飛出(とびいで)、息を限りに逃(にげ)はしる。

 鬼女も續(つづき)て飛出、

「おのれ、何方(いづかた)へやるべき。」

とて、山の覆ひかゝるごとく、透(すき)もなく、追懸(おひかく)る。

 旅人、今はせんかたなく、或(ある)辻堂走り込(こみ)、内陣入(いり)、御佛のうしろへ、

「助け玉へ。」

とて、隱れ臥(フ)す。

 女、續(つづき)て追(おひ)たり。

 爰(ここ)かしこ、尋(たづね)めぐりけるが、旅人を見出(みいだ)さず。

 さも、おそろしき聲を上(あげ)、

「取逃(とりにが)しける口おしさよ。」

と訇(ののし)りながら、風のふくよふに、出(いで)さりけり。

 旅人、からき命をたすかり、ほふほふ、都へ登りける。

 

[やぶちゃん注:「一(ひと)つ家(や)の鬼婆」(浅茅ヶ原(あさぢがはら)の鬼婆)の山深い木曾版で、あれは人気なく淋しい原とは言えど、現在の東京都台東区花川戸がロケーションであるのに対し、これは絶体絶命の深山(みやま)の逃げ場のない場所だけに文字通り、鬼気迫ってくる。しかも、鬼婆の謂う通りであるなら、彼女は独り者ではなくして、「人の首・手足」を煮込んだ「魔ゑん」(「魔緣」)「の食物(くひもの)」を大好物とする「夫」がいると言い、それが直に帰って来るというのだから、たまったもんではない。しかし、あまりに定番にハマり過ぎていて、話柄としてのオリジナルな怪異性は減衰してしまっている。

「ふみまよい」ママ。「踏み迷ひ」。

「野くれ山くれ」小石の多い野道や山道。また、野山で日が暮れてしまうこととも言う。両義ともに含んでいるととってよかろう。

「餓(ウヘ)」ママ。「ウヱ」が正しい。

「侘(わび)しきもの」粗末なもの。

「かしき」「炊ぎ」。「かしき」だと古形。「かしぎ」と読んでもよい。通常は飯を炊(た)くことだが、広く「火にかけて食い物を作る」「煮る」の意もある。

「てんしん」「點心」。ここは簡単な軽い食事の意。

「儲置(まうけおく)なり」調理なして供するために煮込んでいるのじゃて。

「つらつき」「面付き」。

「御佛のうしろへ」「助け玉へ」で、何故か、鬼婆は彼を見出せず、目出度く逃げおおせるというのは、仏力といことになろうが、これまたダメ押しでつまらぬ。]

 

« 柴田宵曲 俳諧博物誌(24) 狼  三 / 狼~了 | トップページ | 老媼茶話巻之六 狼 »