フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之四 19 乘賢の時世、儉素の話 | トップページ | 明恵上人夢記 56 »

2017/12/14

老媼茶話巻之七 牛裂

 

     牛裂

 

 北方(きたかた)に彦惣といふものあり。大惡無道の者也。ばくち・大酒・盜(ぬすみ)を産業(なりはひ)として月日をおくる。

 同所の玉法寺といふ淨土宗の坊主を殺し、金銀・衣服・什物(じふもつ)を盜取(ぬすみとり)、寺に火を付(つけ)、燒(やき)たり。

 彦惣、兩親妻子、有(あり)。

 父、此事をほのかにきゝて、彦惣をよび、大きにいましめ、段々の惡逆をゆび折(をり)かぞへ立て、いゝ聞(きか)せ、

「己れ、此以後、かゝる大惡無道を止間敷(やむまじき)ならば、我(われ)、直(ぢき)に其筋の御役所へ罷出(まかりいで)、汝を極刑におこなふべし。其時、恨むべからず。」

といかりければ、彦惣、物もいわず、飛(とび)かゝり、七拾餘の父がもとゞりをつかみて、うつぶしに引伏(ひきふ)せ、傍に有りける山刀を以て父が天窓(あたま)を切割(きりわり)、うち殺しける。

 近隣へは頓死と僞り、その夜、葬禮、過(すぐ)しける。

 彦惣が舅(せうと)は、善六と云(いひ)て、酒屋にて、内證(ないしやう)、ゆたかにくらしける。彦惣、善六に度々合力(かふりやく)をたのみけるまゝ、もだしがたく、弐度に金子弐百兩見續(みつぎ)けれども、不殘(のこらず)、博奕(ばくち)に打込(うちこみ)、赤裸になりたり。

 依之(これによつて)、舅の善六も彦惣を見かぎり、不通同前になり、出入なし。

 彦惣、是をふかくいきどをり、善六子の善八といふもの、越後新潟へ商ひにゆく折、道にまち受(うけ)、善八を切殺(きりころ)し、金子をうばひとりたり。

 此事、天知る地知るにて、皆人(みなひと)、知りければ、舅善六方へもくわしく聞(きこ)へけり。

 善六、此よしを聞(きき)、大きに驚き、娘かたへもひそかに、

「かく。」

と告(つげ)、

「彦惣方を夜逃(よにげ)にして、子どもつれ立(だち)、歸るべし。彦惣、惡逆、其筋へ訴へ出(いづ)る。」

由、文(ふみ)して申遣(まうしつかは)しけるに、彦惣女房は、夫と違ひ、しうとに至孝(シイカウ)成る者なりしかば、彦惣母、六拾に餘り、立居(たちゐ)不自由成老(おい)の身を、日頃、彦惣、邪見ほういつに當りける。

 母は子の不孝なるをかなしみ、

「身を渕河へ沈めん。」

と、泣(なき)もだへけるを、女ぼう、色々といたはり慰(なぐさめ)、彦惣が、きげんよき折節、樣々泣(なき)くどき、母に不孝、改(あらたむ)べきよし、いけんをいへ共、彦惣、且て用ひざりければ、

「里へ逃歸(んげかへ)るべき。」

と思ひ定(さだめ)けれども、姑にふかく名殘りをおしみ、今日迄も有(あり)けるが、文をみて、

「彌(いよいよ)親もとへ立歸るべき。」

と究(きは)めけれ共、

「我(われ)、此所(ここ)にあらずんば、必(かならず)、母をも父を殺したるごとくに殺害すべし。とやせん、かくやあらまじ。」

と、終夜、獨り淚に沈(しづみ)けるが、猶も、姑に名殘(なごり)をすて兼(かね)、壱日二日とおくりけるうちに、善六がおこせし文を、彦惣、女房の手箱より見出し、大きにはらを立(たて)、其(その)夕(よ)さり、女房と弐人の子を、〆殺(しめころ)しける。

 子とも壱人は女にて拾壱、壱人は男にて七に成(なり)ける。

 彦惣が母、是を見て、

「己(おのれ)には天魔の入替(いれかは)りたるか。」

と、彦惣に取付(とりつき)けるを、

「老ぼれめ、何をするぞ。」

とて、右の足を以(もつて)母の橫腹をしたゝかに、けたりければ、いとゞさへ、風一吹(ひとふき)の老(おい)の身なり、あばら骨、二、三枚、おれければ、則(すなはち)、息絶(きたえ)、空敷(むなしく)成る。

 近所の者共、寄集(よりあつま)り、

「前代未聞の大惡人、このものを取逃しなば、御公儀樣より我等に御祟(たた)り可被成(なさるべし)。」

と、大勢にて彦惣を取(とり)こみければ、彦惣、死に狂ひに脇差を拔(ぬき)、散々、切(きり)ちらしけるを、たゝきふせ、嚴敷(きびしく)いましめ、御代官元へ行(ゆき)ける。

 此折も、五、六人、手を負(おひ)ける。

 彦惣、強く拷問に懸り、前々の惡事、悉くあらわれ、湯河原にて牛裂におこなはれける。

 けんぶつの諸人、不便(ふびん)といふ者なく、にくまぬものは、なかりける。

 

[やぶちゃん注:「牛裂」戦国から江戸初期にかけて行われた死刑法の一つ。ウィキの「によれば、『罪人の両手、両足と』、二頭又は四頭の『ウシの角とを縄でつないだのち、ウシに負わせた柴に火を点け、暴れるウシを』二『方または』四『方に走らせて罪人の身体を引き裂き、死に至らしめる処刑法である』。『美濃の斎藤政利、会津の蒲生秀行などが領内の罪人にこの刑を科した』。『「倭訓栞」に、「堺にて切支丹の咎人を刑せしに一人此刑にあふ云々」とある。家康公御遺訓百箇条第二十一条に、「牛裂、釜煎等の厳刑は将軍家之不及行処也」とある』また「加賀藩刑事記録索引」によれば元和八(一六二二)年、『持筒足軽が「衆道(男色)ノ事ニテ」牛裂きに処された』とあるという(下線太字やぶちゃん)。また、の私の注で引用した中村彰彦氏の「なぜ会津は希代の雄藩になったか 名家老・田中玄宰の挑戦」(二〇一六年PHP研究所刊)によれば、やはり先に示した『会津若松市図書館にある『贈従二位左中将保科正之之事実略』という資料』に、会津で酷虐な処刑法の筆頭にこれを挙げ、『其法、罪人ヲ両牛(二頭の牛)ニ跨(また)ガラシメ、焼松(たいまつ)ヲ両牛ノ間ニ投入ス。牛、驚怒(きょうど)シテ左右ニ開(ひ)ラケ避ク。罪人ノ股即チ裂ク。之(これ)ヲ牛裂(うしざき)ト云フ』とあるのが、この残酷刑の正確事実をよく伝えている

「北方(きたかた)」敢えてかく編者が底本でルビを振るということは、ここまで多くのロケーションが東北である以上、現在の福島県会津地方の北部に位置する喜多方市と考えてよいか。しかし、だとすると、しかし処刑されたという「湯河原」が判らぬ。しかしだ! これって! 「湯川河原」の脱字か「湯川原」だったら、どうよ?! それなら散々、老媼茶話巻之三 藥師堂の人魂で考証した処刑場と一致するんでないかい?! それで、キマりだ!!!

「彦惣」「ひこさう(ひこそう)」と読んでおく。

「玉法寺」不詳。

「内證(ないしやう)」暮らし向き。経済状況。

「弐度に」二度に亙って。

「金子弐百兩」二度、合わせて、であろう。

「見續(みつぎ)けれども」「貢けれども」。

「不通同前」音信不通同様。

「至孝(シイカウ)」原典ルビはママ。

「とやせん、かくやあらまじ」「どうしましょう……幾らなんでも、(母を殺すという)そこまで非道なことをなすことはないかしら……」。

「おこせし文」「遣(おこ)せし・「致(おこ)せし」で、「先方からこちらへ送って寄越した手紙」。

「夕(よ)さり」夜。]

« 甲子夜話卷之四 19 乘賢の時世、儉素の話 | トップページ | 明恵上人夢記 56 »