フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 老媼茶話巻之七 八天幻術 | トップページ | 老媼茶話巻之七 沼澤の怪 »

2017/12/24

老媼茶話巻之七 因果卽報

 

     因果卽報

 

 北方(きたかた)に丹六といふ者、板をせおひて七日町(なぬかまち)の材木屋賣(うり)に行(ゆく)折(をり)、森臺(もりだい)村の西十里、柳といふ處にて、座頭壱人、ものを尋(たづぬ)る風情にて、爰(ここ)かしこ、さぐり𢌞る。

 丹六、立歸(たちかへ)り、

「座頭の坊、何を尋(たづね)玉ふ。」

と云(いふ)。座頭、聞(きき)て、

「すこし落物(おとしもの)致したるが、ちいさきもの。」

といふ。

「盲人にて尋(たづね)わびたり。」

といふ。

「何をおとし玉ふ。其品をいゝ給へ。ともに尋まひらせん。」

といふ。

 座頭の曰、

「年月心を盡し、朝(アシタ)夕ベ、乞食(コジキ)𢌞(まは)り、金(きん)三分、ため申(まうし)候、そのかねを落したり。此金は姉を大町に質物奉公(しちもつぼうこう)に出(いだ)し置(おき)たり、其返金の懸(かか)りにて候。たづね給はれ。」

といふ。

 丹六、そこら見𢌞せば、げにも、紙につゝみ、金三分、有。

 丹六、ひそかに是を隱し、

「何程(なにほど)尋ても、見へ申さぬは、落しはし玉はじ。ちいさきものなれば、袂(たもと)のあひだか、又は置所(おきどころ)わすれはし給わぬか。よくよく、帶をとき、衣裳をふるひ、心をしづめて、尋(たづね)玉へ。」

とて、丹六はわかれたり。

 座頭は、終日、たづねさがせども、求得(もとめえ)ず。

 血の淚を流しながら、なくなく家へ立歸りぬ。

 丹六は、板も直段(ねだん)克(よく)賣(うり)、金はひろう、甚(はなはだ)悦び、七日町酒屋にて、酒をしたたかのみ醉(ゑひ)て、千鳥足にて歸りけるが、藥師河原を過(すぎ)て、殊の外、ねふく成(なり)ける間、かたはらの木陰に暫くねふりいたりけるに、烏弐疋、飛來(とびきた)り、丹六が眠れる枕元に近寄(ちかより)、弐の眼(まなこ)をぬひて空へ飛(とぶ)。

 丹六、おどろきをき上りけるが、十方にくれて、東西を辨(わきま)へず、人のおとするかたに向ひ、大聲を上(あげ)て、

「道行(みちゆく)人、來りてわれを助玉へ。酒に醉伏(ゑひふ)て眠(ねふ)る内に兩眼(りやうがん)をからすにぬかれ、十方にくれ候。」

といふて、聲を上(あげ)て、なく。

 同村のもの、通り懸り、漸(やうやう)に介抱して丹六をつれ歸りぬ。

 知る人、皆、いわく、

「盲人の目をぬき、金をぬすみし、因果也。」

 皆々、にくみける、とかや。

 

[やぶちゃん注:典型的因果応報譚ではあるものの、鴉に両眼を抉られた後の丹六の描写がリアルでなく、ホラーとしては後半の減衰がひどく、失敗である。

「北方(きたかた)」現在の福島県喜多方市のこと。

「七日町(なぬかまち)」福島県会津若松市七日町。(グーグル・マップ・データ)。

「森臺(もりだい)村」福島県会津若松市高野町大字柳川森台。ここ(グーグル・マップ・データ)。

「柳」不詳。「西十里」というのはちょっと不審な長距離である。現行では新潟県東蒲原郡阿賀町辺りか、南西の福島県大沼郡金山町まで行ってしまう。行くにも帰るにも、凡そ通るべき場所ではない。里程数か方位に誤りが疑われる

「質物奉公(しちもつぼうこう)」小学館「日本大百科全書」より引く。『貸し金の担保に子女を差し出させて働かせる奉公契約。借銭の返済期限まで「人質」として働かせるが、その間の労働は無償で、それが利息に見合う形になる。そして期限がきても』、『借銭未済の場合は「質流れ」になって』、『まったくの「下人」身分になる。しかしその後、借銭を返済すれば』、『「請け戻し」できる約束の形が近世初期以後は通例になった。こうした質物奉公は人身の「年季売り」、つまり身代金(みのしろきん)を返済すれば』、『身柄が引き取れる「本金返し」の奉公と』、『実質的には』、『まったく変わらない。そしてこの二つの奉公形態は並行して広くみられもした。人身の永代売買は近世初頭以後』、『厳禁されたが、年季を限っての「身売り」や「質物」としての人身提供は許容されたので、こうした形が広く残り、「身売り奉公」「人質奉公」ともよばれた。やがて奉公中の労働に対価が生じて「居消質(いげししち)」の形に移行し、人質の労働で本利の返済にあてることになる。そこには、人質奉公中の給金と本金利子の総額を計算し、不足分を返済して請け戻す形と、奉公中の労働で元利金の全部を消却する形とがあって、むしろ後者の形が多くなっていく。そしてこれと給金前借方式の年季奉公とは実質上』、『大差なく、しだいに年季切りの「前借奉公」が一般化するが、なお』、『この形も「身売り奉公」「質奉公」と広くよばれていた、とある。

「其返金の懸(かか)り」その「請け戻し」のための返金に当てるもの、の意。]

« 老媼茶話巻之七 八天幻術 | トップページ | 老媼茶話巻之七 沼澤の怪 »