フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 老媼茶話巻之七 因果卽報 | トップページ | 老媼茶話巻之七 夢の告 »

2017/12/24

老媼茶話巻之七 沼澤の怪

 

     沼澤の怪

 

 會津金山谷(かなやまだに)沼澤の沼とて大沼有り。そこの深さはかるべらず。

「此沼に沼御前とて、主(ぬし)、有る。」

と云傳(いひつた)へり。

 正德三年五月、金山谷三右衞門といふ獵師、此沼へ曉(あかつき)かけて鴨打(かもうち)にまかりけるに、向ふ岸に、二十斗(はたちばかり)の女、腰より下、ひたり、鐵漿(カネ)つけて居たり。

 よくよく見るに、その髮の長さ、弐丈斗(ばかり)有り。

「いかさま、不思義のものよ。」

と思ひ、弐玉、鐵砲込(こめ)、ねらひすまし、打(うつ)に、女の胸板を、後ろへ打(うち)ぬくとひとしく、女、沼へ倒れ入(いり)たり。

 女、沼へ沈み、忽(たちまち)、水底、大雷電のごとくに鳴(なり)はためき、水波(すいは)、あらく、岸を洗ひ、雲、くらく成(なり)、さしもの、大沼、虛空にわきあがり、湯玉(ゆだま)飛(とび)ちり、湯煙(ゆけむり)、天地をおゝひ、まつくらになる。

 三右衞門、大きに驚(おどろき)、いそぎ、わが家(や)へ逃歸(にげかへ)るとひとしく、大雷・大風・大雨、三日三夜の間、不止(やまず)、金山谷、眞闇に成(なり)たり。

 諸人、大きに驚き、

「是、只事にあらず。」

と恐(おそれ)おのゝく。

 其後、雨やみて後、三右衞門身の上にも何事なかりし、といへり。

 

[やぶちゃん注:沼が沸騰する辺りは強烈!

「沼澤」「會津金山谷」現在の福島県大沼郡金山町附近。ここ(グーグル・マップ・データ)「沼沢沼」も現存が確認出来る。

「正德三年五月」一七一三年の五月下旬から六月下旬相当。

「ひたり」「浸り」。腰から下は沼に浸っていたのである。

「鐵漿(カネ)」お歯黒。

「弐丈斗」六メートル余り。]

« 老媼茶話巻之七 因果卽報 | トップページ | 老媼茶話巻之七 夢の告 »