フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介 手帳7 (12) 紫禁城(Ⅲ) 諸画(続き) | トップページ | 芥川龍之介 手帳7 (14) 北京逍遙 (京師第二監獄(推定)) »

2018/01/08

芥川龍之介 手帳7 (13) 紫禁城(Ⅳ) 浴德堂

 

○浴德堂 煥章殿の奧 黃瓦 赤柱 白大理石 臺の上に銅爐 鉢の柘榴 浴德堂(藍へ金) 雕梁 堂は石階の上 浴室は白煉瓦 天井穹窿 天井頂は硝子 後に井戸 大理椽 花園 葡萄棚 兵士(カーキ)

[やぶちゃん注:「浴德堂 煥章殿」紫禁城の西南ブロックの、武英殿(明朝を滅ぼした李自成が即位した場所。また、清朝の順治帝の摂政ドルゴンが首都を盛京から北京へ遷都する詔書を発布したところで、明代には紫禁城を居城とした明朝歴代皇帝の斎戒や大臣接見の場となり、清代には御用絵師のアトリエとなった)を中心とした地区に立つ二つの建物。「浴徳堂」は浴室(湯浴び場かサウナかも不詳)であるが、現在でも謎めいた建物であるようだ。『人民中国』の歴史学者阿南・ヴァージニア・史代氏の「木と石と水が語る北京」の知られざる紫禁城の浴堂(日本語)を読まれたい。

「雕梁」「梁」に彫琢が施されていることを言っていよう。

「大理椽」「椽」は通常は垂木を指すが、芥川龍之介はこの字を「緣」(縁側)の意で専ら用いるから、ここは大理石で出来た張り出しのテラスのことではなかろうか。]

« 芥川龍之介 手帳7 (12) 紫禁城(Ⅲ) 諸画(続き) | トップページ | 芥川龍之介 手帳7 (14) 北京逍遙 (京師第二監獄(推定)) »