フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介 手帳8 (11) 《8-11》 | トップページ | 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 隱れ里 三 »

2018/01/15

芥川龍之介 手帳8 (12) 《8-12》

 

《8-12》

Bear 戰場ケ原 馬鈴薯一袋 友だちねがへりぶつかる故 肘にてつく 木樵にきく 曰盜なし 熊なり

[やぶちゃん注:「戰場ケ原」栃木県日光市の日光国立公園内にある高層湿原である戦場ヶ原か。ウィキの「戦場ヶ原」によれば、標高は約千三百九十メートルから千四百メートルで、広さは四百ヘクタールに及ぶ。『戦場ヶ原という地名は、山の神がこの湿原を舞台に争いを繰り広げたという伝説に由来している』とある。

「盜なし 熊なり」それは、その友人が寝返りを打ったのでも、「盗人(ぬすっと)が何かしようとしたのでもなく、熊じゃ。」の謂いか。]

 

Gon Seaside 磯臭きCemetery Ghost 出る 兵士上り行く 女あり 船長の死せし後その船長を知りし淫賣來りて徘徊するなり

[やぶちゃん注:「Gon Seaside不詳。大文字でなければ、岩礁性海岸で岩場が角張っているところ、という意味でとれるが、孰れも大文字であるから、固有名詞である。]

 

Curious tale

 夫婦にて(旗本)吉原へゆき遊び面白くなり財産を蕩盡す つひに子供二人をさし殺し 亭主の血を見ておそれ走る 途中亭主に肩を切らる 亭主死す 後妻は再緣す 娘四人 その娘の一人なり 伜一人 川村淸雄

[やぶちゃん注:Curious tale」奇妙な話。

「川村淸雄」(嘉永五(一八五二)年~昭和九(一九三四)年)は洋画家。ウィキの「川村清雄」によれば、近代日本絵画が洋画と日本画に分かれていく最中にあって、両者を折衷し、ヴェネツィアなどで学んだ堅実な油画技術をもって、日本画的な画題や表現で和風の油画を描く独特の画風を示した。江戸麹町表二番町で『御庭番の家系で御徒頭を勤める川村帰元修正の長男として生まれ』たとあり、以下、小学館の「日本大百科全書」によると、幼少の頃に住吉内記に入門、次いで大坂で田能村直入(たのむらちょくにゅう)に師事して、南画を学んだ。江戸に戻って、明治元(一八六八)年頃から開成所で川上冬崖に洋画を習った。明治四(一八七一)年に政治・法律の研究を目的として渡米したが、洋画に転じ、フランスからイタリアへ行き、ベネチア美術学校に学んだ。明治一四(一八八一)年に帰国してからは、大蔵省印刷局に勤めた後、画塾を開き、「明治美術会」の創立に参加して会員となって同志とともに「巴(ともえ)会」を結成したが、その作風は次第に日本趣味に傾いていった、とある。]

« 芥川龍之介 手帳8 (11) 《8-11》 | トップページ | 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 隱れ里 三 »