フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 隱れ里 三 | トップページ | 芥川龍之介畏友井川恭著「翡翠記」(芥川龍之介「日記より」含む) 「六」 »

2018/01/15

柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 隱れ里 四

 

     

 

 古墳では説明のつかぬ實例は決して是のみでは無い。ある府縣ではすでに水の底からも膳椀を借りていたのである。これも椀貸淵と云ふ名は普通は用いぬが、越中でも蓑谷山の絶頂にある繩池一名家具借の池には同じ話があつた。この池の神は靈蛇であつて、每年七月十五日には美女と化して池の上に出て遊ぶ。ある時貧しき民あつて人を招くに器のないことを歎いて居ると、忽然として朱椀十人前水の上に浮び出た。それ以後村人はこれに倣うて入用の度每に就いて借りることを例として居た處、遙か後世になつてある尼三人前の器を借りて十日も返さず、終に中盆二つを損じて不足のまゝ返したので、池水鳴動して大雨氾濫し、尼は居(いへ)覆へり命を損し、此不思議も亦止んだとある。尼が神罰を受けたというのは立山又は白山の登宇呂の姥の話と同系統の古傳であつて、面白い來歷のある事であるが、枝葉にわたるから玆には略しておく。

[やぶちゃん注:「繩池」(なはがいけ(なわがいけ))は現行では「縄ケ池」と表記し、現在の富山県南砺(なんと)市北野(きたの)蓑谷入会(みのたにいりあい)に位置する(ここは旧南砺波(となみ)郡城端町(じょうはなまち)の内であった)。ミズバショウ群生地として知られる。ここ(グーグル・マップ・データ)。私は高校一年の春に生物部(同年年末より演劇部を兼部)の遠出で一度行ったことがある。ここの龍(蛇)女伝説はサイト「龍学」のこちらに詳しい。それによれば、かの藤原俵藤太秀郷絡みで、しかも伝承の一つは彼自身が蛇の母が生んだ子であるという驚くべき内容を持つ。椀貸なんぞより遙かに面白い。必読。

「登宇呂の姥」「とうろのうば」。「止宇呂の尼」とも。禁制を犯して立ち入ろうとした女性が石と化した老女化石譚で、類型が名も酷似して「大峰の都藍尼(とらんに)」「白山の融(とおる)の姥」として伝承されている。]

 

 次に武藏の椀箱沼と云ふのは、今の埼玉縣比企郡北吉見村大字一ツ木の中程にある沼で、形の細長い爲か一名を宮川とも呼んで居た。これも昔は農家來客の時に、椀具の借用望み次第であつたが、爰では必ず請求の旨を書面に認めて沼の中に投げ込むことになつて居たのが、他の地方の話と異なつた點である。山梨縣では南都留郡東桂村の鹿留川に同じやうな話がある。その地を御南淵(おなんぶち)と云ふのは多分もとは女淵であろう。村民必要に臨み膳椀何人前と書いてこれを附近の岩の上に置き、お賴み申しますといつて歸ると、翌朝は其數だけの品がちやんと河原に列べてある、返す時にも同じ場所に持つて行つて置けばよいのである。或時村民某面白半分に一人前だけ殘して返すと、それ以後はどう賴んでも決して貸さぬやうになつた。但し其膳は今でも寶物にして持ち傳へて居ると云ふことである。同縣西八代郡鴨狩津向村の廣前寺の藪の中にある洞穴は、水邊では無いがやはり龍宮に通ずと云ふことで、亦村民に道具を貸して居た。是も望みの品と數とを紙に書いて穴の口に入れるのであつた。群馬縣では榛名の南の室田の長念寺の底無し井戸、是も龍宮まで拔けて居て寺の振舞の日には膳椀を貸した。入用を手紙に書いて前日に井中に落して置くと、其品々が夜の中に井の傍まで出してあつた。寺も井戸も現存しては居るが、やはり亦貸主を怒らせて夙に其慣例は絶えたと云ふ。

[やぶちゃん注:「椀箱沼」「埼玉縣比企郡北吉見村大字一ツ木」「宮川」恐らくは埼玉県比企郡吉見町一ツ木のこの東西に膨らんだ河川風の部分か(グーグル・マップ・データ)。国土地理院図を見ると、東の細くなった南側に神社があることが判る。それで「宮川」なのかも知れぬ。

「認めて」「したためて」。

「山梨縣」「南都留郡東桂村の鹿留川」「御南淵(おなんぶち)」現在の山梨県都留市鹿留(ししどめ)のここ(グーグル・マップ・データ)。山梨日日新聞社・YBS山梨放送の「冨士NET」の「おな淵」を参照されたい。それによれば、淵の水深は約⁵メートルで、高さ約六メートルの滝もがある(リンク先に写真有り)。そこには『伝説によると、この淵近くの長者の家に奉公していた「おなん」という娘がお膳(ぜん)を壊し、淵に身を投げた。その後、村で人寄せがあるときなどの前日、紙に「お膳を十膳お貸しください」と書いて淵に浮かべておくと、翌朝お膳が浮かんでいた。ある時、借りたお膳を』五『膳しか返さなかったので、その後は貸してくれなくなったという。借りたとされるお膳が豊鏡寺(夏狩)に』一『膳残る』とあり、「膳は今でも寶物にして持ち傳へて居る」というのと一致する。また、柳田國男の「おなん」=「女」の短絡説とは伝承は違う(この短絡、柳田らしくないじゃないか!)。豊鏡寺は不詳であるが、「おなん淵」から西南西八百五十メートルほどの、都留市桂町(ここ(グーグル・マップ・データ))に曹洞宗の寶鏡寺があり、夏狩はその北直近の地名であるから、この寺の誤りではないかと思われる(夏狩地区には豊鏡寺という寺はないようであるから)。この一膳、機会があれば見てみたい気がする。

「同縣西八代郡鴨狩津向村の廣前寺」原座の山梨県西八代(にしやつしろ)郡市川三郷町(いちかわみさとちょう)鴨狩津向(かもがりつむぎ)にある、曹洞宗の高前寺の誤りであろう。ここ(グーグル・マップ・データ)。サイト「龍学」のこちらに『西八代郡六郷町』(合併前の旧町名)『鴨狩津向の高前寺の下の洞穴は、ウボ穴といい、人寄りがあって多数の膳椀が必要の時、淵か川に行って頼むと、翌朝それだけの数が岸の岩の上においてある。用済の器具はよく洗ってお礼を言って岩に置くといつのまにかしまわれる。しかし、心のよくない者が返すときにその数をごまかしたり、壊して返したのでそれからは頼んでも貸さなくなったという。ここで貸してくれる器は竜宮皿といわれて竜宮がかしてくれるものだといわれた』とある。

「榛名の南の室田の長念寺」群馬県高崎市下室田町の長年寺の誤りと思われるここ(グーグル・マップ・データ)。この寺には「底無し井戸」はないが、榛名湖に繋がる或いは龍神が棲むとする井戸がある。個人ブログ「Tigerdreamの上州まったり紀行」の「木部姫伝説の井戸 -長年寺 その2-」を参照されたい。室田に別の「長念寺」があって「底無し井戸」もあるというのであれば、御教授願いたい。]

 

 近頃迄の學者には、此樣な變則の例を提出すると、それは訛傳だ眞似損ひだと、自分の説に都合の好い分だけを正の物としたがる物騷な癖が有つたが、鳥居氏は我々同樣に新しい人だから、必ずもつと穩健な解答をせられるに相異ない。然らば右に列擧するが如き所謂椀貸傳説は果して如何なる方面から、日本の無言貿易土俗を説明するのであらうか。無言貿易の問題に付ては、自分は只グリイルソンの無言貿易論一册を讀んで見たゞけであるから深い事は知らぬが、何でも山野曠原を隔てゝ鄰り住む二種の民族が、互に相手と接觸することを好まず、交易に供したいと思ふ品物のみを一定の地に留めて置いて、迭る迭る出て來ては望みの交換品を持還る風習を言ふのである。日本で人無し商ひなどゝ稱して、主の番をせぬ店商ひは、十年前までは確に土佐の遍路筋などにあつた。鳥居氏は是も亦無言貿易であるやうに説かれたが、其ではあまりに定義が廣くなりはせぬか。土佐で自分等の目撃したのは路傍に草鞋とか餅、果物の類を臺の上に列べ、脇に棒を立てゝ錢筒を吊し、其下には三文または五文の錢の畫が描いてあつた。中央部の如く街道の茶店が發達せず、僅かの小賣のために人の手を掛けては居られず、幸ひ相手が貧人ながら信心の爲の旅行者であれば、其正直を賴りに右の如き人無し商ひをした迄で、本式の無言貿易とは根本の動機が違ふやうに思ふ。

[やぶちゃん注:「近頃迄の學者には」「自分の説に都合の好い分だけを正の物としたがる物騷な癖が有つた」柳田國男先生、そのまま、あなたに鏡返し致します

「鳥居氏」「一」の冒頭に出した鳥居龍蔵を指す。

「グリイルソンの無言貿易論」イギリスの法律家で人類学者でもあったフィリップ・ジェイムズ・ハミルトン・グリァスン(Philip James Hamilton Grierson 一八五一年~一九二七年)が一九〇三年に刊行したThe Silent Trade(「沈黙交易」)。「一」の私の「無言貿易」の引用注も参照されたい。

「迭る迭る」「かはるがはる」。「迭」(音「テツ」。「交替に」の意。現代では「更迭」でしかお目にかからない)で「送」ではないので注意。

「主の番をせぬ店商ひは、十年前までは確に土佐の遍路筋などにあつた」あの……僕の地域やその周囲の農家では、沢山、今もやってんですけど……。

「本式の無言貿易とは根本の動機が違ふやうに思ふ」これは確かに柳田國男先生に激しく同感する。]

 

« 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 隱れ里 三 | トップページ | 芥川龍之介畏友井川恭著「翡翠記」(芥川龍之介「日記より」含む) 「六」 »