フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介 手帳7 (19) 明十三陵 | トップページ | 芥川龍之介 手帳7 (21) 「洛陽へゆく汽車は……」 »

2018/01/08

芥川龍之介 手帳7 (20) 万里の長城・張家口

 

○轎を下り川を渡る 路は石磊々 居庸關 民家の土壁 石のアアチの浮彫を半かくす(象にのれる人) 支那同行二人 〇五柱頭山洞(隧道)の右に彈琴峽 藻の花あり 岩上に廟 栗鼠 蜥蜴 「請勿揳折」の札 門に「居庸外關」の字あり 子供の荷もち バツタ 虫聲 松葉 百合ノ花 花なきヒアフギ 燕 山はgreen and brown. Wallgrey. 瓦かけ狼籍 ○Edelweisz (Edelwise) みゆき草 Alpenヘ登る人が持ち歸る草 ○山に石灰にて白き線をひきあるは造林の爲なり

[やぶちゃん注:「居庸關」(きょようかん)は北京市昌平区にある「万里の長城」上に設けられた関所兼要塞。「天下第一雄関」とも呼ばれ、難攻不落の九塞に数えられた。北京市街から北西約五十キロメートルの、八達嶺長城へ向かう途中の峡谷にある。(グーグル・マップ・データ)。

「五柱頭山洞」「彈琴峽」居庸関の西北八・五キロメートルほどの位置にある、北京市延慶県の「八達嶺長城」附近の長城の景勝名。「彈琴峽」は峡谷で、そこを流れる川の音が琴を弾くようである、と伝えられたことからの美称。

Edelweisz (Edelwise)」ドイツ語表記は正しくは“Edelweiß”。中国産はキク亜綱キク目キク科ウスユキソウ属(中文分類名・菊目菊科火絨草屬)Leontopodium sp. で、エーデルワイス(ウスユキソウ)Leontopodium alpinumの亜種と思われる。

「請勿揳折」「請勿」は「~しないで下さい」という禁止の丁寧な言い回し。「揳折」はよく判らぬが「揳」は「叩く・打つ」の意味だから、以下の、木製の門扉が老朽化しているため、「打ったり叩いたりしないで下さい」というのであろうか?

brown」褐色。

Wall」この場合は「万里の長城」の「城壁」の意であろう。

「ヒアフギ「単子葉植物綱キジカクシ目アヤメ科アヤメ属ヒオウギ(檜扇)Iris domestica。「Alpen」アルペン(ドイツ語)。英語の「Alps」(アルプス」)に当たる。]

 

○張家Kalgan. 車の右に陰山山脈見ゆ 山頂低し 西洋人福音書をくばる 蒙古の天晴れ 支那の天黑し 豪雨すぎし後と見えて路川の如し 柳 風強し 馬

[やぶちゃん注:「Kalgan」カルガンは「Zhangjiakou(張家口)の旧称。ウィキの「張家口市」によれば、河北省北西部に位置して内モンゴル自治区と境界を接する現在の張家口市は、『古くはモンゴル語で万里の長城の「門」をあらわすハルhālga またはカルガ kālga(その元の形はkaghalga)から、カルガン(Kalgan)の名でも知られていた。『北京の北門』とも呼ばれ』る。ここ(グーグル・マップ・データ)。

「陰山山脈」中国北部の内モンゴル自治区(一部は河北省)にある山脈。ウィキの「陰山山脈によれば、『黄河屈曲部北端の北側に、黄河に沿って東西に走る。南側に急峻な断層崖があり北斜面は緩い傾動地塊である。北側はゴビ砂漠に続く山脈でハンギン後旗狼山から始まり、東西』千二百キロメートル、南北の幅は五十から百キロメートルに及ぶ。山脈の平均標高は千五百~二千三百メートル。『最高峰は、狼山西部にある呼和巴什格』(フーへバシゲ)山で標高二千三百六十四メートル。]

« 芥川龍之介 手帳7 (19) 明十三陵 | トップページ | 芥川龍之介 手帳7 (21) 「洛陽へゆく汽車は……」 »