フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 隱れ里 一三 | トップページ | 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 隱れ里 一五 / 隱れ里~了 »

2018/02/23

柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 隱れ里 一四

 

     一四

 

 伊勢の龜山の隣村阿野田の椀久塚は、また一箇の椀貸塚であつて、貞享年中までこの事があつたと傳へて居る。土地の口碑では塚の名の起りは椀屋久右衞門或は久兵衞と云ふ椀屋から出たと云ふ。この椀久は大阪の椀久のごとく、ある時代の長者であつたらしく、數多の牛を飼ひ品物を送り五穀を運ぶ爲に、險岨の山路を道普請して牛の往來に便にしたと云ひ、今も牛おろし坂と云ふ地名が遺つて居る。椀久は農家ながら多くの職工を扶持して椀盆の類を造らせ、これを三都諸州へ送つて利を收めた。其家斷絶の後舊地なればとてその跡に塚を築きこれを椀久塚と名づけた。村民の客來などの爲に膳椀を借らんとする者は、やはり前日にこの塚へ來てこれを祈つたと云ふ事である。さて此話を解釋するためには、最初に先づ塗物師が器を乾かすために土室を要した事を考へねばならぬ。[やぶちゃん注:←ここは底本では読点であるが、特異的に訂した。]次には木地師の本國が近江の愛知郡東小椋村であつたことを注意する必要がある。龜山在から山坂を越えて行くと云へば行先は近江南部の山村である。而して東小椋村の中君ケ畑と蛭谷との二大字は、數百年以前から今日まで引き續いての木地屋村で、其住民は中世材料の缺乏して後、爭うて郷里を出で、二十年三十年の間諸國の山中を巡歴し、到る處において轆轤の仕事をしたことは人の略知る所である。諸國の木地屋は其故に今でも大多數は小椋或は大倉等の苗字をもつて居る。日本全國大抵分布せぬ地方は無い中にも、伊勢は山續きで最も行き易かつたらしく、南伊勢から紀州へかけて小椋氏の在住して木地を業とする者今も多く、色々の古文書の寫しを傳へ藏し、同族のみで山奧の部落を作る爲に、尚若干の異なる習俗を保持して居るらしい。自分は六七年前の文章世界に木地屋の話を書いたことがある。近日又少しばかりの研究を發表したいと思つて居る。近江の檜物莊の成立ち、及び中世盛んであつた日野椀、日野折敷の生産と關係があるかと思ふが、いまだ確かな證據を發見せぬ。

[やぶちゃん注:かの幻想作家澁澤龍彦の最期の机上にあったメモは木地師についてのものであった。柳田國男のインキ臭いそれらより、シブサワの書かれなかった次回作を私は切に渇仰するものである。

「阿野田の椀久塚」既出既注だが、最後に近くなったので再掲しておく。現在の三重県亀山市阿野田町(ここ(グーグル・マップ・データ))の内。三重県公式サイト内の「椀久塚」に、その伝承譚が書かれてある。

「大阪の椀久」(生没年未詳であるが、没年は延宝四(一六七六)年七月三十一日(菩提寺円徳寺過去帳に拠る)の他、翌延宝五年とも、さらに後の貞享元(一六八四)年の諸説がある)は江戸前期の実在した商人。大坂堺筋の富商で椀や皿を商った。大坂新町の傾城松山と深い仲になり、豪遊の末、発狂して水死したともいう。西沢一鳳の「伝奇作書」では、盆には正月遊びと称し、自ら年男に扮して、豆の代わりに一歩金を座敷から座敷へ撒いて歩くなどの放蕩を繰り返したため、座敷牢に押し込められて、狂死したという井原西鶴はこの稀代の放蕩者をモデルに浮世草子「椀久一世の物語」を書き、浄瑠璃・舞踊の素材としても好まれ、数多くの作品に作られた。紀海音作浄瑠璃「椀久末松山」や長唄「其面影二人椀久」が知られる。

「土室」「つちむろ」と読む。土で周囲を塗り固めて作ったムロ、或いは穴倉状に土中に掘り固めて作った保湿された特殊なムロを指す。漆は湿度が高いほど乾き易いという特殊な性質を持つ(気温が摂氏二十五度以上で、しかも湿度八十%以上であることを硬化の条件とする)。因みに、完成した漆器も適度の湿度を与えておかないと状態よく保存出来ない。

「近江の愛知郡東小椋村」滋賀県の旧愛知(えち)郡東小椋村(ひがしおぐらむら)は、現在の東近江市の愛知川上流右岸、この附近(グーグル・マップ・データ)。柳田國男の謂いは、地図を下げて行くと納得出来る。また「木地師の本國が」ここであったことは、まさにこの地に惟喬親王御陵があることからも判る(グーグル・マップ・データ)。ウィキの「木地師」によれば、九『世紀に近江国蛭谷(現:滋賀県東近江市)で隠棲していた』文徳天皇の第一皇子『小野宮惟喬親王が、周辺の杣人に木工技術を伝授したところから始まり、日本各地に伝わったと言う伝説がある』のである。また、実際、この『蛭谷、君ヶ畑近辺の社寺に残っていた『氏子狩帳』などの資料から木地師の調査、研究が進んだ』。『木地師は惟喬親王の家来、太政大臣小椋秀実の子孫を称し、諸国の山に入り』、『山の』七『合目より上の木材を自由に伐採できる権利を保証する』、『とされる「朱雀天皇の綸旨」の写しを所持し、山中を移動して生活する集団だった。実際にはこの綸旨は偽文書と見られているが、こうした偽文書をもつ職業集団は珍しくなかった』。『綸旨の写しは特に特権を保証するわけでもないが、前例に従って世人や時の支配者に扱われることで』、『時とともに』その「お墨付き」なるものが『実効性を持ち、木地師が定住する場合にも有利に働いた』のであった。『木地師は木地物素材が豊富に取れる場所を転々としながら』、『木地挽きをし、里の人や漆掻き、塗師と交易をして生計を立てていた。中には移動生活をやめ集落を作り』、『焼畑耕作と木地挽きで生計を立てる人々もいた。そうした集落は移動する木地師達の拠点ともなった。 幕末には木地師は東北から宮崎までの範囲に』七千戸ほどもいたと『言われ、 明治中期までは美濃を中心に』、『全国各地で木地師達が良質な材木を求めて』、二十年から三十年の単位で『山中を移住していたという』。また、『石川県加賀市山中温泉真砂(まなご)地区』『は惟喬親王を奉じる平家の落人の村落と伝わり、時代を経て何通かの御綸旨で森林の伐採を許された主に木地師達の小村落であったり、山中漆器の源とされる。朝倉氏の庇護もあったが』、天正元(一五七三)年八月の、織田信長と朝倉義景の間で行なわれた「一乗谷城の戦い」『以降は庇護も無くなり』、『一部の木地師達は新天地を求めて』、『加賀から飛騨や東北地方に散って行ったとされる』とある。

「東小椋村の中君ケ畑と蛭谷との二大字」国土地理院の地図のこちらで、二つの集落地名を現認出来る。

「小椋或は大倉等の苗字をもつて居る」試みにその手の全国の名字分布サイトでランキングを調べると、現在は「小椋」は福島(先の引用の流れて行った東北地方と一致)・岡山・鳥取に多く、次いで岐阜・滋賀である。「大倉」は新潟・岡山、次いで三重・奈良・岐阜などが続くから、柳田の言いは当たらずとも遠からずではある。

「自分は六七年前の文章世界に木地屋の話を書いたことがある」明治四四(一九一一)年一月の『文章世界』に発表した「木地屋物語」。本「隱れ里」の初出は大正七(一九一八)年の『東京日日新聞』。

「近江の檜物莊」檜物荘(ひもののしょう)は近江国甲賀郡(現在の滋賀県湖南市。ここ(グーグル・マップ・データ))にあった荘園。野洲(やす)川流域に位置する、平安期からの摂関家領で、長櫃(ながびつ)・折敷(おしき)・柄杓などの檜製の物品を進納したところから、その名がついたものらしい。

「日野椀」ウィキの「日野椀」によれば、『滋賀県蒲生郡日野町』(ここ(グーグル・マップ・データ)。前の湖南市の東)『とその周辺で生産された漆器』で、『平安時代に日野地域が「檜物庄」と呼ばれていたという記録が残ることから、この時代には既に檜物製造が行われていたと考えられている。』天文二(一五三三)年に『領主蒲生氏が日野城下町の町割を実施し、堅地町(現金英町)・塗師町(現御舎利町)に木地師・塗師を住まわせ』た。天正一八(一五九〇)年に『伊勢松ヶ島へ転封していた蒲生氏郷が会津に移るにあたり、漆器職人を会津に招いたため、日野の漆器製造は一時期衰退する。なお、このため』、『会津塗器は日野塗の技術導入により』、『発展したと考えられている。 元和年間』(一六一五年~一六二三年)、『日野商人の活躍により、日野塗が復興』し、正保二(一六四五)年刊と『考えられている松江重頼の俳諧作法書「毛吹草」にも、近江日野の名物として「五器(ごき)」が挙げられている。その後、日野商人の主力商品が薬に代わったことや』、宝暦六(一七五六)年に発生した『日野大火(市街地の約』八『割を焼失)で打撃を受け徐々に衰微、天保年間』(一八三〇年~一八四三年)『に日野椀の製造は途絶えた』。『初期に生産され今も残存する器は祭器が多く見られ、厚手・高い高台を特徴とする。 安土桃山時代には、千利休らが愛用したという記録が残っている。 江戸時代に庶民使いの漆器として、日野商人による行商で全国へ広まった。 最近の研究によれば、日野椀は日野だけで製造されていたわけではなく、日野商人が全国に点在する木地師や塗師に技術指導をした上で製造委託をし、日野椀ブランドを付けて流通させていた可能性が指摘されている』とある。]

 伊勢にはまた安濃郡曾根村東浦の野中に椀塚と稱する丘があつた。東西十五間南北十間[やぶちゃん注:「十五間」は二十七メートル強、「十間」は約十八メートル。]で頂上に大松があつた。これには椀貸の話はあつたと云はぬが、昔は神宮の御厨(みくりや)の地で、秋葉重俊なる者近江より來たり住し、文曆元年には判官職であつた。其後片田刑部尉重時の時、兵亂に遭つて御厨は退轉した。其時は太刀神鏡輿一連及び庖厨一切の器具を埋めたのが此椀塚であつたと傳へて居る。此言傳へが、椀久系統の人の口から出たことは、僅かながら證據がある。小椋の人々はどうした譯か以前から、あまり歷史には名の見えぬ物々しい人名を引合に出す風があつた。君ケ畑蛭谷の二村に今も大事にしており、諸國の舊い木地屋が必ず一組づゝ傳寫して居る多くの古文書、それから此地の舊記や社寺の緣起類は、持主の眞摯なる態度に敬意を表し、新聞などで批評をすることは見合せる。此村では淸和天皇の御兄皇子小野宮惟喬親王、都より遁れて此山奧に入り、山民に木地挽く業を教へたまふと言ひ傳へ、此宮を祭神とする御社は今も全國木工の祖神であるが、此由緒を述べた仁和五年酉五月六日とある古記錄等には、親王に隨從して此地に落着いたと云ふ人々が、大藏大臣惟仲、小椋大臣實秀などゝ署名して居る。この實秀は太政大臣とも云ひ、今の小椋一統の先祖である。一説には小椋信濃守久良、[やぶちゃん注:←の読点は底本にはないが、読み難いので特異的に打った。]小椋伯耆守光吉、親王より此藝を教へらるゝともある。作州苫田郡阿波村の木地挽が舊記には、奧書に承久二年庚辰九月十三日とあつて、やはり大藏卿雅仲、[やぶちゃん注:←の読点は底本にはないが、読み難いので特異的に打った。]民部卿賴貞等の署名がある。伊勢でも多氣郡の藤小屋村などでは、杓子を生業として惟喬王子倉橋左大臣を伴ひ此地に匿れたまふ時、土人に此業を傳へたまふと言つて居た。右の外北近江でも吉野でも紀州でも飛彈でも、親王の曾て御巡歷なされたことを眉じて居て、あまりとしても不思議に思はれるが、既に明治の三十一年に田中長嶺と云ふ人が小野宮御偉蹟考三卷を著して、全部東小椋村の舊傳を承認し、本居・栗田等の大學者が序文や題辭を與へられた後であるから、自分には誠に話がしにくい。詳しくは右の書に就いて考へられんことを、讀者中の物好きな人に向つて希望する。

[やぶちゃん注:「安濃郡曾根村東浦」既出既注であるが、意図的に再掲する。三重県津市安濃町曽根。(グーグル・マップ・データ)。「椀塚」は確認出来ないが、同地区の北直近の安濃町田端上野には明合(あけあい)古墳(主丘が一辺六十メートルの方墳で北東と南西部に造り出しを持つ全国的に見ても希な形の双方中方墳である)を中心に、周辺に多くの古墳が存在した(一部は消滅)とウィキの「明合古墳」にあるから、この「椀塚」も古墳の可能性が濃厚である。

「御厨」本来は神饌を調理するための屋舎を意味するが、ここは神饌を調進するための領地の意。

「秋葉重俊」不詳。

「文曆元年」一二三四年。

「片田刑部尉重時」不詳。鎌倉時代で前の秋葉重俊もこれも孰れの名もヒットしないというのはかなりおかしい。「歷史には名の見えぬ物々しい人名」はやっぱり実在しなかった可能性が高いね。

「太刀神鏡輿一連及び庖厨一切の器具を埋めたのが此椀塚であつたと傳へて居る」というのを何で無批判に信じるかね? 高い確率で古墳だっっつーの!

「此宮を祭神とする御社」滋賀県東近江市君ヶ畑町にある大皇器地祖神社(おおきみきぢそじんじゃ)。ここ(グーグル・マップ・データ)。ウィキの「大皇器地祖神社」によれば、『木地師の祖神として惟喬親王を祭る。神紋は十六菊』。寛平一〇(八九八)年『の創祀と伝わる。明治五(一八七二)年まで正月・五月・九月に』『国家安泰・皇家永久の祈祷符を宮中に納めていた。惟喬親王がこの地に住んでいた際、小椋信濃守久長と小椋伯耆守光吉に命じて木地の器を作らせたという。この伝承によって、当社を木地師の根源社と称している。同様に木地師の根源社と称す筒井八幡(現筒井神社)と木地師に対する氏子狩を行い、全国に散っていた木地師に大きな影響力を持っていた。「白雲山小野宮大皇器地祖大明神」とも称したが』、明治十五年に現社名に改められている、とある。

「仁和五年酉五月六日」八八九年。仁和五年は己酉(つちのととり)。

「大藏大臣惟仲」不詳。「大臣」は「おほおみ(おおおみ)」と読んでおく。

「小椋大臣實秀」不詳。木地師関連の記載には藤原実秀とか大納言とか太政大臣と書いてあるのだが、一次史料には殆んど見えない。

「小椋信濃守久良」不詳。上のウィキでは「久長」である。「良」は「なが」とも読む。

「小椋伯耆守光吉」不詳。

「作州苫田郡阿波村」岡山県の北部(苫田郡)に位置し、鳥取県と境を接していた阿波村(あばそん)。現在は津山市阿波地区。ここ(グーグル・マップ・データ)。

「承久二年庚辰九月十三日」一二二〇年。確かに同年は「庚辰」(かのえたつ)ではある。

「大藏卿雅仲」大蔵卿で高階雅仲なる人物はいるが、南北朝まで生きてるから違うわね。

「民部卿賴貞」不詳。

「多氣郡の藤小屋村」三重県多気郡(たきぐん)。郡域はウィキの「多気郡」を参照されたい。「藤小屋村」は不詳。

「倉橋左大臣」不詳。

「明治の三十一年」一八九八年。

「田中長嶺」(ながね 嘉永二(一八四九)年~大正一一(一九二二)年)は在野の菌類学者で農事・林業家(椎茸栽培・製炭事業の指導者)。越後国三島郡才津村(現在の長岡市)生まれ。絵画を学ぶべく、江戸に出たが、途中で帰農。農事の傍ら、植物採集・写生・菌学を研究、明治二三(一八九〇)年には我が国初の菌類学書「日本菌類図説」(共著)を、その後さらに人工接種による椎茸栽培法について研究、「香蕈培養図説」(明治二五(一八九二)年)などを著している。また、製炭法の改善を考究、同じ明治二十五年に「十余三産業絵詞」を著し、三年後の明治二十八年には愛知県八名郡にて田中式改良窯を考案、これをもとに「炭焼手引草」(明治三一(一八九八)年)を公刊、我が国の製炭の技術的基礎の確立に貢献した。その後も椎茸栽培及び製炭技術改善のため、全国各地を行脚し、名古屋市内で客死した。

「小野宮御偉蹟考三卷」明治三三(一九〇〇)年八月近藤活版所刊。国立国会図書館デジタルコレクションのこちらの画像で全篇が読める。柳田國男の言う通りなら、読みたいとはあんまり思わないけれど、そのエネルギッシュな生き方には正直、脱帽する。「讀者中の物好きな人に向つて希望する」などという人を食った言辞で皮肉る御用学者なんぞよりは数百倍、私は敬意を表したくなる。

「本居」国学者本居豊穎(もとおりとよかい 天保五(一八三四)年~大正二(一九一三)年)。本居宣長の義理の曾孫にあたる。国立国会図書館デジタルコレクションの画像の冒頭で確認した。

「栗田」国学者・歴史学者栗田寛(ひろし 天保六(一八三五)年~明治三二(一八九九)年)。幕末には水戸藩に仕えた。元東京帝国大学教授。「大日本史」の最後まで未完であった「表」「志」の部を執筆したことで知られる。号は栗里。国立国会図書館デジタルコレクションの画像の冒頭で確認した。]

« 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 隱れ里 一三 | トップページ | 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 隱れ里 一五 / 隱れ里~了 »