フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 流され王(2) | トップページ | 和漢三才圖會第四十一 水禽類 鵁鶄(ごいさぎ) »

2018/02/27

子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲 明治二十七年 『日本』に還る

 

     『日本』に還る

 

 『小日本』廃刊後の居士は、もとの通り『日本』に還った。不折、露月両氏も居士と一緒に『日本』へ移ることになった。紅緑氏が俳句を作り出したのは、居士が『日本』へ還って編輯室に机を並べるようになってからである。

 『日本』に復帰して第一に居士の書いた文章は「文学漫言」であった。これは前年の「文界八つあたり」をまた異った角度から筆を進めたものと見られる。「外に対する文学」「内における文学」「文学の本分」「文学の種類」(内国と外国、古文と今文、韻文と散文、天然と人事)「和歌」「俳諧」「和歌と俳句」の琴目に分れ、七月十八日からはじまって八月一日に了った。

 「和歌」の項において「年の内に春は來にけり一年(ひととせ)を去年(こぞ)やいはん今年とやいはん」の歌を引き、「單に言葉の上の洒落にして何らの趣味をも含まざるにあらずや。而して後世の歌人は多くこの種の無風流の歌を以て秀逸とするに至る」と評したこと、「定家と同時に源実朝出で專ら『萬葉』を學び古今獨步の秀歌をさへ多く詠み出でたりと雖も、是れ唯實朝一人が特に卓出せしに過ぎずして、天下曾てこれに倣(なら)ふ者無かりしは實に眞成の歌人の世に絶えたる證(あかし)にして、一方より見れば實朝が大見識を觀るに足る」と述べたことは、明に後の歌論に関連するものを持っている。また「俳諧」の項において天明期の俳諧を和歌の定家時代に此し、「然れども天明の俳諧師は和歌における定家りも多くの事を爲したり。其俗氣を脱せし點に於て筆力雄健なる點に於て實朝に似たりと雖も、恐らくは實朝よりも多くの事を爲したらん。實朝は和歌の上に一機軸を出したれども(恰も蕪村が天明に於けると同一樣に)其大半は『萬葉』の模倣に過ぎざりしなり。天明の俳諧は元祿の古に法(のつと)りしかども、實際は元祿以外に一新體を開きたる者にして、蕪村・曉臺・闌更の徒は敢て元祿の糟粕を嘗めたる者に非ず。而して實朝歿後一人の之を模倣する者なかりし如く、蕪村等の歿後亦殆ど一人の之を學ぶ者なかりしは實に不思議にも暗合したる事實なり」と論じている。居士の天明の俳句に対する態度は漸く積極的になった。しかし蕪村を暁台、闌更らと併せ論じているのを見れば、それほど深く推重するに至っておらぬのである。

[やぶちゃん注:本段落の「文学漫言」からの引用は、「子規居士」原本と合わせて校合したが、一部の記号は底本のままに用いた。以下の「文界八あたり」等も同じ処置を施した。]

 「文学漫言」においてもう一つ注意すべきものは、和歌と俳句の調和に関する説である。当時の和歌と俳句とは全く風馬牛の立場にあった。和歌には和歌の長所があり、俳句には俳句の長所があり、終に相奪うべからざるものであるが、古今東西を通じ各種の美術の上に共通する意匠がなければならぬ。形の上で最も近似した和歌と俳句との相異点は、自ら異ったまでのもので、敢て異らざるべからざるものがあるわけではない。居士がこの文章において「意匠の上より言へば本邦普通の和歌ほど意匠に乏しき者あらず。言語の上より言へば本邦普通の俳句は言語の卑俗なる者あらず」といった「普通」なる言葉は、旧派の和歌、月並の俳句を指すのである。俳句において言語の卑俗を離れることは、已に居士らの新運動によって或程度まで歩を進めることが出来た。残されたものは和歌の問題である。前年の「文界八つあたり」の中で「要するに今日和歌といふものゝ価値を回復せんとならば、所謂歌人(卽ち愚癡なる國學者と野心ある名利家)の手を離して之を眞成詩人の手に渡すの一策あるのみ」と喝破した居士は、「文学漫言」においてまた「試みに見よ、專門家の著作に係る文學美術は俗氣紛々見るべからずして、却て素人の文學美術時に高尚の趣を得たるものあるを」といい、新なる機運の奈辺より動き来るかを暗示している。居士のこの時の結論は、改良の第一著手(ちゃくしゅ)として和歌俳句の調和を図らなければならぬ、調和を図るには和歌の言語に俳句の意匠を用いるを以て一とする、「一言にして之を云はゞ三十一文字の高尚なる俳句を作り賢さんとするに在るなり」というのであった。和歌の革新に対する居士の意見は、この数行の文字から大体これを看取することが出来る。

 「文学漫言」の署名は獺祭書屋主人であった。文中和歌及俳句について、特に力説するところがあったのは偶然でない。

 

« 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 流され王(2) | トップページ | 和漢三才圖會第四十一 水禽類 鵁鶄(ごいさぎ) »