フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 進化論講話 丘淺次郎 第十二章 分布學上の事實(6) 五 飛ばぬ鳥類の分布 | トップページ | 進化論講話 丘淺次郎 第十二章 分布學上の事實(8) 七 津輕海峽と宗谷海峽 / 第十二章 分布學上の事實~了 »

2018/02/25

進化論講話 丘淺次郎 第十二章 分布學上の事實(7) 六 ウォレース線

 

     六 ウォレース

 

Doubutubunpuzudai

Doubutubunpuzu

[動物分布圖]

[やぶちゃん注:文字の読み易さや全体の把握の視認の便宜から、底本の国立国会図書館デジタルコレクションの画像の露光量違いで捕られた二枚を、大・小とサイズを変えてダウン・ロードそ、それぞれトリミング・回転して補正を加え、示した。小さい方が見易いが、その一部の字が読み難いところは大で補えるものと思う。

 

 アジヤオーストラリヤとの間には、大小種々の島が恰も飛石の如くに列んであるが、その中ジャヴァの東に當つてバリロンボクといふ二つの小い島がある。この島の間の距離は十里にも足らず、殆ど兩方から見える位であるが、その産物を調べると大に違ひ、バリの方に産する動物は、總べてアジヤ産のものに類似し、ロンボクの方に産するものは、これと全く異なりて、明にオーストラリヤ産のものに似て居る。この二島を中心として、その兩側にある島々の動物を比べて見ると、バリより西北に當るボルネオジャヴァスマトラ等には、象・犀の類を始として、總べてアジヤに固有な獸類・鳥類ばかりが産し、ロンボクより東にある島々にはオーストラリヤ大陸と同樣で、普通の獸類は一種もなく、たゞ「カンガルー」の族ばかりが生活し、鳥類も全くオーストラリヤ産に似たもののみである。尤もセレベス島の如きは、孰れの組に屬するか、判然せぬ點もあるが、先づ大體からいへば、バリロンボクとの間に線を引けば、その線によつてこの邊にある澤山の島を、アジヤに屬する組とオーストラリヤに屬する組とに分けることが出來る。このことは數年間この地方に留まつて、動物分布の有樣を調べたウォレースの發見に係る故、通常之をウォレース線と名づけて、動物分布區域の境界線の中、最も有名なものとなつて居る。この邊の諸島は孰れも氣候・風土は善く相似たもので、どの島の動物を、どの島に移しても差支なく生活の出來るやうな處であるのに拘らず、斯くの如くウォレース線によつて明に二組に分れ、各産物を異にするのは、如何なる理によるかと考へるに、生物種屬を以て全く不變のものと見倣さば、少しも理窟が解らぬが、生物種屬は漸々進化するものとすれば、次の如くに想像して容易に之を説明することが出來る。卽ち最初はアジヤオーストラリヤとは全く陸續であつたのが、或る時先づバリロンボクとの間にて切れ離れ、それより遥に後になつて、他の島々が皆離れたものと假定したならば、動物分布の有樣は、丁度今日の實際の通りになるべきわけである。而して試にこの邊の海圖を開いて見ると、アジヤ組の島々とアジヤ大陸との間の海は甚だ淺くて百尋[やぶちゃん注:水深の一尋(ひろ)は六尺。百八十一・六メートル。]にも足らず、またオーストラリヤ組の方でも、大きな島と陸地との間は同じく海が淺くて百尋にも足らず、而してこの二組の間はなかなか深く千千尋[やぶちゃん注:千八百十六メートル。]、二千尋[やぶちゃん注:三千六百三十二メートル。]以上に達する所もあるから、この想像は單に空想ではない。地質學上から推せば最も實際にあつたらしいことであるが、若しその通りであつたとしたならば、世界中にまだ「カンガルー」の如き類ばかりで、他に獸類の無かつた頃に、この線の處でオーストラリヤアジヤから切れ離れ、オーストラリヤの方では「カンガルー」の類が獨立に進化し、諸方の島々の邊に分布して居た頃に及んで、これらの島々が本大陸から切れ離れ、またアジヤの方では、他の獸類が出來で、象や犀などが今のボルネオジャヴァ等のある邊まで廣まつた後に、これらの島が大陸から離れて、その結果今日の如き分布の有樣を生ずるに至つたものと考へることが出來る。斯くの如く、生物の進化を認めさへすれば、この邊の奇態な動物分布の有樣を、最も自然に且最も明瞭に説明することが出來るのである。之も進化論の有力な證據の一といふべきものであらう。

[やぶちゃん注:「ジャヴァ」インドネシア(但し、本底本刊行時である大正一四(一九二五)年九月時点ではオランダが統治するオランダ領東インドであった日本による軍政統治を経て、インドネシア共和国(インドネシア語: Republik Indonesia)として独立が承認されたのは一九四九年十二月であった。以下の島も同じ)を構成する島の一つであるジャワ島(インドネシア語:Jawa/英語:Java)。スマトラ島の東、カリマンタン島の南、バリ島の西に位置する。ここ(グーグル・マップ・データ)。以下は、このリンク先を拡大して探されたい。判るように注したつもりではある。

バリ」バリ島(インドネシア語:Pulau Bali)。非常に狭いバリ海峡(南北の長さ約二十キロメートルで北部が最も狭くて幅は約二・五キロメートルほどしかない)海を隔てて、ジャワ島のすぐ東側にある。

ロンボク」ロンボク島(Pulau Lombok)。バリ島の東隣りにロンボク海峡(最も狭いところで幅十八キロメートル。水深は以西のマラッカ海峡やスンダ海峡より深く、二百五十メートルほどある。後で丘先生の言う「バリロンボクとの間」とは現在のここでの原分離を指し、大スンダ列島の南のウォレス線はここを通る)を挟んで位置する。

ボルネオ」ジャワ海を挟んでジャワ島の北方にある巨大な島。オランダ語と英語ではボルネオ(Borneo)で恐らく日本ではこちらが普通の認識島名であろうが、インドネシア語ではカリマンタン(Kalimantan)島の呼称を使うのが一般的であり、私はそれで呼ぶべきだと考えている(グーグル・マップ・データでもその呼称で示されてある。なお、「ボルネオ」の語源は、かつて島の北半分を占めていた「ブルネイ」が訛ったものと言われる)。面積は七十二万五千五百平方キロメートルで日本の国土の約一・九倍の大きさがあり、世界の島の中では、グリーンランド島・ニューギニア島に次いで面積第三位の島である。現在はインドネシア・マレーシア・ブルネイの三ヶ国が分割して所有する領土であり、世界で最も多くの国の領地がある島となっている(ここはウィキの「ボルネオ島」に拠った)。

スマトラ」ジャワ島と海峡を挟んで西北に伸びるスマトラ島(Pulau Sumatera)。

「象」ここは哺乳綱長鼻(ゾウ)目ゾウ上科ゾウ科アジアゾウ属アジアゾウ Elephas maximus。現在、同種はインドゾウ Elephas maximus bengalensis・セイロンゾウ Elephas maximus maximus・スマトラゾウ Elephas maximus sumatrana・マレーゾウ Elephas maximus hirsutus のの四亜種に分けられている。

「犀」ここはマレーシアとインドネシアの限られた地域に吞のみ棲息している哺乳綱奇蹄目有角亜目 Rhinocerotoidea 上科サイ科 Rhinocerotidae の内、スマトラサイ属スマトラサイ Sumatran rhinoceros(或いはDicerorhinus sumatrensis)及びジャワサイ属ジャワサイJavan rhinoceros(或いはインドサイ属ジャワサイ Rhinoceros sondaicus)を挙げておけばよいであろう(インドサイ Indian rhinoceros(或いはRhinoceros unicornis)を挙げてもよいが、インド北部からネパール南部にしか棲息しないから、この章のここでの「犀」の謂いにはちょっと含まれないと私は考えるからである)。

『「カンガルー」の族』丘先生はこの章で、ここ以下のこの謂いは、狭義のカンガルーではなく、哺乳綱獣亜綱後獣下綱有袋上目 Marsupialia に属する有袋類種群の意で用いている。

セレベス島」現在のスラウェシ島(Sulawesi)。カリマンタン島の東でマカッサル(Makassar)海峡(幅広の海峡で最狭部でも約百キロメートルの幅がある。北のウォレス線はここを通る)を挿んで位置する島。植民地時代はセレベス島(オランダ語:Celebes)と呼ばれたが、インドネシア独立後はスラウェシ島と呼ばれるのが普通である(グーグル・マップ・データでは島名としてはセレベスを採っている)。

ウォレース」イギリスの博物学者・生物学者アルフレッド・ラッセル・ウォレス(Alfred Russel Wallace 一八二三年~一九一三年)。既出既注

ウォレース線」Wallace LineWallace's Line。ウィキの「ウォレス線」を引く。『インドネシアのバリ島、ロンボク島間のロンボク海峡からスラウェシ島の西側、マカッサル海峡を通りフィリピンのミンダナオ島の南に至る東に走る生物の分布境界線のこと。これより西の生物相は生物地理区のうちの東洋区に属し、東はオーストラリア区に属するというもの』。一八六八年(本邦は慶応四から明治元年相当)、『アルフレッド・ラッセル・ウォレスが発見したことからこの名がついた』。『氷期には海面が下降し、東南アジア半島部からボルネオ島、バリ島までの一帯がスンダランドと呼ばれる陸続きとなっていた。同様に、パプアニューギニアとオーストラリアはサフルランドを形成していた。しかし、スンダランドの東側とサフルランドの西側は陸続きにはならなかったことから、生物相が異なる状態が現在に至るまで続いているものと考えられている』。]
         

« 進化論講話 丘淺次郎 第十二章 分布學上の事實(6) 五 飛ばぬ鳥類の分布 | トップページ | 進化論講話 丘淺次郎 第十二章 分布學上の事實(8) 七 津輕海峽と宗谷海峽 / 第十二章 分布學上の事實~了 »