フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栗本丹洲 魚譜 鮫魚ノ子 (サメの胎児) | トップページ | 栗本丹洲 魚譜 ドチザメ »

2018/03/26

栗本丹洲 魚譜 白のコバンザメ

 

Kobanzametaiji

 

[やぶちゃん注:図版は国立国会図書館デジタルコレクションの「魚譜」から。画像は胴部後部で切れているため、接続合成した。

 

□翻刻1(原則、原典のママ)

白ノコバンザメ

按ニ印魚ノ

胎子ナルヘ

キ乎

 

 

□翻刻2(今まで通り、読み易く推定訓読して整序した)

白の「コバンザメ」。按ずるに、印-魚(こばんざめ)の胎子(はららご)なるべきか。

 

[やぶちゃん注:本巻子本では珍しい、軟骨魚類でない、「サメ」とつくが「鮫」とは全く無縁な、条鰭綱スズキ目コバンザメ科コバンザメ属コバンザメ Echeneis naucrates。丹洲はここまでの流れの中で、卵胎生のサメ類を知っているために、思わず、「印-魚(こばんざめ)の胎子(はららご)なるべきか」と言い添えてしまっているが、コバンザメは卵生であり、こんな総てが完備した個体になったものは、卵から孵化した幼魚と考えざるを得ない。しかし、どうもこの色合いや、雰囲気は幼魚のそれではない。アルビノ個体としてもヘンだ。そもそもが、コバンザメはかなり白いが、こんな半透明に肉色が見えることの方が何だか気持ちよくない。眼も胡乱(ウロン)にドロンとしてる。タダモノではない気配が充満してる。これは実は特殊な腐敗が短時間に進んだものではないか? 例えば、彼らは大型のサメ類等の口腔内にも吸着して寄生生活を送るのであるが、そうした大型魚と一緒に捕獲されてしまい、口腔内で一緒に死んでしまい、サメが腐敗を始め、尿素がアンモニアに変化し、コバンザメの体表面全体が爛(タダ)れて侵されたしまった死体変相の個体なのではあるまいか?

 一応、ウィキの「コバンザメを引いておく(アラビア数字を漢数字に代え、記号の一部を変更・省略した)。『サメの名がついているがスズキ目に属し、軟骨魚類のサメ類ではなく近縁でもない、全く無関係な種である』。『コバンザメ属 Echeneis は、全世界の熱帯・亜熱帯域に分布し、最もよく見られるコバンザメ類であるEcheneis naucrates と、メキシコ湾から南米北岸にかけて分布する Echeneis neucratoides(英名:Whitefin sharksucker)の二種から構成される』。『最大で百十 センチメートル・二千三百グラムに』もなる個体もいる『が、通常は七十 センチメートル程度。体長は体高の八~十四倍程度。背鰭は三十二~四十二軟条、臀鰭は二十九~四十一軟条。頭部の背面に小判型の吸盤があり、これで大型のサメ類やカジキ類、ウミガメ、クジラなどに吸い付き、えさのおこぼれや寄生虫、排泄物を食べて暮らす(片利共生)。吸盤には横(背骨と垂直方向)に十八~二十八枚の隔壁がある。この隔壁はふだんは後ろ向きに倒れており、動いている大きな魚の体表などの面に吸盤が接触するとこれらは垂直に立ちあがる。このとき隔壁と隔壁の間の水圧が周囲の海水の圧力より小さくなり、これによって吸盤は面に吸いつく。吸いついたコバンザメを後ろに引くと隔壁の間の水圧はさらに小さくなるので』、『吸盤はさらに強く吸いつく。反対にコバンザメを前に押すと』、『隔壁がもとの位置に倒れるとともに』、『吸盤内の水圧が上がり、吸盤は面からはずれる。このしくみによって、彼らは自分がくっついた大きな魚などが速く泳いでもふりはらわれずにすみ、また離れたいときは』、『大きな魚などより』、『少し速く泳ぐだけで簡単に離れることができる』。『体側には太い黒線と、その上下を走る細い白線がある』。『生息深度は二十~五十メートル。大型の海洋生物・船などに付着して生活するが、サンゴ礁の沿岸では単独で見られることも多い』。『幼魚はサンゴ礁域で掃除魚として生活することもある』とある。

「印-魚(こばんざめ)」中文ウィキコバンザメを見て戴くと判る通り、現在も同種の漢名は「」また、「長印魚」とも称する旨の記載がある。思うに、吸盤部分が印章の刻みの似ているからであろう。]

« 栗本丹洲 魚譜 鮫魚ノ子 (サメの胎児) | トップページ | 栗本丹洲 魚譜 ドチザメ »