フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栗本丹洲 魚譜 ヱイ 腹中 初生ノ胎子 (エイの胎児の乾燥標本) | トップページ | 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲 明治二十八年 従軍志願 »

2018/03/03

栗本丹洲 魚譜 コンベ (ソコガンギエイかドブカスベか?)

 

Konbe

 

[やぶちゃん注:図版は国立国会図書館デジタルコレクションの「魚譜」からトリミングした。右上部にあるのは、次に出る非常に大きなエイの尾の一部が本図の上を通って、エイ胎児の上で曲がって、ここにその末端が出ているだけで、本図とは全く関係がない。]

 

□翻刻

コンベ

 

 越中方言

 

[やぶちゃん注:調べてみると、富山方言では「コンベ」(意味は不詳。ネット上の多くは「カスベ」の訛りとする)は広くはエイを指すが、ネット上では狭義にはエイでも「カスベ」類を指すという記載が目立つ。しかし既に栗本丹洲 魚譜 タウボコヱ (モヨウカスベ?)で述べた通り、軟骨魚綱板鰓亜綱ガンギエイ目ガンギエイ科 Rajidaeのガンギエイ類の中で、多くの種が和名に「~カスベ」とつくし、魚体もよく似ていて、同定は至難の業である。寧ろ、広義の「エイ」を指す場合もある以上、現行で「カスベ」とつかないものも候補対象としなくてはおかしいと私は思っている。図を観察してみると、眼の後部の窪みが目立つこと、尾の背部に並ぶ棘がかなり目立つことが図の特徴として指摘出来る。その二点から考えると、一つ、

ガンギエイ目ガンギエイ科ソコガンギエイ属ソコガンギエイ Bathyraja bergi

を挙げていいかなとも思うのだが、同種であれば、体盤の背面が全体にかなり強い鮫肌を示すので、それが描かれていないのは甚だ不審となる。「ぼうずコンニャクの市場魚介図鑑」のソコガンギエイの画像を参照されたい。しかし、本種は富山でも採れ、同記載の「地方名・市場名」にも北海道での「ドブカスベ」「ミズカスベ」の他、「サメカスベ」「テンカカスベ」の異名があるので、候補としては遜色なく、市場でも普通に流通している(但し、同記載によれば、鰭だけを皮を剝いだ加工状態で、でそうである)。

 次に、比較的浅海に棲息し、味が良いこととから、古くから「真(ま)かすべ」の異名を以ってよく知られている

ガンギエイ科メガネカスベ属メガネカスベRaja pulchra

を挙げなくてはいけないだろう。但し、本種の場合は頭部の先端がもっと有意に尖って描かれないとおかしい。「ぼうずコンニャクの市場魚介図鑑」のメガネカスベの画像を参照されたいが、そこに書かれてあるように、和名の「メガネ」は体盤の模様によるものだが、これは『顕著な斑紋があるものと、ないものとがある』とあるので問題ない。

 次に、図の色に着目してみると、体盤の辺縁部がかなり有意に茶褐色に塗られているのが見てとれる。これは、

ガンギエイ科コモンカスベ属コモンカスベ Okamejei kenojei

の和名「小紋」の由来となった細かいベージュの斑紋を想起させはするしかし先端の突起(軟骨)は本種ならば、もっと明確に突き出ていないとおかしい。(「ぼうずコンニャクの市場魚介図鑑」のコモンカスベ」を参照)。

次に「コンベ」の名に拘るなら、

ガンギエイ科ソコガンギエイ属ドブカスベ Bathyraja smirnovi

であろう。「ぼうずコンニャクの市場魚介図鑑」のカスベ」の「地方名・市場名」にはズバリ、新潟県糸魚川市等で「コンベ」の名で呼ばれているからである。しかし、上記の三種に比べると「ドブ」とつくだけに、ちょっと見てくれは地味そのものではある。

 私は個人的には最後に示したドブカスベ、或いは、最初に示したソコガンギエイの孰れかの可能性が高いように感じてはいる。]

« 栗本丹洲 魚譜 ヱイ 腹中 初生ノ胎子 (エイの胎児の乾燥標本) | トップページ | 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲 明治二十八年 従軍志願 »