フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲 明治二十八年 神戸病院の二カ月 | トップページ | 栗本丹洲 魚譜 ガンギ 異品 (メガネカスベの背部か?) »

2018/03/08

栗本丹洲 魚譜 カツベ (メガネカスベの腹部か?)

 

Katube

 

[やぶちゃん注:図版は国立国会図書館デジタルコレクションの「魚譜」からトリミングした。右下には本図種の右鰭の下にはみ出してしまった一部が大きく添書きして図示されてある。それでも左右の鰭(体盤)の先端が切れているのは博物画としては頗る痛い。右の尾の先端及び解説文は前の「麻木(シビレ)ヱイ」(図はメガネカスベで名は誤り)の尾部と、そのキャプションの一部であって(電子化翻刻済み)、本図とは全く関係がない。]

 

□翻刻1(そのままの表記で一行字数を一致させたもの)

カツベ

鮊ノ字ヲ用ユ

味淡至テ下品ニ乄求食スルモノナシ

因テ東都スヿナシ濵邊近

貧民コレヲ食フト云

 

四角翻刻2(字を同サイズにし、約物を正字に直し、概ね、カタカナをひらがなに改め、句読点・記号を施して、一部を連続させ、一部の読みと送り仮名を推定して添えた)

「カツベ」

「鮊」の字を用ゆ。味、淡(あは)く、至つて下品にして、求め食するもの、なし。因りて東都に出すこと、なし。濵邊近き貧民、これを食ふと云ふ。

 

[やぶちゃん注:「カツベ」は「カスベ」の訛りで、「鮊」と書いて「かすべ」は「魚の粕」(滓(カス))のような雑魚(だから「至つて下品にして」好んで「求め食する」者は全くおらず、ただ、「濵邊近き貧民」のみが「これを食ふ」という謂いである)の意味であろうから、たびたび同定候補として挙げてきた、所謂、「カスベ」の類、軟骨魚綱板鰓亜綱ガンギエイ目 Rajiformes の、ガンギエイ科 Rajidae Rajinae 亜科及びArhynchobatinae 亜科に属する一種の腹部側の絵図である。しかし、既に述べた通り、同科は二亜科二十六属二百三十八種を含む、本目中、最大のグループであり、困ったことに、その多くは十把一絡げに「カスベ」と呼ばれているから、背面が同時に描かれていれば、その模様その他から、狭めることは可能だが、このお粗末なキャプションと腹部の図だけからでは、同定が(私には)難しい。吻が特異的に突出していること、頭部前方が鐘状を成していることが形態上の特色として判り、当時は漁民のみが食用に供したとすることから、獲れるところでは、ごく普通に沢山獲れるということを意味すると考えるなら、吻が有意に尖って頭部が有意にスマートな、現在でも最も一般的に捕獲され、現地では食用に供されている「かすべ」の類を同定候補とするのがよいと私は判断する。但し、この図を見て、かなりの方が「これって知ってる! 見たことある!」と感じたところの、乾燥品がキリスト教の悪魔・得体の知れない怪物、或いは未確認人間型生物、ひいては小型宇宙人として喧伝された「ジェニー・ハニヴァー」(後述する)の格好の原材料とされた、軟骨魚綱ガンギエイ目サカタザメ科 Rhinobatidae の類、例えば、サカタザメ属サカタザメ Rhinobatos schlegelii などでは、ない。彼らの吻部・頭部はこの図に酷似するものの、台盤はこんなには広がらず、この図とは似ずに、体幹及び鰭が遙かに超スマートだからである。さて、そうすると、既に前の「麻木(シビレ)ヱイ」でその図をこれの誤りと断定してしまった、

ガンギエイ科メガネカスベ属メガネカスベRaja pulchra

が最も相応しいと私は考えている。二度目の比定登場となるが、寧ろ、前の項のそれは丹洲の同定の誤りであったし、エイの腹側が本巻子本「魚譜」で描かれた最初のものであるからして、却って博物学的には実に興味をそそる配置だと私は考えている。しかも、実は、次でこの図の種の背部側ではないかと、見紛う一図さえも登場する(但し、キャプションでは『ガンギ同物ニシテ異品』と明記して、本図とは関係性がない、少なくとも同一個体の腹(これ)と背(次の図)ではない、ということを丹洲が明記しているキャプションのようには見える)

 さて、この図、右に九十度回して頭部を上にしてみると(底本の国立国会図書館デジタルコレクションの画像で容易に出来るので、是非、やって見られたい。画面上部のバーの水色の回転ボタンを押せばよい)、口の左右から切れ上がったように見える皺褶の窪みの鼻孔が小さな両眼に、口唇から頭部前端へ向かう体幹の盛り上がりが鼻梁に、口吻がそのまま口にと、ヒト型をした生物の顔へのシミュラクラが容易になることが判る。さらにその魔法にかかって目を下へ向かって動かすと、複数の鰓孔(この図では六対。エイ類の鰓孔は五対から六対ある)はヒト型生物の肋骨のように、左右の台盤(体盤・胸鰭)は怪しい悪魔の蝙蝠型の翼或いは不気味なマントを羽織った上肢のように錯覚され、しかし最後には、変形して左右に垂れ下がる腹鰭や異様に長大な尾は見たこともない五本脚の怪獣のそれのようにしか見えなくなってしまう。総排泄腔(丹洲はかなり正確に描いている)の赤味がかったそれは、悪魔の誘惑の猥雑な妖しい器官ではないか!

 これこそが、古くから知られた「海の謎の怪物」である「devilfish」、「ジェニー・ハニヴァー」(英語:Jenny Haniver)である。ウィキの「ジェニー・ハニヴァー」によれば、『「海で捕獲された未確認生物の死体」としてヨーロッパの船乗りと収集家との間で売買されていた、何らかの海洋生物の乾燥標本である。未知の怪物や、あるいは小型の宇宙人を連想させるような姿をしているが、その正体はエイの干物に保存処理等の加工を施したものである』。『一説として、元はフランス語のジュン・ダンヴァ『(jeune d'Anvers:「アントワープの若者」の意)』というフレーズが、イギリスの船員達が話していたコックニー訛り』(Cockney:ロンドンの労働者階級で話される英語の一種を指す。語源的には、十四世紀に「雄鶏(コック)が生んだかのような形の悪い卵」を指す語で、十六世紀初めには「都会育ちで、本当の生活を知らない子」を指した語という)『によって「ジェニー・ハニヴァー」という人名のように呼ばれるようになったとも言われる』。『船員達はアントワープの船渠でこれらの「人魚」を、漁獲されたサカタザメ』(軟骨魚綱ガンギエイ目サカタザメ科サカタザメ属サカタザメ Rhinobatos schlegelii 及び同属種や近縁種)『等のエイを加工し』、『作り出してきた。翼や尾を備えた悪魔や小型のドラゴン、あるいは天使などに見えるように切り込みを入れ、さらにそれを乾燥させ干物とすることで正体を判別し辛くさせ、ニスを塗って標本に仕立て上げた。船員らは完成した「未確認生物の標本」を旅行者らに売ることで家計の補助としていた』。『ジェニー・ハニヴァーの最も早い出典としては、スイスの博物学者』コンラート・ゲスナー(Conrad Gesner 一五一六年~一五六五年)の「動物誌」(Historiae animalium)第四巻(一五五八年)が『挙げられる。ゲスナーはその中で、「これらは単にエイを偽装したものに過ぎず、誤解されているような竜や怪物のミニチュアではない」と』既に人為的なちゃちな偽物であることを『指摘している』。『最も知られた誤解は、ジェニー・ハニヴァーはバジリスク』(英語:basilisk/ラテン語: basiliscus:ヨーロッパの想像上の魔獣。名称はギリシア語で「小さな王」を意味し、本来は、全ての「龍蛇の上に君臨する王」の謂い)『であるというものだった。バジリスクはその姿を一目見ただけで死をもたらす怪物とされていたため、誰もその姿形に言及しようがなく、そのためジェニー・ハニヴァーをそのような怪物であると恐れさせる』ことは一五〇〇『年代には容易なことであった』。『メキシコのベラクルス州では、ジェニー・ハニヴァーは魔力を持ち、地元の呪術師に使役されていると考えられていた』とある。なお、海外で使用される「ジェニー・ハニヴァー」用の種は先のサカタザメ Rhinobatos schlegelii 他、シャベルノーズギターフィッシュ Rhinobatos productus 等が挙げられるようである。

 流石に今時、騙される者も少なくなったが、ネット上の妖しいサイトでは相も変わらず、「正体不明の未確認生物」であるとか、加工された立位で立ち泳ぎをするなどというトンデモ記載があって、思わず、笑った。私は小学校二年生の頃、少年雑誌に「イタリアの牧師が公表した宇宙人の写真」としてまことしやかに載ったのを、級友らが真剣に見て怖がっていたので、「これはただのエイの干物だよ」と正体を暴いたのを思い出す。私の海洋生物フリークは小学校に上がる前から発症しており、その分野に関しては、かなり専門的な知識に致命的に冒されていたのである。

 例えば、昭和四一(一九六六)年十一月六日のこと、「ウルトラマン」の「無限へのパスポート」を見ながら、そこに登場した四次元怪獣ブルトンを指して、「これはマボヤだ」と父母に言ったが、父母はマボヤ(脊索動物門尾索動物亜門ホヤ綱マボヤ目マボヤ亜目マボヤ科マボヤ属 Halocynthia roretzi)なるものが何かも知らなかった。翌日、昨日の「ウルトラマン」の変な形のブルトンが話題になって、「あれはホヤっている生き物がモデルなんだ。ホヤは高等な生物でさ、魚類のすぐ下にいるんだ。生まれた時はオタマジャクシみたいな形をしてて、ちゃんと泳ぐし目だってあるんだ。それに、その時だけは脊索と言って人間の脊髄の元のなるものを持っているんだ。だけど、口は吸盤になってて、それで岩に吸いついちゃうと、そこから根っこみたいなものが生えて、尾っぽが縮んで、丸い赤い、外側は硬い革みたいなものに変わって、不思議な塊りみたいな生き物になっちゃうんだ」と言っても誰も信用しなかったものだ。当時、私は小学四年生だったが、当時の関東では、まず絶対にホヤ自体を魚屋などで見ることはなく、孰れも西日本出身の父母はおろか、友人も誰も、そんな奇体な生物がこの世にいて、東北じゃよく食べるなんて、知らなかった時代の話である。これは大昔の話じゃない。昭和四一(一九六六)年だ。五十二年前の「東都」では「ホヤ」を知っている人は少なかった。今だって、ホヤを貝の仲間だと思っている人は存外、多いのだ。私の住んでいる大船の魚屋さんや割烹の店主でさえも、「ホヤガイ」と平然と呼んでいるから、今から三十年ほど前、試みに聴いて見たところが、孰れも、「貝でしょ」と言った。私が懇切丁寧に図を描いて、その不可思議な生態やライフ・サイクルを説明をしたのだが、彼らは皆、半信半疑であった。「だって、あんた、国語の先生だよね? 生物じゃ、ないでしょ?」ときたもんだ。あの時ほど、国語教師になったことを後悔したことはなかったのである。]

« 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲 明治二十八年 神戸病院の二カ月 | トップページ | 栗本丹洲 魚譜 ガンギ 異品 (メガネカスベの背部か?) »