フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栗本丹洲 魚譜 天狗鯊 (ギンザメ或いはアカギンザメの♂) | トップページ | 栗本丹洲 魚譜 異魚「ツノジ」の類 (ギンザメ或いはニジギンザメ) »

2018/03/26

栗本丹洲 魚譜 天狗鯊 (アズマギンザメの♂)

 

Tenguzame

 

[やぶちゃん注:図版は国立国会図書館デジタルコレクションの「魚譜」から。元画像は、魚体が頭部・胴部・尾部に傷ましくも分解されているので、三枚の画像をソフトで合成して一体の完品像として見られるように加工した。]

 

□翻刻1(原則、原典のママ。【 】は二行割注)

劍尾鯊【閩書】 一名劍鯊【福州府志】

和名

天狗ザメ 此物ツノジ箔ザメノ別種ナリ

     其乾枯スルモノヲ観テ写

     眞色ヲ不詳文化丁丑中夏念五

     摂州堀田矦ヨリ借写ス其産処

     詳ナラズ
 
 

□翻刻2(今まで通り、読み易く推定訓読して整序した)

「劍尾鯊(けんびざめ)」【「閩書」】 一名、「劍鯊(つるぎざめ)」【「福州府志」。】

和名

「天狗ザメ」

此の物、「ツノジ」・「箔ザメ」の別種なり。其の乾枯(かんこ)するものを観て写す。因りて眞(まこと)の色を詳らかにせず。文化丁丑(きのとうし)中夏(ちゆうか)念五(ねんご)、摂州堀田矦より借り、写す。其の産処(さんしよ)、詳らかならず。

 

[やぶちゃん注:尾鰭の上葉が発達しておらず、辺縁に小さな突起があるように見えること、吻部の突出が著しいことから、私は

テングギンザメ科テングギンザメ属テングギンザメ Rhinochimaera pacifica

ではないかと思ったが、ツイッターの「博物月報@hakubutu」氏の二〇一六年十一月五日附ツイートで、本図を掲げられて、『魚類学者の阿部宗明(故人)の同定によれば、「アズマギンザメのオス」という』とある。プロの同定であるから、

テングギンザメ科アズマギンザメ属アズマギンザメ Harriotta raleighana

で採ることとする。但し、丹洲も「乾枯(かんこ)するもの」(乾燥標本で水分が完全に抜け切ってた、時間のかなり経ったもの)を「観て写」したので、「眞(まこと)の色」(生体時の色)が判らぬと注しているのは、その乾燥標本の色が、どうもひどく変色した怪しいもののようにしか見えなかったことを指しており、しかも本個体が捕獲された時期も場所も判らぬというのでは、標本としては資料足り得ないことになり、図からのみの絶対同定比定は難しいようにも私には思われる

「劍尾鯊(けんびざめ)」尾部の形状から腑に落ちる。但し、現行の中文の魚類分類表を調べたところ、酷似する「劍尾魚」は熱帯魚でよく見かける条鰭綱カダヤシ目カダヤシ科 Xiphophorus 属ソードテールXiphophorus hellerii に当てられている。また、「劍鯊」は古代サメの特徴を有しており、しばしば「生きている化石」とも呼ばれる、大きく突出した扁平な吻(頭部先端の尖った部分)が特徴的な軟骨魚綱板鰓亜綱ネズミザメ目ミツクリザメ科ミツクリザメ属ミツクリザメ Mitsukurina owstoni の異名漢名に「劍吻鯊」という相似した名がある。ミツクリザメはテングギンザメとは縁が遠いが、形状はやや似ているようには見え、こうした似た漢名が古くから与えられ、或いは混同して認識されていた可能性はないとは言えない。

「閩書」「閩書南産志」。明の何喬遠(かきょうえん)撰になる福建省の地誌。

「福州府志」清の乾隆帝の代に刊行された福建省の地誌。

「天狗ザメ」見かけによらず、非攻撃性のサメで、古くから食材として獲られていた軟骨魚綱板鰓亜綱ネズミザメ目ウバザメ科ウバザメ属ウバザメ Cetorhinus maximus は鋭い口吻を持つことで知られているが、若い個体では明確に曲がって尖って見えることから一部ではそうした若い個体を「テングザメ」と呼称している。また、付け加えておくとなら、先のミツクリザメが「天狗ザメ」と呼ばれていても私は至極納得するものである。

「ツノジ」既出。ギンザメの別称。

「箔ザメ」ギンザメの異名総称であろう。

「文化丁丑(きのとうし)」文化十四年。一八一七年。冒頭注で記した通り、磯野直秀氏の底本の解題によれば、丹洲は文化一四(一八一七)年四月十九日に開催された幕府医学館の薬品会に「垢鯊図纂」(こうさずさん:「垢」はエイ、「鯊」はサメの意)五十品を出品しているが、品数もほぼ同じであることから、これが本資料と推定されることから、本図については、執筆はそれ以前であったことが明白になる一枚である。

「中夏(ちゆうか)」旧暦五月。

「念五(ねんご)」「念」は「廿」の代用字であるから、文化十四年五月二十五日となり、これがグレゴリオ暦で六月十六日である(この年は閏五月が次いである)。

「摂州」摂津国であるが、ここは「攝津守」のことで場所は関係がない。次注参照。

「堀田矦」既出の若年寄堀田正敦(宝暦五(一七五五)年~天保三(一八三二)年)である。彼は五位下・摂津守である。当時は堅田藩藩主。]

 

« 栗本丹洲 魚譜 天狗鯊 (ギンザメ或いはアカギンザメの♂) | トップページ | 栗本丹洲 魚譜 異魚「ツノジ」の類 (ギンザメ或いはニジギンザメ) »