フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栗本丹洲 魚譜 【銀ハ】エ (ギンザメ♀) | トップページ | 栗本丹洲 魚譜 天狗鯊 (アズマギンザメの♂) »

2018/03/26

栗本丹洲 魚譜 天狗鯊 (ギンザメ或いはアカギンザメの♂)

 

Akaginzameosu

 

[やぶちゃん注:図版は国立国会図書館デジタルコレクションの「魚譜」から。上部で背鰭前縁の棘状突起の先が切れているのと、左胸鰭の端が下部で切れてしまっているのは、原巻子本のママ。]

 

□翻刻1(原典のママ。下部のキャプションは有意にポイントが落ちるが、同ポイントで示した)

天狗鯊 俗名ナリ 委細見于神田玄泉日東魚譜

 

□翻刻2(今まで通り、読み易く推定訓読して整序した)

「天狗鯊」

俗名なり。委細は神田玄泉「日東魚譜」を見よ。

 

[やぶちゃん注:軟骨魚綱全頭亜綱ギンザメ目ギンザメ上科ギンザメ科ギンザメ属ギンザメ Chimaera 類の(頭部形状に拠る)に同定出来る。体色及び尾鰭が独立して確認出来ないような描き方がなされているところ、及び第一背鰭の棘の後縁が鋸状にギザギザになっているところからは、本邦のギンザメ類の代表種であるギンザメ属ギンザメ Chimaera phantasma ではなく、アカギンザメ属アカギンザメ Hydrolagus mitsukurii ではなかろうかとも思われる。

「天狗鯊」前にも述べた通り、「鯊」は「ハゼ」ではなく「サメ」と読む。「俗名なり」とわざわざ断って呉れているのは嬉しい。の注で私が述べた通り、現在の分類ではギンザメ目 Chimaeriformes にはギンザメ上科 Chimaeroideaギンザメ科 Chimaeridae 以外に、著しく伸長した吻を有する、遙かに異形でより「天狗」っぽく見える、全くの別種ギンザメ上科テングギンザメ科 Rhinochimaeridae が三属八種もおり、その中には文字通り、まんまの「天狗銀鮫」(標準和名もテングギンザメ科テングギンザメ属テングギンザメ Rhinochimaera pacifica)いるが、この図と全く似ても似つかぬ別種だからである。くどいが、

現在のテングギンザメ=真正のテングギンザメ科のテングギンザメ類「天狗ザメ」

であるので注意されたい。現在の真正のテングキンザメ類は遂に次の図で出る。

「神田玄泉」(生没年不詳)は江戸の町医。出身地不詳。玄仙とも。他の著作として「本草考」「霊枢経註」「痘疹口訣」などの医書がある。既出既注であるが、再掲しておく。

「日東魚譜」全八巻。本邦(「日東」とは日本の別称)最古の魚譜とされるもので、魚介類の形状・方言・気味・良毒・主治・効能などを解説する。序文には「享保丙辰歳二月上旬」とある(享保二一(一七三六)年。この年に元文に改元)但し、幾つかの版や写本があって内容も若干、異なっており、最古は享保九(一七一九)年で、一般に知られる版は享保一六(一七三一)年に書かれたものである。丹洲の言っているのは、のキャプションで指示しているのと同じ、国立国会図書館デジタルコレクションのこれであるした(左頁)。そこでは図に『ギンザメ』とキャプションがある。]

« 栗本丹洲 魚譜 【銀ハ】エ (ギンザメ♀) | トップページ | 栗本丹洲 魚譜 天狗鯊 (アズマギンザメの♂) »