フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲 明治二十八年 従軍志願 | トップページ | 私の愛した人へ »

2018/03/04

栗本丹洲 魚譜 ヱブタ (アカエイ)

Ei

[やぶちゃん注:図版は国立国会図書館デジタルコレクションの「魚譜」からトリミングし、合成した。尾が手前(右)上部へ大きく張り出しているため、今回は尾部の下部をカットした。残念なことに、国立国会図書館デジタルコレクションの画像は、本種の全体像を尾部でカットして画像化しているため、私が二枚を合成し、さらに右下部をカットした。右手に中央に少し見えているのは前の前のエイの胎児の乾燥標本の図の頭の部分、中央の尾の下の部分に少し下から突き出しているのは、前の「コンベ」の体盤の右端であり、本図とは孰れも全く関係がない。]

 

□翻刻1(原図の一行字数と合わせたもの)

 海鷂魚

  紀州熊埜浦

  方言 ヱブタ

閩書所載之牛魚

卽是其書云其尾

長如牛味美在肝

呌䱋魚口在腹下

無鱗軟骨紫黒色

尾長於身尾本有刺

毒能螫人

 

□翻刻2(句読点及び推定で一部に歴史的仮名遣で読みを附し、一部を連続させ、読み易くするために一部に推定で補助(記号を含む)を加えたもの

 海鷂魚(かいえうぎよ)

  紀州・熊埜(くまの)浦

  方言「ヱブタ」

「閩書(びんしよ)」に所載するの「牛魚(ぎうぎよ)」は、卽ち、是れなり。其の書に云はく、『其の尾、長く、牛のごとし。味、美(よ)く、肝に在り。俗に「呌䱋魚(けうこうぎよ)」と。口、腹の下に在り。無鱗にして軟骨。紫黒色。尾は身よりも長し。尾の本(もと)に刺毒(しどく)有り、能(よ)く人を螫(さ)す。』と。

 

[やぶちゃん注:名前(以下の下線太字参照)・形状、辺縁部の色及び有意な大きさと有毒な棘の保有(但し、エイ類はこの毒棘を有するものは多い)、食用に供して美味いという、点を総て満たすことから、本邦の沿岸部でごく普通に見られる、エイ類でも大型種の一つである軟骨魚綱板鰓亜綱トビエイ目アカエイ科アカエイ属アカエイ Dasyatis akajei に比定したい。漢字では「赤鱏」「赤鱝」と書くのが一般的。標準的な成体の体部長は一メートルほどであるが、ここに見る通り、尾が非常に長く、尾を含めると、全長は最大二メートルにも達する。ウィキの「アカエイ」より引く。『北海道南部から東南アジアまで、東アジア沿岸域に広く分布』し、『フィジーやツバルでも』棲息報告がある。なお、種小名akajei(アカイェイ)は無論、和名由来である。『日本を含む東アジアの沿岸域に広く分布し、分布域では普通に見られる。食用ではあるが、尾に毒の棘があるので充分注意しなければならない』。『多くのエイに共通するように、体は上から押しつぶされたように平たく、座布団のような形をしている。左右の胸鰭は緩やかな曲線を描くが、吻は尖っている。背面は赤褐色』や『灰褐色で、腹面は白いが、鰭や尾など辺縁部が黄色』或いは『橙色になる点で近縁種と区別できる。背面に目があり、噴水孔が目の後方に近接して開く。腹面には鼻孔、口』、五『対の鰓裂、総排出腔がある』。『体表はほとんど滑らかだが、背中の正中線付近には小さな棘が並び、尾に続く。尾は細長くしなやかな鞭状で、背面に短い棘が列を成して並ぶ。さらに中ほどには』数センチメートルから十センチメートルほどの、『の長い棘が』一、二本、『近接して並ぶ。この長い棘には毒腺があり、刺されると』、『激痛に襲われる。数週間も痛みが続いたり、アレルギー体質の人はアナフィラキシー』・『ショックにより死亡することもある。棘には鋸歯状の「返し」もあり、一度刺さると』、『抜き難い。刺されたら』、『まず』、『毒を絞り、患部を水または湯で洗い流した後、早急に病院で治療を受ける必要がある。生体を扱う際は、尾を鞭のように払って刺そうとするので充分』、『注意しなければならない。生体が死んでも』、『毒は消えないため、死体を扱う際にも尾には注意が必要である』。『浅い海の砂泥底に生息し、分布域では目にする機会が多い。河口などの汽水域に侵入することもある。普段は砂底に浅く潜り、目と噴水孔、尾だけを砂の上に出す。泳ぐ時は左右の胸鰭を波打たせ、海底近くを羽ばたくように泳ぐ。食性は肉食性で、貝類、頭足類、多毛類、甲殻類、魚類など底生生物を幅広く捕食する。アサリなどの漁場では、食害が問題となることもある』。『繁殖形態は多くの軟骨魚類に見られる卵胎生で、メスは交尾後に体内で卵を孵化させる。春から夏にかけて浅海で出産される』五~十『匹の稚魚は体長』十センチメートル『ほどで、背面も腹面も一様に淡褐色だが、体型は親と同じである』。『弱った個体が浜に打ち上げられたり、浅い海で知らずに海水浴で踏んでしまった時には、毒針を受ける危険がある。しかし、触ったりしない限りは』、『人を刺すことはない』。『天敵はサメ類で、特にシュモクザメ類によく狙われる。毒針もシュモクザメには通用しないようで、T字状の頭で押さえつけられ、殴打されて食べられてしまう』。地方名は『アカエ(関西)』、エブタ(和歌山県)、『アカマンタ(沖縄県)、アカヨ、ホンエイなど』がある。『定置網や底引き網などの沿岸漁業で漁獲される。漁業価値は高くないが、エイ類としては多く漁獲され、利用頻度も高い』。『刺身、湯引き、煮付け、煮こごりなどで食用になる。鰭の軟骨を干物にしたり、魚肉練り製品の原料にも使われる。身は脂肪が少なく繊維質が強く、エイの中で最も美味といわれる』。『生の身はピンク色だが、湯引きすると白色になる。肉質はしっかりしていて悪くないが、軟骨魚類の例に漏れず』、『漁獲後に時間が経つと』、『アンモニア臭が発生する。日本では酢味噌やショウガ、酒などを用いて臭みを消す料理が一般的である』。『毒針を切り取って槍先に用いたり、割って毒素を取り出し、矢毒としても使われた』。以下、「民俗」の項。既にエイの胎児の乾燥標本図で述べた。『アカエイの総排出腔はヒトの女性の陰部に似るといい、傾城魚の別名があり、飯島花月』(文久三(一八六三)年~昭和六(一九三一)年:実業家。長野県上田生まれ。生地で商業会議所会頭などを歴任、大正八(一九一九)年に「十九銀行」頭取となり、昭和恐慌に際しては「六十三銀行」との合併による「八十二銀行」の創立に奔走、合併直前に死去した。花月は号で、江戸庶民文学の研究家としても知られ、蔵書一万冊は「花月文庫」として上田市立図書館に寄贈されている。ここは講談社「日本人名大辞典」に拠った)の『「臙脂筆(べにふで)」』(恐らくは死後の戦後に刊行されたもの)『には、「赤えい一名傾城魚といひ、傾城魚の抱心いかに春の海、といへる俳句あり」とある』。『「傾城」とは元来美女または遊女の意であるが、城を傾ける魚ということからのちにアカエイは巨大なものであると信じられ、アカエイの京などという説話が信じられた』とある。

・「海鷂魚(かいえうぎよ)」歴史的仮名遣なら「かいようぎょ」。「鷂」は鳥綱タカ目タカ科ハイタカ属ハイタカ Accipiter nisus を指す(この和名の元は「疾(はや)き鷹(たか)」。古くは「はしたか」とも称した)。腑に落ちる。

・「ヱブタ」語源不詳。しかし今まで見て来たように、「ヱ」は「エイ」のことであるから、後は「ブタ」の解明である。後に「牛」が出るからといって、安易に「豚」とするのはいかがなものか? 実際、ブタとエイは私はそれほど似ているようには思わない(私は豚も鱏も、動物として特に偏愛する人間であるが)。恐らくは体盤が丸く、「蓋(ふた)」のようであることからの呼称ではあるまいか?

・「閩書(びんしよ)」「閩書南産志」。明の何喬遠(かきょうえん)撰になる福建省の地誌。

・「牛魚(ぎうぎよ)」不詳。残念なことに中文サイトでも原書に当ることが出来ない。因みに現代中国語では、全然関係ない、スズキ目南極魚亜目牛魚科 Bovichtidae という極地性の魚類に与えられている。

・「味、美(よ)く、肝に在り」これはアカエイは美味いが、特にその極め付けは肝(肝臓)にあると言っているのであろう。福本タミ子共同論文エイの魚食文化と地域性PDF)にも「閩書南産志」『には「味の美さは肝にあり」と特筆されている』と載る。

呌䱋魚(けうこうぎよ)」不詳。生き残っていない異名である。「」は「叫」の異体字であるが、或いは巨体となって跳ね回るそれをかく言ったか。「」は「」と同義とし、「黄色と白色の二色の体をしており、尾に毒を含む魚」の意とするから、これは確かに「エイ」である。但し、後者は「魚が肥える」の意もある。]

« 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲 明治二十八年 従軍志願 | トップページ | 私の愛した人へ »