フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栗本丹洲 魚譜 ドチザメ | トップページ | 栗本丹洲 魚譜 カスカメの胎子 (カスザメの胎児) »

2018/03/27

栗本丹洲 魚譜 ネコザメの子 (ネコザメの幼魚)

 

Nekozame

 

[やぶちゃん注:図版は国立国会図書館デジタルコレクションの「魚譜」から。頭部下に突き出ているのは、前の「ドチザメ」の背鰭で本図とは無関係。]

 

□翻刻1(原則、原典のママ)

猫サメ

 サヾヘワリノ子ナリ

 頭四角ニ乄桔梗

 花ノツホミニ似タリ

 因テキヽヤウサメ

 

 

□翻刻2(今まで通り、読み易く約物を正字化し、推定訓読して整序した)

「猫ザメ」

 「サザヱワリ」の子なり。頭、四角にして桔梗(ききやう)の花のつぼみに似たり。因りて「キキヤウザメ」と云ふ。

 

[やぶちゃん注:軟骨魚綱板鰓亜綱ネコザメ目ネコザメ科ネコザメ属ネコザメ Heterodontus japonicus の幼魚個体の図。但し、本文を曲解されると困るので言っておくと、「サザヱワリ」(榮螺割(さざえわ)り)はネコザメの異名であって、「ネコザメ」は同種の標準和名であり、幼魚の呼称ではないただ、丹洲の気持ちも判らないではない。成魚の大きさになって初めて、大きなサザエも噛み砕いて食うようになるので「サザエワリ」であり、幼魚の頃は文字通り、子猫のように可愛らしい「ねこざめ」ちゃんだからね!

 今まで、胎児や卵鞘(卵殻)の図は出て来たが、そこではネコザメ自体の解説をしていないので、ウィキの「ネコザメを以下に引いておく(アラビア数字を漢数字に代え、記号の一部を変更・省略した)。分布は『太平洋北西部。日本では北海道以南の沿岸で見られる他、朝鮮半島、東シナ海の沿岸海域に分布する。水深六~三十七メートルの浅海の海底付近に生息し、岩場や海中林などを好む』。『最大全長百二十センチメートル。背鰭は二基で、いずれにも前端に鋭い棘を備える。これは』、『とくに幼魚が大型魚の捕食から逃れるのに役立っている。臀鰭をもつ。体型は円筒形。薄褐色の体色に、縁が不明瞭な十一~十四本の濃褐色横帯が入る。吻は尖らず、眼の上に皮膚の隆起がある。この眼上隆起を和名ではネコの耳に、英名』(Japanese bullhead shark)『ではウシの角に見立てている。歯は他のネコザメと同様、前歯が棘状で、後歯が臼歯状である。循鱗は大きく、頑丈である』。『底生性で岩場や海藻類の群生地帯に住み、硬い殻を持つサザエなどの貝類やウニ、甲殻類などを好んで食べる。臼歯状の後歯で殻を噛み砕いて食べるため、サザエワリ(栄螺割)とも呼ばれる。日中は海藻や岩の陰に隠れ、夜間に餌を求めて動き回る夜行性である。遊泳力は弱いが、胸鰭を使って海底を歩くように移動することもある』。『卵生。日本では三月から九月にかけて産卵が行われ(三~四月が最盛期)、雌は卵を一度に二個ずつ、合計六~十二個産む。卵は螺旋状の』襞『が取り巻き、岩の隙間や海藻の間に産み落とされた卵を固定する役割がある。仔魚は卵の中で約一年かけて成長し、約十八センチメートルで孵化する。雄は六十九センチメートルで成熟する』(先行する「波マクラ(ネコザメの卵鞘と胎児)を参照)。『刺し網などで混獲されるが、水産上重要でない。日本の和歌山など地方によっては湯引きなどで賞味される。酢味噌をあえる場合もある』。本邦では『水族館などでよく飼育、展示される。下田海中水族館(静岡県下田市)はネコザメの繁殖賞を受賞している。一般家庭での水槽飼育も可能で、小さな個体は観賞用に売買されることもある』。『人には危害を加えない』。]

« 栗本丹洲 魚譜 ドチザメ | トップページ | 栗本丹洲 魚譜 カスカメの胎子 (カスザメの胎児) »