フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 御伽百物語卷之一 宮津の妖 | トップページ | 栗本丹洲 魚譜 コンベ (ソコガンギエイかドブカスベか?) »

2018/03/03

栗本丹洲 魚譜 ヱイ 腹中 初生ノ胎子 (エイの胎児の乾燥標本)

 

Einotaiji

 

[やぶちゃん注:図版は国立国会図書館デジタルコレクションの「魚譜」からトリミングした。左上部にあるのは、次の次に出る非常に大きなエイの尾の一部であるが、本図(エイの胎児)とは全く関係がない。]

 

□翻刻1(原図の一行字数と合わせたもの)

ヱイ 腹中 初生ノ胎子

乾腊スルモノ下図ノ如シ

又三四尺ノ母魚肚肥大者

漁人子アルヲ知テ其陰

戸中ヘ手ヲサシ入テ胎子

ヲ探出スニ七八寸ヨリ尺

許子十餘頭アリ

二十餘頭出ルモアリト云

 

□翻刻2(片仮名を平仮名に代え、句読点及び推定で一部に歴史的仮名遣で読みを附し、連続させ、読み易くするために一部に推定で補助を加えたもの。最初の一行は字空けが施されてあり、明らかに図の標題と読めるので、前後を鍵括弧で囲み、中黒を附して独立させた

「ヱイ・腹中・初生の胎子(はららご)」

乾腊(かんせき)するもの、下図の如し。又、三、四尺の母魚(ぼぎよ)、肚(はら)の肥大せる者、漁人(ぎよじん)、子あるを知りて、其の陰戸(ほと)の中へ、手をさし入れて、胎子(はららご)を探り出だすに、七、八寸より尺許(ばか)りの子、十餘頭あり。二十餘頭出づるもあり、と云ふ。

 

[やぶちゃん注:軟骨魚綱板鰓亜綱エイ上目 Batoidea のエイ類の胎児標本エイ類の多くは卵胎生である。流石に、この乾燥標本図から種までは私には同定出来ない。但し、後注で候補の一種は掲げておく

「ヱイ」御覧の通り、ここでは「ヱ」ではなく、はっきり「ヱイ」と表記している。鱏(えい)には二様の表記法が存在したことがあったことがこれで判る

・「初生」卵から生まれたばかりの子。但し、当時の一般人の認識には卵胎生という認識はないから、これは人間と同じ胎児と認識していたであろう。丹洲がどうであったかはよく判らぬが、やはり卵胎生という区別はなかったのではないかと考える。

・「胎子(はららご)」何となく、この絵を見ていると可哀想な気がして、こう訓じたくなっただけである。「たいし」「たいじ」「はらこ」「はらご」でもよい。

・「乾腊(かんせき)」「腊」は干し肉の意がある。別に「重ねる」の意があることから、植物の圧を加えて作製する乾燥標本(押し花)の手法を乾腊法などとも呼ぶが、この胎児標本は圧を加えているようには見えないので、それは採らず、単に乾燥させて作った標本の意で採る。ネット上では学術的な記載でも乾腊を「かんさく」と読んでいるものを多く見かけたが、これは誤りである。そんな読みはこの「腊」の字はない。一言、注意しておく。

「三、四尺」九十一センチメートルから一メートル二十一センチメートルほど。かなり大きい。本邦の近海で漁師が普通に知っていて、これだけ大きくなるとなると、板鰓亜綱トビエイ目アカエイ科アカエイ属アカエイ Dasyatis akajei を同定候補に挙げることは可能である。次の記載からも実は、これは結構、有力な同定ではないかと私は考えている

「陰戸(ほと)」の総排出腔(生殖管・尿管・肛門が一体となったもの)。「ほと」は本来はヒトの女性生殖器のこと。実はアカエイのの総排出腔は人間の女性器に似ており、アカエイのことを別名で「傾城魚(けいせいぎょ)」とも称する。実際、古くは漁師がこれを捕えて毒針を切り落とし、欲求処理の代用品としたことは、かなり知られた話である。

「七、八寸より尺許(ばか)り」二十一~二十四センチメートルから三十・三センチメートル。]

« 御伽百物語卷之一 宮津の妖 | トップページ | 栗本丹洲 魚譜 コンベ (ソコガンギエイかドブカスベか?) »