フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栗本丹洲 魚譜 ネコザメの子 (ネコザメの幼魚) | トップページ | 栗本丹洲 魚譜 銀ザメ (ギンザメの♀或いはニジギンザメの♀) »

2018/03/27

栗本丹洲 魚譜 カスカメの胎子 (カスザメの胎児)

 

Kasuzamtaiji

 

[やぶちゃん注:図版は国立国会図書館デジタルコレクションの「魚譜」からトリミングした。]

 

□翻刻1(原則、原文のママであるが、約物のカタカナの「ト」と「モ」の合字は表記出来ないので、正字で示し、ブログのブラウザの不具合が生ずるので二行目の位置は上げてある)

カスカメノ胎子 コレヨロイザメナリ 袖ザメトモ云モノ

                 亦此類ナリ

 

□翻刻2(読み易く整序した。なお、後で述べるように標題の「カスカメ」は誤字の可能性が高いが、正表記が二様に考えられるため、敢えてそのままで出した。後注を参照されたい)

「カスカメ」の胎子(はららご)

これ、「ヨロイザメ」なり。「袖ザメ」とも云ふもの、亦、此の類ひなり。

 

[やぶちゃん注:先に「カスカメ」という魚名に限って問題にする。これは私は「カスブカ」或いは「カスザメ」の誤記と判断する。而して成魚巻子本冒頭登場る「カスブカ」(そこでははっきりと「カスブカ」と書かれてある)、

軟骨魚綱カスザメ目カスザメ科カスザメ属カスザメ Squatina japonica の胎児(本種は卵胎生)

である。再掲すると、魚体が扁平でエイのように見えるが、立派な鮫で(鰓孔が体の側面にあることでサメ類と判る。エイ類は体の腹面に鰓孔を有する)、名に「ブカ(フカ)」がつくのは古名ながら、正しい。「かすざめ」とは「糟鮫」で、「ぼうずコンニャクの市場魚介図鑑」の「カスザメ」の「由来・語源」によれば、『東京での呼び名。価値のないカス(糟、粕)のようなサメの意味』とある。にしても、この画、丹洲にしては雑な感じがする。

「ヨロイザメ」当時のカスザメの地方異名と採る。カスザメの皮は非常に硬く除去し難い。ウィキの「カスザメによれば、同種の『背面は中程度の大きさの皮歯に覆われ、頭部から尾までの正中線上には大きな棘の列が走』っており、『皮は鮫皮として、おろし金や刀剣の鞘としても用いられる』から「ヨロイ」(鎧)はまさにしっくりくるのである。実は標準和名で同名の軟骨魚綱ツノザメ目ヨロイザメ科ヨロイザメ属ヨロイザメ Dalatias licha がいるが、これは形状が全く異なる。

「袖ザメ」これも当時のカスザメの地方異名と採りたいカスザメは体は細いが、胸鰭・腹鰭は大きく広がっており、まさに「袖」のように見えるからである。]

« 栗本丹洲 魚譜 ネコザメの子 (ネコザメの幼魚) | トップページ | 栗本丹洲 魚譜 銀ザメ (ギンザメの♀或いはニジギンザメの♀) »