フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栗本丹洲 魚譜 波マクラ (ネコザメの卵鞘と胎児) | トップページ | 栗本丹洲 魚譜 白のコバンザメ »

2018/03/26

栗本丹洲 魚譜 鮫魚ノ子 (サメの胎児)

 

Samenoko

 

[やぶちゃん注:図版は国立国会図書館デジタルコレクションの「魚譜」から。]

 

□翻刻1(原則、原典のママ)

鮫魚ノ子 何サメナルヤ未詳

     日本橋魚肆ニテ

     貰ヨシ  雞卵ノ如

      色モチヤボノ卵

      似タリ

      大サ図

      但シ口ナシ

 

 

□翻刻2(今まで通り、読み易く約物を正字化し、推定訓読して整序した)

「鮫-魚(サメ)」の子 何ザメなるや、未だ詳らかならず。日本橋、魚-肆(さかなや)にて、貰ひ来(きた)る、よし。雞卵の如にして、和(やはら)かなり。色も「チヤボ」の卵に似たり。大いさ、図の如し。但し、口、なし。

 

[やぶちゃん注:同定は私も不能。入手状況が不詳であるから、範囲を狭めることも難しいが、魚屋が入手したとなると、前に示されたような、所謂、卵生種の鞘に入った胎児ではなく、それなりに大きなサメが入手され、それを解体した際に、で、その体内から発見された未成熟胎児であった(口吻部も未だ癒着していて開口していない)可能性が高いようには思われる縦縞模様が特徴だから、これが決め手になるのかも知れぬが、幼体なので私にはお手上げ例えば、卵胎生で、日本橋の魚河岸に持ち込まれてもおかしくない、背中に白い縦方向への斑点(星)模様を有意に持つ(或いは胎児はこんな縞々かも知れんという全くの想像)、軟骨魚綱ネズミザメ上目メジロザメ目ドチザメ科ホシザメ属Mustelus manazo を試みに挙げておく。

「チヤボ」「矮鷄」。ニワトリの一品種であるチャボ。現在、天然記念物。普通の鶏卵の黄身よりも赤味(橙味)が薄く、より黄色に見える。但し、江戸時代の鶏卵と現行のそれはまた、異なるであろうから、これは現行のニワトリの一般的な鶏卵とチャボの違いを述べておいた。]

« 栗本丹洲 魚譜 波マクラ (ネコザメの卵鞘と胎児) | トップページ | 栗本丹洲 魚譜 白のコバンザメ »