フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 進化論講話 丘淺次郎 第十三章 古生物學上の事實(4) 三 鳥類の先祖 | トップページ | 明恵上人夢記 59 »

2018/03/31

小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附やぶちゃん注(31) 禮拜と淨めの式(Ⅸ) 卜占

 

 凡そ祖先崇拜の永續的の形をもつたものは、一種或は多種の筮卜[やぶちゃん注:「ぜいぼく」。意味は筮竹(ぜいちく)を使って占うことであるが、原文は“divination”であるから、ここは広義の占術のこと。平井呈一氏も同じくこの前後を『筮卜法』と訳しておられるが、ここで小泉八雲は洋の東西を問わない多様な占いを述べており、直後には本邦の例として筮竹を用いない古式の鹿卜(ろくぼく/まにぶと)や粥占(かゆうら)、更には物を用いない聴覚だけの辻占(つじうら)の例まで挙げられてもいるのであるから、私には適切な訳とは思われない。「卜占(ぼくせん)」でよいだろうに。の方法をもつて居るが、神道もこの一般の法に洩れない。笙卜が古代の日本に於て、嘗てギリシヤ人及びロオマ人の間にもつて居たやうに、公式上重要なものとなつて居たかはどうか、それは今疑問となつて居る。併し支那の星占ひ、魔法、身上判斷[やぶちゃん注:原文は“fortunetelling”。運勢判断のこと。平井氏は『易』と訳しておられる。]等の傳來したより餘程以前に、日本人はいろいろな種類の筮卜を行つて居た、それは昔の詩歌、記錄、奉祭等に依つて證明される。吾吾[やぶちゃん注:「われわれ」。我々。底本では一字目の「吾」の後が改行になっているために、「々」が用いられていないだけのことである。]はまた大きな祭祀に件なつて、官廰の筮卜者の事の記されたのを見る。筮卜には、骨に依つたのもあり、鳥に依つたのや、米、大麥の粥に依つたの、足跡、地に立てられた棒に依り、また公道で行く人の話を聽く事に依るのもある。これ等の筮卜の古い方法は殆どすべて――恐らくすべててあらうか――なほ人々の間に一般に用ひられて居る。併し一番古い公式の筮卜は、鹿若しくは他の動物の肩胛骨を焦がし、それに依つて生ずる焦げる音を聞き別ける事に依つて【註】なされた[やぶちゃん注:これは戸川明三氏のトンデモ語訳である。原文は“But the earliest form of official divination was performed by scorching the shoulderblade of a deer, or other animal, and observing the cracks produced by the heat.”で、無論、「しかし、最初期の正式な卜占法は、鹿や他の動物の肩甲骨を焦がし、その熱によって生じた骨の表面の亀裂を観察することによって行われた。」である(これは英語の苦手な私でも、普通の中学生でも過たず訳せる)。戸川は“the cracks”の部分を、物に罅が入って割れた時の「音」のオノマトペイアと採ってしまったのである。にしても、かの秋骨先生が亀卜も鹿占も知らなかったというのは、ちょっと意外中の意外である。吃驚した。]。後になつては龜の甲良が同じ目的のために用ひられた。筮卜者は特に皇室に附屬して居たらしい。本居(宜長)は十八世紀の後半に、其時代になほ行はれて居た筮卜を以て、皇室の仕事の一部として、それに就いて語つて居る。曰く『時の終りに至るまて、御門は日の女神の子てある。御門の心意は、日の女神と、思考に於ても、感情に於ても全く一致して居る。御門は決して新しい工夫を探さない。併し神代から始まつた先例に從つて治めて行く。そして若し疑はしい事があれば、大なる女神の心意を明らかにしてくれる筮卜にその決定を求める』と。

[やぶちゃん注:以下の註は底本では、ポイント落ちで、全体が四字下げである。]

 

註 筮卜のこの形に關して、サトウ氏は、ヂンギス汗の時代に、モンゴオル人に依つてそれが行はれ、今日なほ韃靼[やぶちゃん注:「だつたん(だったん)」。原文は“Khirghis Tartan”。戸川氏は地域としての「モンゴル高原のタタール部」として訳しているようである。平井氏は『ギルギス韃靼人の間で』とこの前後を訳しておられる。原文からは平井氏の方が正しい気がする。]のカアギス族に依つて行はれて居ると云つて居る――これは古い日本の種族が孰れにその起原を有するやに關しての非常に興味ある事實である。

 右の公式の筮卜の例については、アストン氏の『日本紀』の譯第一卷、一五七、一八九、二二七、二二九、二二七頁を見よ。

[やぶちゃん注:平井呈一氏はこの原注に先立って、本文の最後にある本居宣長の「直毘靈」(なおびのみたま:宣長 四十二歳の時の著。全一巻。明和八(一七七一)年、成稿。当初は「古事記傳」第一巻の総説に収められたが、後の一八二五年に単行本として刊行した。表題は「直毘神のみたまによって漢意(からごころ)を祓い清める」の意で、「古事記」の本質を体系的且つ簡潔に論述したもの。宣長の「古道論」を代表する著作)の当該箇所が引かれている。漢字を概ね、恣意的に正字化して以下に示す。

   *

千万御代(チヨロヅミコ)の御末(ミスエ)の御代(ミヨ)まで、天皇命(スメラミコト)はしも。大御神(オホミカミ)の御子(ミコ)とましまして。

御世々々(ミヨミヨ)の天皇(スメラギ)は。やがて天照大御神(アマテラスオホミカミ)の御子(ミコ)になも大坐(オホマシ)ます。かれ天津神(アマツカミ)の御子(ミコ)とも。日(ヒ)の御子(ミコ)ともまをすぞ。

天(アマ)つ神(カミ)の御心(ミココロ)を大御心(オホミココロ)として。

  何(ナニ)わざも。己命(オノレミコト)の御心(ミココロ)もてさかしだち賜はずて。ただ神代(カミヨ)の古事(フルコト)のままにおこなひ給ひ治(ヲサ)め給ひつつ。疑(ウタガ)ひおもほす事しあるをりは。御卜事(ミウラゴト)もて天神(アマツカミ)の御心(ミココロ)を問(トハ)して物し給ふ。

   *

「アストン氏」イギリスの外交官で日本学者のウィリアム・ジョージ・アストン(William George Aston 一八四一年~一九一一年)。十九世紀当時、始まったばかりの日本語及び日本の歴史の研究に大きな貢献をした、アーネスト・サトウ、バジル・ホール・チェンバレンと並ぶ初期の著名な日本研究者である。ウィキの「ウィリアム・ジョージ・アストンを参照されたい。

 

 少くとも有史時代になつては、笙トはあまり戰時に用ひられたとは思はれない――確にそれがギリシヤ及びロオマの軍隊に依つて用ひられたやうには用ひられなかったらしい。日本の最大なる將軍――秀吉、信長の如き人――は前兆に關しては、全く不信心であつた。恐らく日本人は、その長い戰史の初期に於て、經驗に依今、前兆に從つて兵を動かし將軍は、前兆の如きものを眼中に置かなかつた戰ひに巧みな敵に對する場合、常に甚だしい不利の位置に立つ事を知つたに相違ないのてある。

 人々の間に行はれた筮卜の古い形の内にあつて、今日なほ殘つて居り、家族の間に尤も普通に行はれて居るのは、乾いた米を以てする筮卜である。公式には支那の筮卜がなほ盛んに行はれて居る。併し日本の身上判斷者[やぶちゃん注:原文は“fortune-teller”。前と同じで、これは「占い師」或いは平井氏のように『易者』の方がしっくりくる。]は、支那の書物を參照する前に、必らず神道の神々を呼び起こし、自分の客を迎へる室には、神道の神壇を置いて居るのを見るが、これは頗る興味ある事である。

 

« 進化論講話 丘淺次郎 第十三章 古生物學上の事實(4) 三 鳥類の先祖 | トップページ | 明恵上人夢記 59 »