フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栗本丹洲 魚譜 ウミヅル (卵生サメ・エイ類の卵鞘の付属器と同定) | トップページ | 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 流され王(6) »

2018/03/17

栗本丹洲 魚譜 狂言バカマ (キスジゲンロクダイ)

 

Kyougenbakama

 

[やぶちゃん注:図版は国立国会図書館デジタルコレクションの「魚譜」からトリミングした。]

 

□翻刻

小魚異品

狂言バカマ

 

[やぶちゃん注:これは困った。独特の色を帯びた横縞模様に第二背鰭にある、白円周枠を持つ円紋に加えて、ツンと尖がった吻、平べったい体幹、第二尻鰭のある辺りが上下に張り出している点、尾鰭の形から見ても、これはまず、条鰭綱スズキ目スズキ亜目チョウチョウウオ科チョウチョウウオ属 Chaetodon だろうと踏んだ。横縞の色(暗褐色と黒)にやや戸惑ったが、丹洲は『小魚異品』としており、これは成魚ではなくて、幼魚・稚魚・若年の成長過程のごく若い時期の魚だと言っていると考えた。多くの魚類で、成魚と幼魚や稚魚を含む若年個体では著しく見た目が異なるケースがあり、極端な場合は同一種にさえ見えないこともあることは釣り人なら誰もが知っていることであるが、これもそうした個体なのではないかと踏んだ。さらに、丹洲が「異品」と書く以上は、まず他では見たことがない、今まで沢山の魚の図を描いてきたが、こんなもの(恐らくは色と目玉模様)は見たことがない、小さいくせに、極めて変わった形状と色・文様である、と感じたからこそ、丹洲は、わざわざ『異品』と記したのだと考えた。図鑑類と幼魚の写真を載せる複数記事やサイトを彷徨した結果、最終的には私は、

条鰭綱スズキ目チョウチョウウオ科タキゲンロクダイ属キスジゲンロクダイ(黄筋元禄鯛)Coradion chrysozonus

と比定した。最初に目を留めたのは個人ブログのんべぃの水中写真生活2012-5 ボホール5(ボホール島(Bohol Island)はフィリピン中部ビサヤ諸島の島)『キスジゲンロクダイ(幼魚~若魚)』で、そこには『幼魚ではなく』、『中学生くらいかな?』 『数は少なかったですが、じっとして何枚も撮らせてくれました』。『ヒレ全開でキャッチ』・『ライトも入っていい感じです。チュ~~って感じの口がカワイイ!』とある写真(掲載は残念ながら一枚のみ。)が、まさに本図によく似ているからであった。そこでWEB魚図鑑の「キスジゲンロクダイを見る。これはかなり似ていると言える。本種の特徴の一つである、『背鰭軟条部には成魚・幼魚ともに目玉模様があるが、臀鰭にはな』いとあるのとも一致する(下線太字やぶちゃん)。体長は十七センチメートルで、東部インド洋から西部太平洋の熱帯域珊瑚礁域に生棲息するとあるが、小笠原諸島の名を見出せる。『日本では少ない』とあるのは、逆に黒潮に乗ってやって来ることがある(死滅回遊)ことを意味しており、私の所持する日本での発行の魚類図鑑にも掲載されている(但し、その写真もフィリピンでの撮影ではある)。さすれば、まさに丹洲がこれまでに見たことがなかったそうしたレアな北上死滅回遊個体の「異品」であったと言ってよいのではなかろうか? なお、本来の赤黄色と白の横縞が黒と赤褐色になっているのは死体変容をも私は疑ってはいる。

 問題は、異名の「狂言バカマ」(赤黒縞の歌舞伎狂言の派手な衣装という由来であろう)の方で、これから入り込んでいたら、恐らく私は上記で比定したキスジゲンロクダイに凡そ辿り着けなかったとさえ思う。何故なら、驚いたことに、これ、出るわ、出るわ、この異名、多様な種につけられているのである。まずは、サイト「Private Aquarium」のこちらで、

スズキ目スズキ亜目チョウチョウウオ科ハタタテダイ属ハタタテダイ(旗立鯛)Heniochus acuminatus

和歌山での異名に「キョウゲンバカマ」があった。同種は島根県浜田ではサンバソウ(三番叟)とも呼ぶとある。しかし、こんな白旗は背鰭には立ってないし、魚体も全く違うし、そもそもが幾ら幼魚を見ても、旗が既に立っていて、本図とはちっとも似てないのである。次に、同じサイトのゴカキダイ駕篭担鯛に、

スズキ亜目カゴカキダイ科カゴカキダイ属カゴカイキダイ Microcanthus strigatus

にも異名の「キョウゲンバカマ」がある。ところがこれは横縞じゃなくて、斜体ストライプの縦縞。しかも幼魚を検索しても、縦縞は縦のまんまだから違う実は、最初にこの図を見た際に私は

スズキ亜目イシダイ科イシダイ属イシダイ Oplegnathus fasciatus

の幼魚を疑った。御存じのように、イシダイの幼魚は白地に七本の太い横縞を持つからである(成長過程や個体によっては白色部が金色や灰色を帯びたり、横縞が隣と繋がったりもするが、大体に於いて幼魚・若年魚ではこの横縞が明瞭であり、この時期は「シマダイ」(縞鯛)とさえ呼ばれる。その後、成長につれて白・黒が互いに灰色に近くなってゆき、縞は不鮮明となり、老成したでは全身が鈍い銀色光沢を残した灰黒色になってしまう)。しかも、彼らはやはりこの目立つ縞から、やかり「サンバソウ」とも各地で呼ばれることから、これはハタタテダイの同名呼称から敷衍すれば、「イシダイ」或いはその弱年個体が「キョウゲンバカマ」と呼ばれてもおかしくないことになるのである。しかし、横縞の数が違うし、魚体も似てなくはないが、どうも違う。そもそもイシダイやその幼魚のシマダイなら丹洲が、そして、彼のところに持ち込む魚問屋がそれを知らないはずがないのである。そうしたサイドの状況からも、これはイシダイではない

最後にくっきりとした横縞という観点から、私が今一つ考えたのは、

スズキ亜目マハタ属マハタEpinephelus septemfasciatus

であった。実はマハタにも「キョウゲンバカマ」の異名があるからである(「ぼうずコンニャクの市場魚介図鑑」のマハタの「地方名・市場名」を参照されたい)。しかし、魚体が著しく違い、円紋も存在しないから外した

 或いは、もっとぴったりした同定種がいるとされる方もおられるかも知れない。その時は、是非、御教授戴きたい。]

« 栗本丹洲 魚譜 ウミヅル (卵生サメ・エイ類の卵鞘の付属器と同定) | トップページ | 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 流され王(6) »