フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲 明治三十年 思う事あり蚊帳に泣く | トップページ | 寧日 山口芳光 (思惟的変更テクスト) »

2018/04/21

甲子夜話卷之四 30 宇和嶋侯、御料理頂戴のとき豪飮の事

 

4-30 宇和嶋侯、御料理頂戴のとき豪飮の事

宇和嶋少將【伊達村侯】壯年の頃か、殿中饗應御料理頂戴ありしとき、御酒の酌に出たる御番衆に向ひ、御祝儀の御饗禮なり、これにて頂戴すべし迚、椀を出されけるに、御給仕の衆つぎかねて扣たるを、恩賜のものなり、是非と申ゆゑ、酌をせしに、滿椀を一息に飮ほし、今一つ迚二椀まで傾たり。その御番衆もあきれて御酌を引しと云。

■やぶちゃんの呟き

「宇和嶋侯」「甲子夜話卷之三 32 伊達村侯【遠江守】、人品の事」と同じく、伊予国宇和島藩第五代藩主伊達村候(だてむらとき 享保一〇(一七二五)年(或いは享保八年とも)生~寛政六(一七九四)年)のことであろう。そこにも『常に酒を好めり』と出る。

「椀を出されけるに、御給仕の衆つぎかねて扣たる」「扣たる」は「ひかへたる」。持参した大振りの茶椀(将軍家より拝領した恩賜の茶椀ではある)で、殿中饗応(将軍家がホスト)の席上では例のない、ある意味でホストへの失礼な仕儀であったことから、相手をした御番方が吃驚し、躊躇もしたのであろう。

「傾たり」「かたむけたり」。

「御番衆もあきれて御酌を引し」「引(ひき)し」。そのマイ椀が相当な量が入るものであったから、それを二杯まで一気飲みされては、万一、酔って粗相があっては酌をした御番方も咎められると考えて、三杯目を所望される前に、そそくさと退いたのだろう。

 

« 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲 明治三十年 思う事あり蚊帳に泣く | トップページ | 寧日 山口芳光 (思惟的変更テクスト) »