フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附やぶちゃん注(33) 死者の支配(Ⅰ) | トップページ | 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲 明治三十年 『ホトトギス』生る »

2018/04/10

柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 ダイダラ坊の足跡 一 巨人來往の衢

 

 ダイダラ坊の足跡

 

    一 巨人來往の衢

 

 東京市はわが日本の巨人傳説の、一箇の中心地と云ふことが出來る。我々の前任者は、大昔かつてこの都の靑空を、南北東西に一跨ぎに跨いで、步み去つた巨人のあることを想像して居たのである。而うして何人が記憶して居たのかは知らぬが、其巨人の名はダイダラ坊であつた。

 二百五十年前の著書「紫の一本」[やぶちゃん注:「むらさきのひともと」。]によれば、甲州街道は四谷新町のさき、笹塚の手前にダイタ橋がある。大多(だいだ)ぼつちが架けたる橋のよし言ひ傳ふ云々とある。卽ち現在の京王電車線、代田橋の停留所と正に一致するのだが、あのあたりには後世の玉川上水以上に、大きな川はないのだから、巨人の偉績としては甚だ振はぬものである。併し村の名の代田(だいた)は偶然でないと思ふ上に、現に大きな足跡が殘つて居るのだから爭はれぬ。

 私は到底其舊跡に對して冷淡であり得なかつた。七年前に役人を罷めて氣樂になつたとき、早速日を卜して之を尋ねて見たのである。ダイタの橋から東南へ五六町[やぶちゃん注:五百四十六~六百五十四メートル。]、其頃はまだ畠中であつた道路の左手に接して、長さ約百間[やぶちゃん注:約百八十二メートル]もあるかと思ふ右片足の跡が一つ、爪先あがりに土深く踏み付けてある、と言つてもよいやうな窪地があつた。内側は竹と杉若木の混植で、水が流れると見えて中央が藥研(やげん)になつており、踵(かゝと)の處まで下るとわずかな平地に、小さな堂が建つてその傍に涌き水の池があつた。卽ちもう人は忘れたかも知れぬが、村の名のダイダは確かにこの足跡に基いたものである。

 あの頃發行せられた武藏野會の雜誌には、更に此隣村の駒澤村の中に、今二つのダイダラ坊の足跡があることを書いてあつた。それを讀んで居た自分は此日更に地圖を辿りつゝ、其方に向つて巡禮を續けたのである。足跡の一つは玉川電車から一町[やぶちゃん注:百九メートル。]ほど東の、たしか小學校と村社との中程にあつた。是も道路のすぐ左に接して、略同じ位の窪みであつたが、草生の斜面を畠などに拓いて、もう足形を見ることは困難であつた。併し踵のあたりに淸水が出て居り、其末は小流をなして一町步ばかりの水田に漑がれて[やぶちゃん注:「そそがれて」。]居る。それから第三のものはもう小字の名も道も忘れたが、何でも是から東南へ尚七八町も隔てた雜木林の間であつた。附近に所謂文化住宅が建たうとして、盛んに土工をして居たから、或は既に湮滅したかも知れぬ。是は周圍の林地より僅か低い沼地であつて、自分が見た時に最早足跡に似た點はちつとも無く、住民は新地主で、尋ねても言ひ傳へを知らなかつた。さうして物ずきな所謂史蹟保存も、流石に手をつけては居なかつたようである。

 代田と駒澤とは足の向いた方が一致せず、おまけに皆東京を後にして居るが、之に由つて巨人の通つた路筋を考へてみることは出來ぬ。地下水の露頭の爲に土を流した場處が、通例斯ういふ足形窪を作るものならば、武藏野は水源が西北に在る故に、ダイダラ坊はいつでも海の方又は大川の方から、奧地に向いて闊步したことになるわけである。江戸には諸國より色々の人が來て住んで、近世始めて開けた原野が多からうと思ふのに、何時の間に處々の郊外に、斯うして大昔の物語を傳へたものか。自分たちは之を單なる不思議と驚いてしまはずに、今すこししんみりと考へて見たいと思つて居る。

 たゞ不幸なことには多くの農民の傳説が、江戸の筆豆にも採錄せられぬうちに消えてしまつた。百年餘り前のことである。小石川小日向臺の本法寺といふ門徒寺の隱居に、十方菴敬順といふ煎茶のすきな老僧があつた。たゝみ焜爐[やぶちゃん注:「こんろ」。]といふ物を茶道具と一しよに携帶して、日返りに田舍へ出かけて、方々の林の陰に行つて茶を飮み、野らに働く人たちを捉へて話を聽いた。遊歷雜記と題する此坊さんの見聞錄が、江戸叢書の一部として出版せられて居る。それを搜して見るとほんの一つだけ、王子の豐島の渡しの少し手前の畑の中に、ダイダボツチの塚といふものがあつたことを誌してある。こゝでも土地の字は代田と謂ひ、巨人が此邊を步いた時、其草鞋にくつゝいて居た砂が落ちこぼれて、此塚になつたと村の人たちが彼に話したとある。其塚は今どこに在り、其口碑を談つた農夫の家は、どうなつてしまつたかも尋ねやうは無いが、兎に角に生眞面目にこんな昔話を聽いたり語つたりした者が、つい近年迄はこの地にさへ居たのである。

[やぶちゃん注:「衢」は「ちまた」。太字は底本では傍点「ヽ」。

「ダイダラ坊」私の好きな、日本の各地で伝承される巨人の名。多くの異名がある。詳しくはウィキの「ダイダラボッチを参照されたいが、私は昔から真面目にこれはギリシア神話の大工神「ダイダロス」や巨神族「タイタン」との発音上の連関からも、汎世界的なもののように感じている。

代田橋」現在の東京都世田谷区大原附近に存在した。ウィキの「代田橋によれば、『玉川上水が暗渠化される以前は、駅の北西』百メートル『ほどのところで甲州街道が上水を越えており、そこに「代田橋」が架かっていた』とあるから、中央附近(グーグル・マップ・データ)と推定される。

「紫の一本」は戸田茂睡による江戸前期の仮名草子。江戸の地誌の体裁を取りながら、文学的な要素も強い。成立は天和年間(一六八一年~一六八四年)前後と推定されている。

「ダイタの橋から東南へ五六町」「窪地」埼玉大学教育学部谷謙二(人文地理学研究室)氏の提供になる時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」の、の左の古地図の「大原」と書かれた附近(現在の「大原さんかく公園」)ではないかと思われる。

「玉川電車から一町ほど東の、たしか小學校と村社との中程」古地図を見たが、この条件に合う場所を特定出来なかった。

「遊歷雜記」小石川の隠居僧十方庵(じっぽうあん)敬順が文化年間(一八〇四年~一八一八年)に著わした江戸市中見聞録。国立国会図書館デジタルコレクションの「江戸叢書」にあが、当該条を探し得なかった。]

 

« 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附やぶちゃん注(33) 死者の支配(Ⅰ) | トップページ | 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲 明治三十年 『ホトトギス』生る »