フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栗本丹洲自筆「翻車考」藪野直史電子化注(3) 水戸萬寳圖 | トップページ | 栗本丹洲自筆「翻車考」藪野直史電子化注(5) 水戸萬寳全圖 »

2018/04/04

栗本丹洲自筆「翻車考」藪野直史電子化注(4) 解剖見内景

 

Manboukaibouzu


Syahonkaibouzu

[やぶちゃん注:画像は底本である国立国会図書館デジタルコレクションのこちらの「翻車考」のものをトリミングして最初に掲げた。二枚目は同じ国立国会図書館デジタルコレクションの今一つの、私が自筆本の他者による写本と考えている「翻車考」の同図(こちらの右頁)を同じくトリミングして参考に掲げた。後者の絵は朱で本文を記していること(自筆図譜では私は丹洲はこんな色では書かないと思う。図の印象を台無しにしかねないからである)、幾つかのた漢字の書体が丹洲のものと異なること、切り開いた上部の切片部の波のうち方が丹洲のそれと有意に異なること等から、私は丹洲ではない他者による写本と推定している。但し、図の再現度が極めて高いところからは丹洲の弟子か、極めて近しい絵の巧みな本草家辺りによるものと思っており、この図も内臓の彩色などは捨てがたい上手さを持っている。]

 

□マンボウの解剖図(国立国会図書館デジタルコレクションの8コマ目見開きの左頁)

■翻刻1(原典のまま。「ホシ」は「火十」のルビ、〔日〕は脱字を右横で小さく補ったものを同ポイントで挿入したもの)

解剖見内景

肝大者如葢形圓扁而

厚作荷葉紋其心謂之火十(ホシ)

上尖而尖下漸大状如荷包尖

処圓皮白中黄其膓大者長

六七丈圍一尺四五寸漁人取之

切作乾腊或塩藏為鮝者

作小薄片以細縄穿之〔日〕乾之如

其塩藏日乾五日 日曝者十

日方成其肝熬煎取油土人大得其利以無所其棄捐也

又聞此物膓胃厚濶食物直入胃中以琵琶魚云

 

 

■翻刻2(今までの通り、私が訓読して整序したもの。一部に私の添え文を《 》で挿入した)

「解剖して内景を見る《の圖》」

肝(きも)は、大なる者は、葢(へた)のごとし。形、圓く扁(ひら)たくして、厚し。荷(はちす)の葉の紋を作(な)す。其の心(しん)、[やぶちゃん注:心臓。]之れを謂ふに、「火十(ホシ)」と。上、尖りて、尖れる下は、漸(ぜんぜん)に大《となれり》。状(かたち)、荷(はす)の包(つぼみ)の尖れる処のごとし。圓き皮は白く、中は黄なり。其の膓(はらわた)、大なる者は、長さ、六、七丈、圍(まは)り、一尺四、五寸。漁人、之れを取り、切りて、乾-腊(ひもの)或いは塩藏と作(な)す。鮝(ひもの)に為(つく)れる者は、小さき薄き片に作(な)し、以つて細き縄にて、之れを穿ち、日に之れを乾す。如-其(もし)、塩藏せば、日に乾すこと、五日。日に曝(さらす)のみ《ならば》十日《にして》、方(まさ)に成る。其の肝、熬-煎(い)りて油を取る。土人、大いに其の利を得。以つて、其の棄捐(きえん)する所、無きなり、と。又、聞く、此の物の膓・胃、厚く濶(ひろ)し。食ふ物は直(ぢ)きに胃の中に入る。以つて「琵琶魚」と云ふ、と。

 

[やぶちゃん注:条鰭綱フグ目フグ亜目マンボウ科マンボウ属マンボウ Mola mola の剖検図。

「肝(きも)」位置から見て、これは肝臓であろう。

 

「葢(へた)」「ふた」と読んでもよいが、図のそれや形態から巻貝の「へた」を連想したものと見た方が自然と考えた。

「荷(はちす)」別に「はす」と読んでもよい。被子植物門双子葉植物綱バラ亜綱ヤマモガシ目ハス科ハス属ハス Nelumbo nucifer である。

「其の心(しん)、之を謂ふに、「火十(ホシ)」と。」思うに、以下の形状描写から見て、鰓の下方重積する腸の左端に見える赤い丸いもを指して言っていると私は思う。「火十(ホシ)」は小学館の「日本国語大辞典」の「星」の方言欄に『魚の心臓』とあり、岩手県釜石・伊豆大島・三宅島・静岡県賀茂郡を採集地に挙げている。但し、「火十」の漢字表記と、それが「魚の心臓」となる意味は不明。「星」は心臓の形からか。「火」は火星や金星のような、赤く燃えるという色からか。識者の御教授を乞う。なお、その上の有意に大きい少しピンクがかった丸いものは、位置的には私は胃のように思うが、如何?

「漸(ぜんぜん)に」だんだんと。

「圓き皮は白く、中は黄なり」前の描写は表皮(鱗)の下に厚い層を成すゼラチン質の部分を、黄色いのは体温保持のための脂肪か。

「六、七丈」十八・一八~二十一・一メートル。前にも引いた夏輝氏(彼は数少ない日本のマンボウ研究の専門家と思われる)の優れたマンボウ類に関する情報保管サイト内のマンボウの消化管でソーセージが作れそう?によれば(解剖写真があるので、クリックはくれぐれも自己責任で)、全長二十七センチメートルのごく小さなマンボウの消化管でさえ、体より遥かに長く、二メートル二十一センチメートル、全長の八・一倍もあったとあるから、マンボウ Mola mola の記録上の最大全長とされる三メートル三十三センチメートル個体だと、この倍率を単純に適応すると、二十七メートルにはなろうから(実際にはもっと長くなると思われる)、この数値は、決して誇張ではないことが判る。

「圍(まは)り、一尺四、五寸」消化管の外周が四十三~四十五・四五センチメートル。

「鮝(ひもの)」ボラ(ナヨシ)・イシモチや鮫類など、幾つかの海水魚に当てられてもいるが、別に魚の干物の意もあるので、それで採った。

「之れを穿ち」孔をあけて、繩で繋いで。

「日」太陽。

「日に曝(さらす)のみ《ならば》」塩漬けを経ずに生の切り身を日に曝すだけの場合は。

「棄捐(きえん)」捨て去って用いぬこと。

「食ふ物は直(ぢ)きに胃の中に入る」言わずもがな、主語はマンボウ自身。

「琵琶魚」一般には、形状から、即、腑に落ちるが、魚上綱硬骨魚綱アンコウ目アンコウ科 Lophiidae 類(特に本邦で食用にするキアンコウ(ホンアンコウ)Lophius litulon・アンコウ(クツアンコウ)Lophiomus setigerus)を指す語として知られるが、食って腹が膨れているるというイメージからはマンボウでも腑に落ちぬことはない。但し、現在では、この異名は見当たらない。或いは、前条でマンボウがアンコウの捌いたものと一緒くたにされて出回る旨の記載があったから、漁師自身がこの異種の二種を、かく同名で呼んでいた可能性もあろう。]

« 栗本丹洲自筆「翻車考」藪野直史電子化注(3) 水戸萬寳圖 | トップページ | 栗本丹洲自筆「翻車考」藪野直史電子化注(5) 水戸萬寳全圖 »