フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栗本丹洲自筆「蛸水月烏賊類図巻」 (無名クラゲ) | トップページ | 進化論講話 丘淺次郎 第十三章 古生物學上の事實(7) 六 貝塚の貝 /第十三章~了 »

2018/04/11

栗本丹洲自筆「蛸水月烏賊類図巻」 (無名クラゲ)

 

Nanasi2

 

[やぶちゃん注:底本は国立国会図書館デジタルコレクションのこちらの画像を用いた。掲げた図も同じで、上下左右をトリミングしてある。本図にはキャプションがない。これは中央部が四つ葉のクローバー状という不審があるが(通常はやや突出した一つのピークを呈する)、

刺胞動物門ヒドロ虫綱花クラゲ目盤泳亜目ギンカクラゲ(銀貨海月)科ギンカクラゲ属ギンカクラゲ Porpita porpita

の盤部(気泡体)の白い個体を描いたものと見做してよい。ウィキの「ギンカクラゲによれば、『暖海性、外洋性で黒潮海域に生息する。その平らな円盤状の気泡体の中心部は白色から銀色で、銀貨というより』、『牛乳瓶のフタや大根の輪切りに形容される場合もある。盤部は最大で』四センチメートル『程、その周囲には刺胞を持った』太鼓のバチ状をした『感触体、下には』一『つの大栄養体、感触体との間には多数の小栄養体がぶら下がる。感触体や盤部の端は藍青色をしている。それぞれの感触体には数十本の有頭触手がある。円盤の表面にはところどころに小さな円錐形の突起があり、円盤の内部には多数の隔壁を持った気嚢を持つ。円盤の部分は堅いキチン質でできており、骨格が浜辺などに打ち上げられる事がある。刺胞の毒性は弱いが』、『人によってはアレルギー反応が出るので油断できない』。『クラゲの様に見える群体はポリプで、かつては円盤状の管クラゲと考えられていたが、現在ではこの動物は浮遊のための浮きを備えたヒドロ虫と考えられている。その証拠として、別に本当のクラゲ型のクラゲが形成されることがあげられる。有性生殖のためには栄養体から小さなクラゲ芽を形成し、小さなクラゲを一度に放出する。クラゲ』は四『つの放射管を持つが』、『触手はもたない』とある。]

« 栗本丹洲自筆「蛸水月烏賊類図巻」 (無名クラゲ) | トップページ | 進化論講話 丘淺次郎 第十三章 古生物學上の事實(7) 六 貝塚の貝 /第十三章~了 »