フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會第四十一 水禽類 箆鷺(ヘラサギ) | トップページ | 和漢三才圖會第四十一 水禽類 鷗 »

2018/04/23

和漢三才圖會第四十一 水禽類 鸀鳿(同定不能・カモの一種)


Syugyoku

しよくきよく  鸑鷟

鸀鳿燭玉

        三才圖會謂

        屬玉鳥者是

チョッ ヨッ  乎

本綱鸀鳿狀似鳧而大長項赤目斑嘴毛紫紺色如鵁鶄

色也此鳥有文彩如鳳毛

 

 

しよくきよく  鸑鷟〔(がくさく)〕

鸀鳿【「燭玉」。】

        「三才圖會」に

        「屬玉鳥」と謂ふは是れか。

チョッ ヨッ

「本綱」、鸀鳿は、狀、鳧〔(かも)〕に似て、大きく、長き項〔(うなぢ)〕、赤き目、斑〔(まだら)〕の嘴〔(くちばし)〕、毛は紫紺、色は鵁鶄〔(ごいさぎ)〕の色なり。此の鳥、文彩〔(もんさい)〕有りて、鳳の毛のごとし。

 

[やぶちゃん注:これは同定が非常に難しい「鸑鷟」は中文サイトで調べると、第一義で古代の伝説上の瑞鳥である「鳳凰」のこととし、次に「鸀鳿」の異名とするのであるが、この鸀鳿は、中文サイトで検索を掛け、その生きた個体の画像を見る限り、紫紺色を呈し、如何にもキジ然とした、即ち、水鳥ではない、鳥綱キジ目キジ科ニジキジ属カラニジキジ Lophophorus lhuysii にしか見えないのである(カラニジキジは中華人民共和国(甘粛省南部、四川省中部、青海省南部)固有種で、ウィキの「カラニジキジによれば、『オスは頭頂の羽毛が後方へ房状に伸長(冠羽)する。体上面は赤褐色の羽毛、体側面は羽毛の外縁(羽縁)が緑色の黒い羽毛で被われる。額は青紫色、耳孔を被う羽毛(耳羽)は緑色、喉や後頭は青みがかった黒の羽毛で被われる。冠羽は基部から先端にかけて緑から濃青色、赤紫色。さらに肉垂れ状の皮膚がより大型。嘴の色彩は灰色。後肢の色彩は暗灰色。メスは全身が白や黒の斑紋が入った褐色の羽毛で被われる。喉は淡褐色で被われる。冠羽がない。また肉垂が小型で、嘴や後肢の色彩は黄色みを帯びた灰色』で、標高三千~四千九百メートルにも達する怖ろしく高い高山地帯の、『下生えにシャクナゲが密生した針葉樹林、高山ツンドラなどに生息する。冬季になると』、『標高の低い場所へ移動する』とある種で、とてものことに、この水禽に入るべき種ではないのである(一応、グーグル画像検索「Lophophorus lhuysiiをリンクさせておく)。挿絵もこれはもう、水に浮いている鴨である。取り敢えずは、

鳥綱 Avesカモ目 Anseriformesカモ亜目 Anseresカモ科 Anatidae に属する、雁(カモ科ガン亜科 Anserinae に属する、カモより大きく、ハクチョウ(カモ科Anserinae亜科Cygnus属の六種及びCoscoroba 属の一種の全七種)より小さい一群の総称)に比べて体が小さく、首があまり長くなく、また、冬羽(繁殖羽)では雄と雌で色彩が異なる一般的な「かも」類

の一群の中で

羽の色彩が紫紺色を呈し、全体の色はゴイサギ(鳥綱ペリカン目サギ科サギ亜科ゴイサギ属ゴイサギ Nycticorax nycticorax)の色に似た(しかしこれは「本草綱目」の謂いであることに注意しなくてはならぬ)、長い項(うなじ)を有し、目が赤く、嘴に斑模様が見られ、しかもその羽を良く観察すると、複雑で高貴な伝説の鳥「鳳凰」のような彩模様を有している種

ということになり、鳥に詳しくない私には一向に判らぬ鳥ということになる(というか、「そんなもん、日本にマジ、おるんやったら、流石のボケの儂でも、知っとるはずやろ!」と叫びたくなるのだが)。「屬玉鳥」もよく判らぬ。ただただ、識者の御教授を乞うばかりである。]

 

« 和漢三才圖會第四十一 水禽類 箆鷺(ヘラサギ) | トップページ | 和漢三才圖會第四十一 水禽類 鷗 »