フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栗本丹洲自筆「翻車考」藪野直史電子化注(4) 解剖見内景 | トップページ | 栗本丹洲自筆「翻車考」藪野直史電子化注(6) 翻車魚(一個体丸ごと塩蔵品) »

2018/04/05

栗本丹洲自筆「翻車考」藪野直史電子化注(5) 水戸萬寳全圖

 

Mitomanbouzenzu

 

[やぶちゃん注:画像は底本である国立国会図書館デジタルコレクションのこちらの「翻車考」のものをトリミングした。]

 

□水戸のマンボウの全図(珍しく完全な側面図ではなく、やや左斜め前から描いている)

■翻刻1

水戸萬寳全圖

紀州鯨鯊類図巻

中亦出此魚図其

形状与此一般只

其色黄褐有白

細点其臋圓処

謂之哥約賽(コウヤクサイ)

其兩脇有噴潮

孔謂之葉刺十(ヱラシ)

 

 

■翻刻2

「水戸の萬寳の全圖」

「紀州鯨鯊類図巻」の中に、亦、此の魚の図を出だす。其の形状と、此れ、一般なり。只だ、其の色、黄褐にして、白き細点、其の臋(しりのにく)の圓(まろ)き処に有り。之れを謂ふに、「哥約賽(コウヤクサイ)」と。其の兩脇、潮を噴く孔(あな)有り。之れを謂ひて、「葉刺十(ヱラシ)」と。

 

[やぶちゃん注:諸形態から見て、やはりマンボウ属マンボウ Mola mola である。大きさが記されてないが、元の図巻にサイズが記されていないということは有意には大きくないとも推理でき、或いは成魚ではあるが、若い個体なのかも知れない。

「紀州鯨鯊類図巻」不詳。「紀州」を一般名詞の地方名として外して「鯨鯊類図巻」で調べても不詳。「鯊」(ここは「さめ」で鮫、広義の軟骨魚類の意であろうと推理する)を外したフレーズ検索でも引っ掛かってこない。所持する江戸博物学関連書等を見ても出てこない。識者の御教授を乞う。一応、「きしゅうげいさるいずかん」(現代仮名遣)と読んでおく。

「此れ一般なり」「これは一般的に見られる通常のマンボウである」の意か。

「細点」図と対応しているとなら、細い条線である。

「哥約賽(コウヤクサイ)」「哥」は「歌」の古字で音は「カ」であるから、「コウ」は訛りか、全くの別字の当て字の可能性がある。「賽」は「神から授けられた福に感謝して祀る・御礼参り」(「賽銭」の「賽」)、「優劣を競う」、「骰子(さいころ)」の意。非常にお世話になっている夏輝氏のサイト内の「日本の呼び名(古語・地方名)」にも、マンボウの異名として載らず、相似した名も、ない。「約賽」は現代中国語では「契約」を意味するようだが、もし、これが「こうやくさい」への不全な当て字でなく、この漢字の文字列に意味があるとするなら、「歌約祭」と当てて、「神との契約を言祝ぐ歌」と言った意味が一つ思い浮かんだ。無論、「歌約祭」という語が存在するわけではないのだが、そんな夢想をしていると、ふと、何らかの吉凶時にあげる歌や呪文としての歌のようなもの、神楽のようなものが連想され、それはまさにマンボウの異称である「万歳楽(まんざいらく)」に等しいのではないかと思った。私の勝手な空想ではある。

『其の兩脇、潮を噴く孔(あな)有り。之れを謂ひて、「葉刺十(ヱラシ)」と』無論、鰓蓋(えらぶた)である。「葉刺十(ヱラシ)」の読みの「ゑらし」の「ゑら」は「鰓」(但し、歴史的仮名遣は「えら」であって「ゑら」ではない)であろうか。漢字の文字列は葉状を成し、細かな刺子(さしこ)のような模様を「十」=「沢山」持ったもの、の意で。鰓自体を指しているように思われるが、如何? 又は「鰓」(えら)の「小」=「子」蓋(こぶた)で「鰓子(えらし)」かも知れぬ。]

« 栗本丹洲自筆「翻車考」藪野直史電子化注(4) 解剖見内景 | トップページ | 栗本丹洲自筆「翻車考」藪野直史電子化注(6) 翻車魚(一個体丸ごと塩蔵品) »