フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栗本丹洲自筆「翻車考」藪野直史電子化注(7) 水戸岩城萬寳魚圖 | トップページ | 栗本丹洲自筆「翻車考」藪野直史電子化注(9) 佐渡の「沖マンザイ」、別姿でリターン! »

2018/04/05

栗本丹洲自筆「翻車考」藪野直史電子化注(8) 東蒙山人所畫

 

Toumonsanjiegakumora

 

[やぶちゃん注:画像は底本である国立国会図書館デジタルコレクションのこちらの「翻車考」のものをトリミングした。]

 

□東蒙山人描くところのマンボウの書写図

■翻刻1

東蒙山人所畫

 大者自口至

 尾長二丈一

 二尺許漁人剖

 解於海上故人

 不得見其小者

 二三尺偶以全魚

 将來大者全体

 灰色至腹部微

 白

 

 

■翻刻2

東蒙山人(とうもうさんじん)の畫(ゑが)く所の大なる者。口より尾に至る長さ、二丈一、二尺許り。漁人、海上に於いて剖解(ぼうかい)する故に、人、見ることを得ず。其の小なる者、二、三尺。偶(たまたま)全魚を以つて将來せる、大なる者なり。全体は灰色。腹部に至りて、微かに白し。

 

[やぶちゃん注:マンボウ Mola mola 一個体。

「東蒙山人」仙台の儒者黒澤信良(享保一四(一七二九)年~寛政六(一七九四)年)の号。佐沼駒林(現在の宮城県登米市迫町(はさまちょう)佐沼生まれ。たまたま「グーグルブックス」で管見し得た、仙臺市教育委員会編の「仙臺郷土誌」(昭和八(一九三三)年刊)に拠った。

「二丈一、二尺」六メートル三十六センチメートルから六メートル六十七センチメートル弱。現地ならではの、巨大魚の実見観察図である。

「二、三尺」六十一センチメートルから九十一センチメートルほど。]

 

« 栗本丹洲自筆「翻車考」藪野直史電子化注(7) 水戸岩城萬寳魚圖 | トップページ | 栗本丹洲自筆「翻車考」藪野直史電子化注(9) 佐渡の「沖マンザイ」、別姿でリターン! »