フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之二 安永七年京師洪水の事幷比叡山うはゞみの事 | トップページ | 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 餅白鳥に化する話 三 »

2018/04/09

甲子夜話卷之四 29 御當家御舊例、御年男の事

4-29 御當家御舊例、御年男の事

或人語る。都城にて年男の役は、老職年﨟の衆勤らるゝ也。舊式にて、年男を勤し人に、おしきの膳に椀を添、その上靑銅二貫文下さる。草履取にも、少し品は下れど、同じく膳椀、靑銅三百文下さるとなり。此事は、公方家いまだ御小身にてあられしとき、老職の人も、僕一人を隨て登城せし御吉例なるべし。又年男より、大奧のはした女中一人に、帶一筋を贈る。これも當年、僅の女中の中帶を乞求しものありしよりの佳例なりとぞ。又年男の居りと云もの出來て、上の御鏡餠と大さ一樣にして、御殿にあることなり。七種畢りて、上の御居りと一同に、年男へ賜はることなり。是も外方には聞ず。珍しき例なり。

■やぶちゃんの呟き

「年男」「としをとこ」。正月行事を司る役の男性。

「おしき」「折敷」。「をしき」が正しい。檜の折(へ)ぎ(薄く削った板)で作った縁(ふち)附きの盆。通常は方形で、食器などを載せる。

「靑銅二貫文」鳥目(ちょうもく:銅銭)二百文は一両の二十分の一。幕末で一万円相当。

「公方家」将軍家。ここは徳川家康のこと。

「隨て」底本編者は『したがへて』とルビする。

「はした」「端」。ごく下級の召使い。

「僅の」「わづかの」。ごく下級の、或いは、(人数が)数少ないの意であろう。

「乞求し」「こひもとめし」。

「年男の居り」「としをとこのすはり」。これで一語で、本文文脈から、特別仕立ての鏡餅の呼称であることが判る。

「七種畢りて」「ななくさをはりて」。人日の節句である一月七日(「松の内」の最終日に相当)が過ぎて。現行では通常、所謂、「鏡開き」は一月十一日に行われる。これはウィキの「鏡開きによれば、『元々は松の内が終わる小正月』(旧暦一月十五日)の後の一月二十日に『行われていたが、徳川家光が亡くなったのが』慶安四(一六五一)年四月二十日であったことから、それ以降は一月二十日を『忌日として避け、後に松の内』『後の』一月十一日 とされた、とある。

 

« 譚海 卷之二 安永七年京師洪水の事幷比叡山うはゞみの事 | トップページ | 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 餅白鳥に化する話 三 »