フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栗本丹洲自筆「蛸水月烏賊類図巻」 ハルクラゲ | トップページ | 栗本丹洲自筆「蛸水月烏賊類図巻」 別種クラゲ »

2018/04/11

栗本丹洲自筆「蛸水月烏賊類図巻」 (無名のクラゲ図)

 

Mizukurage

 

[やぶちゃん注:底本は国立国会図書館デジタルコレクションのこちらの画像を用いた。掲げた図も同じで、上下左右をトリミングしてある。図中にある黒い曲線は虫食いの穴で絵とは無関係である。左下に少し覗いているのは、別種のクラゲ個体の絵で本図とは無関係。本図にはキャプションがない。しかし、「栗氏千蟲譜」巻九(リンク先は私のサイト内の古い電子化注テクスト。図有り)で丹洲は本図の種とほぼ同種(或いは同一対象を同時に描いた別な一枚)と思われる別図を描いており、そこには、

   *

九州ノ海ニアリ四ツ目クラゲ又ハンドクラケ類ニシテ食料ニナラズ

   *

(「ハンドクラケ」はママ)とある。本図もそちらも、口腕が十本も描かれているのが気にはなるが、そこは目を瞑って、形状と「千蟲譜」のキャプションの異名「四ツ目クラゲ」の特徴的な四つ円紋(四つある丸い胃腔を取り囲んだ馬蹄形の生殖腺)、及び食用にならないという点から、

旗口クラゲ目ミズクラゲ科ミズクラゲ属(タイプ種)ミズクラゲ Aurelia aurita

と同定してよいと思う(ミズクラゲの口腕は四本)。]

« 栗本丹洲自筆「蛸水月烏賊類図巻」 ハルクラゲ | トップページ | 栗本丹洲自筆「蛸水月烏賊類図巻」 別種クラゲ »