フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 ダイダラ坊の足跡 五 一夜富士の物語 | トップページ | 進化論講話 丘淺次郎 第十四章 生態學上の事實(2) 二 攻擊の器官 »

2018/04/15

柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 ダイダラ坊の足跡 六 鬼と大人と

 

     六 鬼と大人と

 

 高木誠一君の通信によれば、福島縣の海岸地方では、現在は單にオビトアシト(大人足跡)と稱へて居る。しかも其實例は極めて多く、現に同君の熟知する石城双葉の二郡内のものが、九ケ處まで算へられる。其面積は五畝步から一段まで、何れも濕地沼地であり、または溜池に利用せられて居る。鐵道が縱斷してから元の形は損じたけれども、久ノ濱中濱の不動堂の前のつゝみ、それから北迫(きたは)の牛沼のごときは、大人が此二ケ處に足を踏まへて三森山に腰をかけ、海で顏を洗つたといふ話などがまだ殘つて居るといふ。

[やぶちゃん注:「高木誠一」(明治二〇(一八八七)年~昭和三〇(一九五五)年)は磐城(現在の福島県浜通り及び福島県中通りの白河郡と宮城県南部に当たる地域の旧称)の郷土史研究家。既出既注であるが、思うところあって再掲する。「いわき Biweekly Review 日々の新聞社」公式サイト内の第九十二号の「その時代のドキュメント」によれば、高木氏はここに出る「平町」、現在の福島県いわき市平(たいら)北神谷(きたかべや)の農家の長男として生まれた。『旧制磐城中に入学したが、「農家の長男に学問はいらない」と』二年で『退学させられ、小学校で代用教員を務めたあと、家業の農業に従事しながら、農政学や民俗学と関わることになる』。『その転機となったのは』明治四〇(一九〇七)年の『柳田国男との出会い』で(高木氏二十歳)、以後、『柳田の薫陶を受け続け』、昭和一〇(一九三五)年には『高校教師の岩崎敏夫、山口弥一郎、甥の和田文夫などとともに「磐城民俗研究会」を立ち上げる。その関係で、渋沢敬三、宮本常一などとも交流し』た。なお、「石城北神谷誌」が『高木自身の手で書かれ、脱稿したのが』大正一五(一九二六)年七月、『その後、岩崎と和田が中心となり、編集・校正をし』たものの、『戦時中という異常事態のなか、思うように作業が進まなかった』。『が、岩崎と和田の「何とか本として出したい」という執念が実を結び』、「磐城北神谷の話」として上梓されたのは実に脱稿から二十九年後の昭和三〇(一九五五)年十二月のことであった。しかし『残念なことに、校正の最終段階に来て高木が病のために床に伏し、仮綴じした校正紙を見ただけで、他界してしまった。高木はそのとき、痩せ衰えた両手を布団の上に合掌して「ありがとうございました、渋沢先生によろしく」と言ったという。本が完成したのは、死後』三ヶ月後のことであった、とある。執念の史家としてここに特に記しておきたい。

「石城」旧郡。現在のいわき市の大部分。

「双葉」福島県浜通り現存する、福島第一原子力発電所事故によって大半の地域が帰還困難区域・居住制限区域・避難指示解除準備区域に指定されているあの地域である。旧郡はいわき市の一部も含まれた。

「五畝步から一段」「畝步」は「せぶ」と読む。畝(せ)は単純に歩(坪)の倍量単位でここは畝と同じで、一畝は九十九・一七平方メートルで、この値は一アール=百平方メートルに非常に近いので、五百平方メートルで普通車十台を並べたぐらい。「一段」は「いつたん(いったん)」で「一反」に同じ。一反は十畝で十アールだから、前の小さな足跡の二倍。

「久ノ濱中濱の不動堂」福島県いわき市久之浜町久之浜中浜。ここ(グーグル・マップ・データ)。「不動堂」は確認出来ない。

「北迫(きたは)の牛沼」「きたは」はママちくま文庫版全集では「きたば」。或いは福島県南相馬市鹿島区塩崎北迫(きたさく)か? ここ(グーグル・マップ・データ)で、同地区や周辺には湖沼が散在はする。

「三森山」福島県いわき市四倉町(よつくらまち)八茎(やぐき)の三森山(みつもりやま)であろう。ここ(グーグル・マップ・データ)。標高六百五十六メートル。]

 

 宮城縣に入ると伊具郡狼山(からうざん)の巨人などは、久しい前から手長明神として祀られて居た。山から長い手を延ばして貝を東海の中に採つて食うた。新地村の貝塚は卽ち其貝殼を棄てた故跡などゝいふ口碑は、必ずしも常陸の古風土記の感化と解するを須ゐいない[やぶちゃん注:「もちゐない」。用いない。]。名取郡茂庭の太白山を始めとして、麓の田野には次々に奇拔なる印象が、多くの新しい足跡とともに散亂して居たのである。但し大人の名前ぐらゐは、別に奧州の風土に適應して、發生して居てもよいのであるが、それさへ尚往々にして關東地方との共通があつた。例へば觀迹聞老志は漢文だからはつきりせぬけれども、昔白川に大膽子と稱する巨人があつて、村の山を背負つて隣郷に持運んだ。下野[やぶちゃん注:「しもつけ」。]の茂邑山(もむらやま)は卽ち是であつて、那須野の原には其時の足跡があるといふ。但し其幅は一尺で長さが三尺云々とあるのは、是も少しばかり遠慮過ぎた吹聽であつた。

[やぶちゃん注:「伊具郡狼山(からうざん)」現在の福島県相馬郡新地町(しんちまち)及び宮城県伊具郡丸森町に跨る山で、標高は四百二十メートル。ここ(グーグル・マップ・データ)。新地町には貝塚があり、大正一三(一九二四)年の調査によって、約四千年前の縄文後期の遺跡であることが判明している。非常に古くから貝塚が知られていたことは、ここにそのまま新地町小川字貝塚という地名があることからも判る。ここ(グーグル・マップ・データ)。

「名取郡茂庭の太白山」宮城県仙台市太白区茂庭にある。標高は三百二十一メートルほど。ここ(グーグル・マップ・データ)。

「觀迹聞老志」「奥羽観蹟聞老志」(おううかんせきぶんろうし)が正式名。享保四(一七一九)年に完成した全二十巻から成る仙台藩地誌。台藩四代藩主伊達綱村の命により、藩の儒者で絵師でもあった佐久間洞巌が編纂したもの。

「大膽子」「だいたんし」と読んでおく。

「下野の茂邑山」茂邑は旧那須郡武茂村(むもむら)のことか? 現在の那珂川町馬頭一帯に相当し、近くには高鳥山・女体山・薬師岳などがある。ここ(グーグル・マップ・データ)。ここは、個人のブログの「奥羽観蹟聞老志」の「太白山」を読み解いているこのページを参照した。まさにここに書かれている「大膽子」の部分である。必見!]

 

 尤も大膽子を本當の人間の大男と信ずる爲には、實は三尺二尺といつて見ても尚少しく行過ぎて居た。だから惡路王大竹丸赤頭という類の歷史的人物は、後に其塚を開いて枯骨を見たといふ場合にも、脛の長さは三四尺に止まり、齒なども長さ二寸か三寸のものが、精々五十枚ぐらゐまで生え揃うて居たやうにいふのである。從つて名は同じく大人と謂つても、近世岩木山や吾妻山に活きて住み、折々世人に怖ろしい姿を見せるといふ者は、言はゞ小野川谷風[やぶちゃん注:「おのがは・たにかぜ」。ちょっとした小川や渓谷を渡る風のような規模の小さいものの謂いであろう。]の少し延びた程で澤山なのであつた。それが紀伊大和の辨慶の如く、山を背負ひ巖に足形を印すといふことも、見やうによつては愈々以て尊び敬ふべしといふ結論に導いたかも知れない。卽ち近江以南の國々の足跡面積の限定は、一方に於ては信仰の合理的成長を意味すると共に、他の一方には時代の好尚に追隨して、大事な昔話を滑稽文學の領域に、引渡すに忍びなかつた地方人の心持が窺はれると思ふ。若しさうだとすれば中世以來の道場法師説の如きは、また歷史家たちの此態度に共鳴した結果と言つてもよいのである。

[やぶちゃん注:「惡路王」平安前期に坂上田村麻呂や藤原利仁に滅ぼされたと伝えられる人物。蝦夷(えみし)の族長阿弖流為(あてるい)の訛ったものとの見方もある。達谷窟(たっこくいわや:岩手県平泉町に現存)を巣窟としたと言われ、これを討った田村麻呂は、そこに京の鞍馬寺を模して九間四面の精舎を建立、多聞天の像を安置したと伝える。文治五(一一八九)年九、,源頼朝は平泉を攻略、藤原泰衡らを討ち滅ぼした後、この窟に立ち寄り、田村麻呂の武勇譚を聞いている(「吾妻鏡」)。現在、茨城県桂村の鹿島神社と同県鹿島町にある鹿島神宮には、田村麻呂が納めたという悪路王の木造の首級が伝えられており、前者は元禄年間(一六八八年~一七〇四年)に徳川光圀が修理したものである。これらの事実は、蝦夷社会に広がった鹿島神に、悪路王の怨霊の慰撫が求められていたことを示すものであろう(以上は「朝日日本歴史人物事典」に拠った)。

「大竹丸」(おほたけまる)は伊勢国と近江国の国境にある鈴鹿山に住んでいたと伝承される鬼神。文献によっては「鈴鹿山大嶽丸」「大武丸」「大猛丸」などとも表記され、「鬼神魔王」とも称される。山を黒雲で覆って、暴風雨や雷鳴・火の雨を降らせるなど、神通力を操ったとする。坂上田村麻呂伝説が色濃く残る東北に、この鈴鹿山大嶽丸の説話が持ち込まれたことで、達谷窟の悪路王伝承と結びついたともされる。詳しくは参照したウィキの「大嶽丸」を読まれたい。

「赤頭」は「あかあたま」で、鳥取県西伯(さいは)郡名和村に伝わる伝説に登場する、非常な力自慢の男のことか。その怪力は米俵を一度に十二俵纏めて運ぶほどであったとする。ウィキの「赤頭によれば、その伝承は、『昔、赤頭が観音堂でひと休みしていたところ』、四、五『歳程度の男の子が現れ、観音堂の柱に五寸釘(ごすんくぎ)を素手で刺しはじめた。その力もさるものながら、今後は素手で釘を抜き取ったかと思うと、やがて釘を刺す、抜くを繰り返して遊び始めた。しかも、よく見ると素手どころか、使っているのは指』一『本のみだった。赤頭は「子供に負けるか」とばかりに自分も釘を刺すが、怪力自慢の彼でも、両手で釘を刺すのがやっとで、抜き去るのは到底無理だった。男の子はその情けない様子を笑いつつ、どこかへと去っていった』。『赤頭の死後、村の若者たちの何人かは、彼にあやかって怪力を授かろうと彼の墓に集まるようになった。ところが』、『夜になると、墓の』ところにいた『者たちの背中に』、『大変な重みが伝わり、とても我慢ができなくなった。その様子はまるで、目に見えない重石のようなものが背中に乗せられ、何者かがそれを背中に押しつけてきたようだったという』というものである。]

 

 奧羽地方の足跡の段々に小さくなり、且つ岩石の上に印した例の多くなつて行くことは、不思議に西部日本の端々と共通である。自分などの推測では、これは巨人民譚の童話化とも名づくべきものが、琵琶湖と富士山との中間において、殊に早期に現はれた爲では無いかと考へる。しかも山作りの一條の其後に附添した插話で無かつたことは、略確かなる證據がある。會津柳津(やないづ)の虛空藏堂の境内には有名なる明星石があつて、石上の足跡を大人のだと傳へて居るに、猪苗代湖の二子島では鬼が荷のうて來た二箇の土塊が、落ちて此島となると稱し、其鬼が怒つて二つに折れた天秤棒を投込んだという場處は、湖水の航路でも浪の荒い難所である。卽ち足跡は大抵人間より少し大きい位でも、神だから石が凹み、鬼だから山を負ふ力があつたと解したのである。眞澄遊覽記には、南秋田の神田といふ村に、鬼步荷森(おにのかちにもり)があると記して、繪圖を見ると二つの路傍の塚である。あんな遠方までも尚大人は山を運んであるいた。さうして少なくとも其仕事の功程に由つて判ずれば、鬼とは謂つても我々のダイダラ坊と、もともと他人では無かつたらしいのである。

[やぶちゃん注:「會津柳津(やないづ)の虛空藏堂」現在の会津の西方、福島県河沼郡柳津町(ここ(グーグル・マップ・データ))。只見川畔にある臨済宗妙心寺派の霊岩山円蔵寺(本尊は釈迦如来)の虚空蔵堂。本堂の前は舞台になっていて「柳津の舞台」として名勝とされる。ここ(グーグル・マップ・データ)。kankeさんのマイページを参照。石といっても、川岸にある大きな岩塊であることが判る。

「猪苗代湖の二子島」不審不詳。現在の猪苗代湖には北西湖岸近くの翁島しか存在しない。或いは、岩礁のような小さな、地図にも載らぬものなのか?(航空写真を拡大して見ると、そういったものはある) 識者の御教授を乞う。

「眞澄遊覽記」江戸後期の旅行家(というより探検家)にして博物学者菅江真澄(すがえますみ 宝暦四(一七五四)年~文政一二(一八二九)年)の奥州を中心に、蝦夷地の探訪も行っており、その膨大な探査著述は百種二百冊ほどもあり、ここで柳田國男が言っている「眞澄遊覽記」というのは単独の書名ではなく、それら総てを総称するものである。詳しい事蹟はウィキの「菅江真澄がよろしい。

「南秋田の神田といふ村」「鬼步荷森(おにのかちにもり)」不詳。但し、「步荷」は「ぼっか」で背負子(しょいこ)のことであるから、ダイダロボッチの山作り伝承との親和性が感じられる。]

« 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 ダイダラ坊の足跡 五 一夜富士の物語 | トップページ | 進化論講話 丘淺次郎 第十四章 生態學上の事實(2) 二 攻擊の器官 »