フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 進化論講話 丘淺次郎 第十四章 生態學上の事實(7) 六 氣候の變化に對する準備 / 第十四章 生態學上の事實~了 | トップページ | 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲  明治三十一年 「歌よみに与ふる書」 »

2018/04/28

御伽百物語卷之五  花形の鏡

 

 御伽召物語卷之五

 

      花形の鏡

 

Mukironpro_2

 

[やぶちゃん注:挿絵は「叢書江戸文庫二 百物語怪談集成」のもの。なお、本話は底本の太刀川清氏の解題によれば、明の李禎 (りてい) の撰になる一四二〇年頃成立の文語怪異小説集「剪燈餘話」の中の「何思明游酆都錄」の翻案である。当該書は先行する名品「剪燈新話」の模倣作中では最も優れたものとされる。「中國哲學書電子化計劃」のこちらで原文が読める。ありがちな、地獄巡り傍観譚である。

 

  攝州難波(なには)の津、白髮町(しらがまち)といふ所に、阿積桐石(あつみたうせき)とかや聞えし人は、昔往儒醫の譽(ほまr)ありて一度は仕官をも勤め、富貴(ふうき)の榮耀(えいよう)をも究めつるが、さる子細ありて、此所に引きこみ、逼塞(ひつそく)の身となりけるまゝに、今は世わたるたつきなくては、けふの命を育(はごく)むべき術(みち)をしらず。

「さらば、身命(しんめう)を繼ぐべくば、學び得つる儒の道をひろむるにあらずしては。」

と思ふより、

「今の俗、多く鬼神の説になづみ、淫祀(ゐんし)にまみれ、儒學の名をいたづらにかうぶるのみにて、誠は釋氏の旨を是(ぜ)とする者、數しらずあるなれば、先づ、此ともがらを驚覺(きやうかく)して、正しき道にすゝめんにはしかじ。」

と、自(みづか)ら工夫し出だし、「無鬼論」といふものを作る事、あり。

[やぶちゃん注:「攝州難波の津、白髮町(しらがまち)」不詳。或いは、現在の大阪府大阪市西区新町三丁目のここ(グーグル・マップ・データ。「白髪橋」交差点として名のみ残る)に、かつて存在していた西長堀川(今は埋め立てられて現存しない)に架かっていた白髪橋付近の旧町名か異名か。ウィキの「白髪橋」によれば、「摂津名所圖會」の「長堀材木濱」の図によれば、かつてここには材木市場があった。元和八(一六二二)年の長堀川開削から明暦元(一六五五)年までの間に架橋されたもので、『下白髪橋とも言った』。『橋名の由来は、下記のように』、『土佐藩が白髪山から木材を当地へ運んだ説と、新羅船が当地に着岸し、後世にそれが訛って白髪町・白髪橋となった説がある』。前者は『土佐の白髪山から切り出した木材を得るため、ここに木材市場を設けたことによりこの名がつけられた』という事実に基づくもので、『白髪山は高知県長岡郡本山町にある標高』千四百七十『メートルの山であり、スギやヒノキの良材を産出する。白髪山の由来について、郷土史家の細川敏水は「白い光る岩からなっているため』、『白峨の文字を使っていたが』、『後に今も奥白髪に猿田彦神(白髪の老翁)という白峨山霊を祭ったから、白峨を白髪と改めた」とする説を主張している』という、とある。今でこそ、内陸であるが、難波(なんば)や現在の浪速区の直近でもあり、木津川左岸で当時は大坂湾湾奧の海浜地区の直ぐ北であったと考えられるから、「難波の津」と称しても私はおかしくないと思う。

「阿積桐石」不詳。

「無鬼論」死霊(「鬼」は中国語ではフラットな「死者」の意)や鬼神の存在を否定する思想。中国でも古くから存在した。これは結局、人間の魂魄という存在を否定することになり、狐狸妖怪などの怪奇も否定されることになるだけでなく、仏教のような因果応報も事地獄も極楽も当然の如く全否定されることとなる(本怪談のキモはそこになる)。但し、こちらの記載によれば、『伝統的儒家思想においては、死後の霊魂の存在が肯定され、人間は死後鬼神(きしん)になるとされる。また』、『仏教や神道なども、鬼神の存在を認める。こうした鬼神の存在を肯定する思想に対し、鬼神の存在を否定する立場の主張を無鬼論という』とある。私の好きな干宝の「搜神記」の第十六巻に出る阮瞻(げんせん:竹林の七賢の一人であった阮咸の子)の話は、授業でもよくやったな!

   *

阮瞻、素秉無鬼論、世莫能難。每自謂、「理足可以辨正幽明。」。忽有客、通姓名作客詣阮。寒溫畢、聊談名理。客甚有才辨、末及鬼神之事、反覆甚苦。客遂屈。乃作色曰、「鬼神古今聖賢所共傳、君何獨言無耶。僕便是鬼。」。於是忽變爲異形、須臾消滅。瞻默然、意色大惡。後年餘、病死。

   *

阮瞻、素より「無鬼論」を秉るに、世に、能く難ずる莫(な)し。每(つね)自(みづか)ら謂ふ、「理(り)、足りて、以つて幽明を辨正すべし。」と。忽ち、客、有りて、姓名を通じて客と作(な)りて、阮に詣(いた)る。寒溫(かんをん)[やぶちゃん注:時候の挨拶。]畢(をは)りて、卽ち、名理(めいり[やぶちゃん注:対象事物の名称とその存在の論理的道理を分析すること。清談で好まれた。])を談ず。客、甚だ才辨有るも、末に鬼神の事に及びて、反覆[やぶちゃん注:議論を応酬すること。]、甚だ苦にして、客、遂に屈す。乃(すなは)ち、色を作(な)して曰く、「鬼神は古今の聖賢の共(とも)に傳ふる所、君、何ぞ得獨り、「無(む)」と言ふや。僕、便(すなは)ち、是れ、鬼なり。」と。是(ここ)に於いて、忽ち變じて異形(いけい)と爲り、須臾(しゆゆ)にして消滅す。瞻、默然として、意色(いしよく)、大いに惡(あ)し。後(のち)、年餘にして、病みて死せり。

   *

 

 草稿なかばに至りて、氣、つかれ、心、うみけるまゝに、しばらく卓(つくへ[やぶちゃん注:ママ。])に凭(よりかゝ)りて眠りけるに、夢ともなく現(うつゝ)にもあらず、忽然として、桐石が前に、人、あり。

 手を指し延べて、桐石が臂(ひぢ)を、

「しか。」

と、とらへ、引き立てんとする程に、振りあふぎて見るに、其さま、おそろしく、長(たけ)は天井につかゆる程もあるべし。二つの眼(まなこ)は姿見の鏡に紅(くれなゐ)の網を懸けたる如く、血ばしり、角(つの)は銅(あかゞね)の榾(ほた)[やぶちゃん注:ここは太い材木の意。]をならべしやうに生(お)ひ出で、髮とおぼしき物は銀(しろがね)の針を振りかけて見え、牙、左右に生ひたる口、耳のほとり迄裂けたるが、

「吃(きつ)。」

と、目見あわせけるに、身の毛、彌(いよ)立ち、手足、戰慄(わなゝ)きて、人心(ひとゝ)ちもなくて、うち臥しぬ、とおもふに、此鬼のいふやう、

「汝、なまじゐの儒に迷ひ、道にそむきて、鬼は曾て無(なき)物なりと僻案(へきあん)[やぶちゃん注:間違った考え方。]に定め、猥(みだ)りに後輩を欺き、世を惑すの説をまふけ、己(おの)が口吻をやすくせんとするや[やぶちゃん注:自分の意見を(正当なものとして)明確に示し得たなどと思ったりしちゃあ、いまいな?!]。『鬼神をば敬して遠ざく』といはずや。今、汝、智ありとも、孔・孟に及ぶ事、あたはじ。さるによりて、吾こゝに顯れ、汝をつれて、黃泉(くわうせん)の庭に至り、善惡應報の道、あるやうをしらせんとするぞ。」

と、終に桐石が腕(かいな)を取りて、提げつゝ、飛びあがる、とぞ見えしが、雲に乘り、風に隨ひ、四、五里が程も行くと思ふに、一つの大きなる門に着きぬ。

 其かまへ、たとへば、難波にて見馴れたる城の如し。

 白き赤き鬼ども、鐵杖(てちぢやう)を取り、劔戟(けんげき)を構へ、大庭(おほには)に居並(ゐな)みたるありさま、恐しなんども、いふばかりなし。

 かくて、桐石を階(きざはし)のもとに引きすゑ、雷(いかづち)のやうなる聲を出(だ)し、

「南瞻部州(なんせんぶしう)大日本難波津(なにはつ)の書生桐石を召し捕り參りたり。」とのゝしる。

[やぶちゃん注:「南瞻部州」(なんせんぶしゅう)は閻浮提(えんぶだい)に同じで、仏教に於ける宇宙観を構成する巨大世界の一つである「四洲(ししゅう)」の中の一つ。須弥山(しゅみせん)の南方の海上にあるとする島の名で、島の中央には閻浮樹(えんぶじゅ)の広大な森林があり、諸仏が出現する島とされた。元来はインド全体を指したが、その他の国をも含めて指示されるようになり、さらに拡張して、人間世界、現世を指すようになった。]

 

 しばらくありて、奧より、玉の冠(かんふり)をいたゞき、牙(け)の笏(しやく)を取り、袞龍(こんりう)[やぶちゃん注:諸本は「兗」とするが、どうもおかしい。そもそも「兗」の字の音は「エン」であって「こん」とは読めない。龍の一種の名かと思って探して見たら、皇帝の衣服にこの龍の模様がある御衣があると「南總里見八犬傳」の頭の方に馬琴が書いているのを見つけたが、そこでは「袞龍」となっている。おう! これなら「こんりう」でいいじゃないか! それに、これなら「袞龍の御衣」(こんりょうのぎょい)で、元、中国で天子の礼服につける竜の縫い取りやその縫い取りのある衣服を指し、本邦に入って、昔、天皇が着用した中国風の礼服で、上衣と裳とからなり、上衣は赤地に、日・月・星・龍・山・火・雉子などの縫い取りをした綾織物のことを指し、即位式や大嘗会・朝賀などの儀式に用いたから、いける。原典を見たが、崩し方が「袞」と読めぬこともないので、特異的にそれで表示した。]の服、威儀を正したる人、しづかに歩み出で給ひ、玉扆(ぎよくい)[やぶちゃん注:本来は高位の方の玉座の背後に立てた屏風。後に天皇の御座所の意ともなった。ここは玉座でよい。]に座し、左右の侍衞(じゑい)百官の列、おごそかに座して後、此王、桐石に詔(みことのり)してのたまはく、

「汝、愚迷の才に誇り、みだりに無鬼の邪説をなす。このゆへに、今、汝を召しよせ、暗昧(あんまい)[やぶちゃん注:道理に暗く愚かなこと。暗愚。]の機(き)[やぶちゃん注:ここは誤った認識・立脚点を指す。]を破(は)せしめんとす。速かに歸りて有鬼論を作るべし。急ぎ彼(かれ)を率(ひき)ゐて、地獄ある事を見せしむべし。」

と、宣ひもあへぬに、獄卒、桐石をひきて、一所(ひとつところ)に至れり。

 たとへば、仁德(にんとく)の社(しや)[やぶちゃん注:仁徳天皇陵墓のことか。]の如き構(かまへ)にして、金銀を鏤(ちりば)めたるが、その宮中に五葉の花形したる鏡ありて、玻璃(はり)の臺にすえられたり。走りて此かゞみにむかはんとする時、鬼のいはく、

「生(しやう)あるもの、謹(つゝしん)で、此かゞみに、向ふべからず。是れはこれ、淨披璃(じやうはり)なり。人間、一生の内、犯せる所の罪惡、ことごとく映るが故に、もし、汝、これに對(むか)ひ、罪惡の相(さう)を現(げん)する時は、二たび、生(しやう)を得て娑婆に歸る事、あたはじ。」

と教へしかば、桐石も身ぶるひしてひかへたる所に、手足は疲れ瘦せて絲のごとく、腹は茶磨山(ちやうすやま)[やぶちゃん注:形状が茶の湯の葉の状態で乾燥させた甜(てん)茶を抹茶に挽く「茶臼」に似ている富士山のような末広がりの形の山のことで、ここは特に特定の山を考えず、その形にぽっこりと出ている、飢餓のために腹水が溜まった状態の腹の一般的形容と採る。]を抱へたらんやうになりたるもの、五人、男女(なんによ)の差別(しやべつ)はしらず、よろぼひ來たるを、情(なさけ)もしらぬ獄卒ども、鐵杖を以てさんざんに打ち立て打ち立て、此かゞみのまへに追ひすゝましむ。

「いかにぞや。」

とおもふに、不思議や、此かゞみの葉每(えうごと)に、五人の罪、おのおの、別れあらはれたるにて、知りぬ。

『近き比(ころ)、難波の津に男だてと聞えし五人のあばれものゝ亡魂なり。』

とおもふに付きて不便(ふびん)さ、いや、まして、詠(なが)めけるに、先づ、此男だての張本庄九郎といひしものゝ出生(しゆつしやう)は、三番村[やぶちゃん注:旧茨田(まった)郡大庭三番村か(現在の守口市の北の淀川左岸附近。この辺り(グーグル・マップ・データ))。]なりしが、此親、ある時、田畠(でんはた)の事につきて所の者と爭ひをなし、庄屋を相手に取り、公事(くじ)を仕けるにつき、訴狀を懷にして大坂の方へ趣きける道にて、何とかしたりけん、腹の痛む事、頻なりしかば、曾根崎の天神に參り、しばらく、拜殿にやすみ居たりけるが、いつとなく、少しまどろみける夢心に、騎馬の人、あまた此やしろに入り來たり、案内していふやう、

「三番村の地神(ぢじん)、しばらくの間、雷車(らいしや)を借り申したき由の御使ひに參りたり。」

といふを、内より衣冠の人、四、五人して、ちいさき車を押し出して、使者に貸しけると見て、夢、覺めたり。

 急ぎ歸りて、近邊の村にも言ひ聞かせ、我も麥(むぎ)の比(ころ)なりしかば、さしいそぎて、悉く刈り込みけるに、程なく、二、三日過ぎて、大雨雷電(たいうらいでん)、おびたゞしく、洪水、さかまきて、中津川なども溢(あふる)るまで、その邊(ほとり)の逆水(さかみづ)、はせ流れしかば、庄九郎が親の詞(ことば)を信じて、麥を早く刈り入れしものは、奇特の思ひをなし、此詞を誠しからず思ひて、其まゝ置きし者は、却(かへつ)て、此事を惡しくいひなし、

「庄屋に仇あるをもつて山伏を賴み、祈らせたり。」

などゝいひふれしかば、兼て怨敵となりける庄屋、是れにちからを得、惡しきさまに取りなし、訴(うつたへ)のたねとなせしより、庄九郎親子は所を追ひ立てられ、此難波の町に住みけるより、此事を病(やまひ)として、終に親は世を早(はや)う去りしかば、庄九郎、いよいよ惡念に長(ちやう)じ、此報(むきひ)をなすべく思ひたちける所存に、先づおなじ心なる友を勸め、男伊達(おとこだて)と號し、臂(ひぢ)に黥(いれほくろ)してその黨(とう)をむすびける詞(ことば)にいはく、

[やぶちゃん注:以下はブラウザの不具合を考えて三行に改行し、前後を一行空けた。]

 

   生きて父母の勘當を恐れず。

   死して獄卒の責めを怕(おそ)れず。

   千人を殺して千の命(いのち)を得たり。

 

 とほりて、朝暮れ、ちからわざ・小太刀・やはらに身を任かせ、いづくにもあれ、我が仇(あだ)せんとおもふ三番村のものとあらば、

「出あひ次第に。」

と心を盡し、常に大脇指(おほわきざし)をはなさず、夜な夜な、新町(しんてう)[やぶちゃん注:大坂で唯一江戸幕府公認だった遊廓新町花街のことか。現在の大阪府大阪市西区新町。(グーグル・マップ・データ)。]・しゞ見川[やぶちゃん注:蜆川。旧曽根崎川(現在は埋立てにより消滅)の別名。]・道頓堀のあたりを浮岩(うか)れありき[やぶちゃん注:「浮岩」で「うか」と読ませている。江戸文庫版は「岩」がないが、原典を見ると、確かにある。こういう用例を知らぬが、ママとした。]、ある時は、かよはき上氣男(うはきおとこ)、または北濱(きたはま)[やぶちゃん注:現在の大阪府大阪市中央区北浜か。(グーグル・マップ・データ)。]の中衆(なかしゆ)[やぶちゃん注:船に荷を積んだり降ろしたりする労働者。荷揚げ人足ら。]、阿波座堀(あはざほり)[やぶちゃん注:現在の大阪府大阪市西区阿波座(あわざ)附近か。(グーグル・マップ・データ)。古くは海上交易における拠点とされて四国・中国地方から特産物が多く流れこんだという。]・長濱町(ながはまてう)[やぶちゃん注:不詳。或いは前の阿波座附近の旧町名か。]邊(へん)の舟子(ふなこ)など、少しも天窓(あたま)をあぐるけしきなる者あれば、

『自然の時の稽古に。』

とおもひて、手ひどくあたりて見るに、十人に八、九は、今の世の靜謐(せいひつ)にならひ、久し干戈(かんくわ)の光を見ず、只あけくれたしなむ道は、髮かたちを物數寄(ものずき)し、衣類・腰の物まで、表むきの派手風流を盡くして、兎角、女に思ひつかれん事を願ふ浮世(うきよ)なれば、人の見ぬ所にては少々踏(ふま)れたりとも、仇すべき心なき者のみ多ければ、庄九郎、いよいよ勝(かつ)に乘じ、

「さては、我(われ)、つよみの人にあたりて、敵對すべき者なし。」

と獨笑(ひとりえ)みせられ、いよいよ無法に募り、友をかたらひ、人の怕るゝをおもしろがり、

「ひた。」

と、こゝかしこにのさばりしより、今は、いつしか、仇を報ぜんとおもひたちし心ざしをも忘れ、惡にはすゝみやすく、こゝの橋にたゝずみ、彼(かしこ)の廓(くるわ)に邪魔をなし、あばれありきける始めより、刑罰にあひたりし、夕べまでの罪業、すべて三千七百ケ條の科(とが)、ことごとく、此鏡にあらはれ、假にも念佛の後生(ごしやう)を助かるべき善事、いさゝかもなかりけるが、せめて死期(しご)におよびて、前非を悔ひ、多念なく一稱せし念佛の功德(くどく)あり。

 されば、經文の心によらば、「利劍卽是彌陀號一稱稱念血罪皆除(りけんそくぜみだがういつせうせうねんざいかいぢよ)」といひ、「極重惡人無他方便三世利益同一體(ごくぢうあくにんむたはうべんさんぜりやくどういつたい)」などありといへども、今、此五人のものども、眞實の倍をおこし、彌陀の名號を唱ふるとならば、一念十念の功力(くりき)、あやまたず、右、此無量の罪(ざい)を消滅すべきに、死期にいたり、命薄(めいぼ)きわまりて、

「念佛し、加護をたのみても惡心をひるがへすべし。」

と願(ぐわん)をおこし、

「今、しばらく、命を御たすけたまはれ。」

と、婆婆に欲ある心ざしにて唱へたる念佛ゆへ、尤(もつとも)、その功德、うすし。

 薄しといへども、大悲の誓願むなしからねば、此一遍の念佛によりて、千七百ケ條の罪をのがれ、阿鼻大城(あびたいじやう)[やぶちゃん注:阿鼻地獄。八大地獄の一つで無間(むけん)地獄・阿鼻叫喚地獄・阿鼻焦熱地獄などとも称する最悪の地獄。父殺しなどの五逆罪や正法を誹謗すなど、救い難い大罪を犯した人間の墜ちる地獄とされ、絶え間なく苦痛を受け、それを逃れることが出来ないとされる。]に落つべき罪人なれども、閻魔の廳の沙汰に免(ゆる)され、

「畜生道の内におゐて、梟(ふくろう)の身に生(しやう)を請けさせ、二萬劫(ごう)を經て、人間にかへすべし。」

との勅あるにまかせ、おのおの、獄卒ども、彼の五人を引きたて、また、雲に乘りて行くとぞ見えしが、庭鳥(にはとり)の時を告(つぐ)る聲、大福院[やぶちゃん注:現在の大阪府大阪市中央区心斎橋筋にある真言宗七宝山大福院三津寺(みつでら)。(グーグル・マップ・データ)。現在の白髪橋交差点から一キロメートル強の直近であるから、やはり白神町の位置は白神橋付近で間違いないと思われる。]の鈴のひゞきに夢さめて見れば、白髮町(しらがまち)の明(あけ)ぼの、ほがらに、桐石は机にもたれながら、うつぶしに臥せり。

 妻は、かたはらに丸(まる)ねしたるばかりにてぞぞありける。

 

« 進化論講話 丘淺次郎 第十四章 生態學上の事實(7) 六 氣候の變化に對する準備 / 第十四章 生態學上の事實~了 | トップページ | 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲  明治三十一年 「歌よみに与ふる書」 »